VPS

無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いちばんうしろの大魔王 第6話 水着回だョ!全員集合というか色々酷い感想(何

第6話 『臨海学校へ行こう!』


色々と酷過ぎだろ!(性的な意味で。
…な、回(ぉ 酷過ぎといえば、今回は作画にちょっとした“癖”というかー…酷いというかー(マテ でもお色気描写は頑張ってます(笑

いちばんうしろの大魔王 第5話 パンチラまとめよりもアイコン規制が多かった気がする感想(マテ+AT-X放送版との比較。

第5話 『地下迷宮にご用心』


パンチラや規制が一杯あるよっ!
…と、第3話以降は極端に少なかったパンチラやアイコン規制シーンが今回は増量。後、阿九斗の魔王Ver.はやっぱり中二病的(笑

:地上波版とAT-X放送版の規制の差異比較を追記完了です。

いちばんうしろの大魔王 第4話 パンチラ…まとめになってないちょい感想+AT-X放送版との比較。

第4話 『独房は楽しい?』


テポ○゛ン…だと…?(マテコラ
何て書くと北○鮮からの圧力があったりしてね…ははっ(ぉ いや~、あの規模の爆発描写であの程度のクレーターってありえないよなぁ(笑


:地上波版とAT-X放送版の規制の差異比較を追記完了です。しかし…詰まらない(苦笑

WORKING!! 第6話 (レビュー/感想)

第6話 『宗太の憂鬱、小鳥遊家の女達』

う~ん…。
女系家族の悲惨さ露呈回(マテ
まぁ、少し砕けて書くならば、女系家族の中に於いての男性の肩身の狭さが顕著だった、というお話(笑 宗太、色んな意味で南無(苦笑

WORKING!! 第5話 (レビュー/感想)

第5話 『ある風邪の日に、いつもと違うワグナリア』


メインキャラ全員が歯車要員。
一人でも欠けちゃうと迅速且つ正確に回る事が出来ない『ファミレス』という大きn(ry 今回はそんな話でした…きっと(かなり遠い目(マテコラ

WORKING!! 第4話 (レビュー/感想)

第4話 『相馬、さわやか すぎる青年』


アニメオリジナル、入りま~す(笑
――ファミレス的に(何 いやはや、アバンの突然の梢とメイン・サブキャラ達の初対面イベント処理展開に驚いた(笑

WORKING!! DVD第1巻 新作カット 『おまけ』 レビュー?今日も厳しく教えてやんよ!(マテ

WORKING!! DVD第1巻 新作カット 『おまけ』。

B型H系 第11話&第12話 (レビュー/感想)

第11話 『金城さんが来る!あのキラキラが許せない!』


第12話 『バラ色の笑顔の裏に・・・金城の黒い秘密!!』


ストーリーは…。
二年生になった山田は、今年も小須田、竹下たちと同じクラス。
そして、小須田に片想いをしている宮野と帰国子女の金城が新たにクラスメートとなった。
文化祭のミスコンで女王の座を争った金城は、勉強も運動も出来、ピアノや料理の腕もプロ級と、すべてがカンペキな女性。そんな彼女に男子たちの羨望の眼差しが注がれる。
これまで男子の視線を一身に浴びていた山田は、金城から学園の女王の座を守ることが出来るのだろうか…。

B型H系 第9話&第10話 (レビュー/感想)

第9話 『汗と涙のバレンタイン ヤマダより愛?をこめて』


第10話 『磨けエロパワー! こんな感覚、初めてなの…』


ストーリーは…。
バレンタインデーが近づいてきた。
小須田に片想いをしている宮野と偶然スーパーで出会った竹下は、宮野が小須田のために超豪勢な手作りチョコを用意していることを知る。そのことを聞いた山田は「手作りチョコで小須田を落とす!」とチョコ作りを始めることに。
バレンタインデー当日、チョコがもらえないかと淡い期待を抱きながら登校する小須田。
手作りチョコを小須田に渡すことが出来るのは、山田か?それとも宮野なのか?

B型H系 第7話&第8話 (レビュー/感想)

第7話 『ときめく聖夜 ファーストキスって、なんの味?』


第8話 『このままじゃ帰れない! いちゃラブ公園に行こうよ!!』


ストーリーは…。
クリスマスイブにデートをすることになった山田と小須田。
姉の香月に立ててもらったプラン通りにデートを進める小須田だが、なぜか山田は気乗りしない様子。
山田の頭の中は初エッチでいっぱい、普通のデートなどどうでもよいのだ。
小須田から渡されたプレゼントをエッチの合図と勝手に解釈した山田は、そのまま小須田を引っ張りラブホテル街へ。
ホテルの中には入れないもののいいムードになった二人の唇は近づき、そして…。

kiss×sis 第5話 (レビュー/感想) ぢたま(某)センセの真骨頂爆発回!

第5話 『ゴメンナサイ!』


三国 美春回ならぬ“失禁”回(爆
いや~、酷かった、色々と(褒め言葉。 ヤバイですね…流石にちょっと特殊な性癖が絡んだお話だけに、視聴者的には賛否両論はある筈(笑


ストーリーは…。
圭太のふりあげた手が、またも偶然通りかかった三国の胸にあたってしまった。
あことりこは平手打ちを食らい帰宅した圭太を心配するが、圭太は理由を言えるわけもなく、そっけない返事をするばかり。そんな圭太の様子をみたあことりこは「ラッキースケベ(事故)があったのかも」と推測する。
翌日、圭太は自習しようと図書室に向かうと、カウンターには三国の姿が。昨日のことを謝ろうとタイミングをうかがうが、三国は三国でエロ大魔王と噂のある圭太を警戒していた。スキを見てトイレに立つ三国だったが、生徒手帳を落としてしまう。それに気づいた圭太が追いかけるが、三国は走って逃げていく。追いかけっこが始まったその時、傘を届けにあことりこが圭太の中学校に到着する。

kiss×sis 第4話 (レビュー/感想) 『アニメ作品』としては普通。『お色気作品』としてはorz(マテ

第4話 『恋人の資格』


あ…。いや、うん。
まぁ、確かに毎回右肩上がりだった“お色気シーン”に過剰な期待を寄せてしまった事もあるのだろうけど…うん、そういった面では残念。


ストーリーは…。
受験が近づき、圭太が家にいない時間が増えた。
寂しい気持ちでいっぱいになるあことりこだが、以前にも圭太があまり家にいない時期があったことを思い出す。それは、2人が中学1年生の時の話。当時、小学6年生だった圭太は、あことりこの2人と距離を置くようになっていた。圭太の姉離れを受け入れようと、あことりこは告白してきた男子たちと試しにおつきあいしてみるが、ことごとく幻滅してしまった。
たまらなくなり、圭太に会いたくなった2人が放課後の小学校へ行くと、転んでも勝負をあきらめずに全速力で駆ける圭太の姿があった。
あの時のように頑張っている圭太を応援しよう、見守ろうと誓い合うあことりこだったが――。

kiss×sis 第3話 (レビュー/感想) お色気度がグレードアップ…だと…?(笑

第3話 『魅惑のスイーツ』


ストーリーは…。
朝から、あことりこにお目覚めのキスを浴びせられた圭太。
そのあまりの熱烈ぶりに、これ以上受験生ライフをかき乱さないでくれと、キス禁止令を言い渡す。
圭太への思いを抑えきれず悶々とする2人だが、あこは毎晩夜食を作るなど変わらず圭太をかいがいしくサポート。
うらやましがるりこの耳に、圭太と父の「たまには甘いものも食べたい」という会話が飛び込んできた。
さっそくスイーツ作りに挑戦するりこだが、不器用なせいで失敗に終わってしまう。
意を決したりこが父にあるものを借りようとして部屋を訪れると、机の上にはクリームまみれのブロンド美女がパッケージのDVDが。
それを見たりこの脳裏に、とんでもない名案(?)が閃く。

カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。