VPS

バスカッシュ! アイキャッチのまとめ(第21話~第25話)と簡易感想。 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > バスカッシュ! アイキャッチのまとめ(第21話~第25話)と簡易感想。ホーム > その他(アニメ作品関係?) > バスカッシュ! アイキャッチのまとめ(第21話~第25話)と簡易感想。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バスカッシュ! アイキャッチのまとめ(第21話~第25話)と簡易感想。

 そんな訳で、愈々『バスカッシュ!』本編も当記事の同作品アイキャッチ&感想記事も大詰め。何気に楽しいアイキャッチの取り上げは、感想的にも楽(個人的)に、そして端的に書ける所が良いね(マテ リアル多忙で更新時間が無い人でも安心♪(多い日でも安心、みたいなノリで(コラコラ
 ほいじゃ、アイキャッチの分割仕様な最終記事、いってみYo!!(笑

■第21話 『トータル・エクリプス』

※クリックをすると別窓拡大。
いや~…。
釘宮さんの「キンタマ!?」は“一聞”の価値あり(爆
あっはっは(汗笑 今回は、この台詞でお腹一杯(変な意味ではなく)だったのは私だけでは無い筈(苦笑 卑猥語慣れってレb(ry

 今回は、ダンアラン(フローラ)のコンビ(左)と、ぶっちゃけ中の人が『マクロスF』組みであるシトロンと本編で序盤~中盤でレギュラーにも関わらず最近スッカリ空気なアイスマン(右)。どうでも良いが、オーバーオールは好きです(フェチ的な意味合いではなく。 まぁ、アランの場合は、動き易さは元より、体型を隠す為に着用しているのでしょうが。そして、何気に本編に出て来たアランの乗るベスパが良かったなぁ(笑 ここにも制作者陣のさり気ない愛国心が見える(謎

 冒頭での『エクリップス』の解散宣言映像での一コマ…シトロン「私達、『エクリップス』は、普通の女の子に戻ります」 ( ゜Д ゜) …。どう聞いても、昭和に絶大な人気を誇ったアイドルユニット 『キャンディーズ』の引退時のランの有名な言葉の模倣(本家は「~戻りたい!」だったと記憶)です。本当にありがとうございます。河森監督は兎も角(ぇ 、脚本家の年齢層が絞り込m(ry それに構成人数も『キャンディーズ』と『エクリップス』は合うしな…気付くの今更!?(ガーソ 兎も角、そんな『エクリップス』を道具として操るヤンは、『スカイブルーム王国』の国王(アウローラ・フローラの父親)に甘い囁きで全面的バックアップを取り付け(実際は利害の一致だろうけど)、やはり『アースダッシュ』と『月』の衝突を止めるとされる“伝説”を意図的に創り出そうと画策をしているみたいで。でも正直、“伝説”って人為的に創ろうと思って創られる訳ではない、よなぁ(苦笑 勿論、様々な要素が加味された上で成り立つものだろうけど、単純にヤンの行動の原理には、過剰な名誉(名声)欲が多分に含まれてまた際立っている描写の為、それを良しとは思えないから困ったもの(苦笑
 でもって、何故か自分の思いのまま行動を起し、“群れ”から離れるダンとそれを追うアラン(フローラ)。フローラにとっては母国で自国でもある『スカイブルーム王国』での大立ち回りですが、割と唐突にダンを異性(?)として意識する描写に妙。いや、微妙にそういった描写が今までになかった訳ではありませんが、冒頭でフローラ自身が夢で見た“伝説”による刷り込みなのか何なのか(それはない。 ん~、まぁ、結論としては、今回のダンの言動(ルージュへ)の一部始終から、『バスカッシュ』へと賭ける純粋な“情熱”や関わり在る全ての者に対する“想い”を漸く明確に理解し、そして“共感”を抱いた点の方が大きかったみたいですね(故に今回のお話の終盤に“正体”晒し)。ダンの場合は、全てに於いて『バスカッシュ』が主軸の一辺倒で、視聴者にフローラのような“共感”を与えられる描写かってーと…無理?(ぉ
 あ、フローラの正体晒しですが、何か爺やが『水戸黄門』の角・助コンビの常套句で、フローラを改めて紹介をしていましたけど、あんなに威光というか権威があったのかーと思わせてくれたシーン(笑 あの場所を取り囲んでいた兵士には、フローラのダン追跡の抑制命令が効いているけど、別の連中にも通達が行くのか気になる所(マテ
 さて、フローラがダンに自身の身分を晒した晒した事で、彼女はアランとしての旅を終決させ、ダンの創るであろう“伝説”の静観者(傍観者)になる事を決めたようですが、アッサリと彼のペースに巻き込まれて心機一転とチームメイト(仲間)へ逆戻り(笑 『月』での人体改造を終えて『アースダッシュ』へと降りて来た“レイプ目”なルージュと接触し、彼女の自我を一体どうやって取り戻せるのか…楽しみです?(何故疑問符

■今回のをまけスクロール画(フローラ・スカイブルーム)

※クリックをすると別窓拡大。


■第22話 『クラッチショット』

ストーリー展開は最早――
勢い・ノリ・王道のトリオ(三重奏)。
ん~、個人的は物語の“枠”が狭まってしまった印象が強いので非常に残念という意味合いが強いかなぁ。
中途半端に…そして安易な監督交代の余波が、顕著に物語の面白味に出ちゃうとなぁ...。キャラの心情変化も極端だし(何

 今回のアイキャッチはセラナヴィガ(左)、ココスラッシュ(右)。それにしても、ナヴィガは新キャラなんだけど、物語終盤で投入された為かその役割の描写が不足している様に思えますし、またスラッシュは…未だに『青年スラッシュ』から現スラッシュへの“若返り”(?)の謎も回収されていませんよね。残り話数も少ないので、当然、描写的にはアッサリ目になっちゃうのだろうなぁ(遠い目

 今回のお話は、ダンが『エクリップス』のコンサート会場の楽屋に侵入し、そこでダンに関する記憶を失っているルージュと面会・会話を通して、自分を覚えていない事に驚愕して一時撤退。その際、シトロンから手渡されたバスケットボールに「乱入上等!」と書かれた文字を見たダンが、その言葉通りに『エクリップス』のコンサート会場へ乗り込んで、ルージュの目(自分に対する記憶やバスカッシュの面白さ云々)を覚まさせる事を目的とし、バスカッシュの試合運びへ。しかし、このダンの一連の行動は、コンサートを企画したヤン(&サウザンド)の計画通りであり、試合終盤のダンとルージュの競演による良く分からん閃光を放つ動きに合わせて、その地に根付いている『アルティマイト』を活性化させる共鳴装置を発動。それに気付いたのは、会場の外から客観的に見ていた連中…はるか・ミユキ・フローラ等(敵さん除く)。それを知らないダン達。そしてダンは、ルージュの記憶も戻った後、会場のステージ上に立ち円満な雰囲気を味わうものの、その直後、ヤンの命令により、ダンを狙っていたBFの砲撃によってぶっ倒れ、その場にルージュの悲痛な叫びが木霊する~…といったのが大まかな流れ。っていうか、ヤンは自身の企みが成功したと、ダンを攻撃した訳だけど…これで成功をしてなかったらどうすんだろ(苦笑 ※成功していなさそうだが。
 ふ~…まぁ、それは兎も角、やはり終盤に書けて物語が余り練られていない印象が拭えないのが残念。特にキャラクターの心情変化なんかは、このアニメ作品に求めるだけ無駄といえばそれまでですが、もうその過程の描写が勢い任せで極端なんですよね(汗笑 勢いというか、バスカッシュの行為が人に与える影響云々がどういったものなのか…確かに表現はし難そうではある(爆 これも極端だけど、『バスカッシュをすれば悪人だって改心する!(仲間だっ!)』みたいな感じだもんなぁ。まぁ、これはこの回のお話で思った事ではありませんけど。
 こういった諸々もの各キャラクターの心中の描写が割とずさんに思えた回でした。特にフローラとアウローラの父親…国王ね。アウローラも自分達の言葉は届かないと口にした程、『アルティマイト』に執着をしていたのに、目の前に起こった出来事(娘であるフローラの負傷が大きいのかな)を目にし、近くに居たアウローラの口添えもあって、あっさりと「私は今まで(ry」みたいな感じに納まったみたいですし。…ん~、何だか愚痴ってしかいませんが、ちょっと今回はそうした点が目立った回でしたので、ちょいと無駄に突っ込んで書いてしまいました....。終盤も近いですし、上手く纏めた仕上がりなるのかを期待しましょう~。

■第23話 『コーズ・スラッシュ・セッド・ソウ』

早速――
ベルがリバウンドしてたー!!(笑
しかも完全にではなく、ぽっちゃり型に。でも何気に後半部分のベルは完全型(マテ になってましたね(笑

 今回のアイキャッチは、何の組み合わせだよなヴィオレットファルコン(左)と単なる食いたいだけだろなスパンキーとウザそうなクローリー(右)。ん~、ヴィオレットって百合キャラだと思ってたんだがなぁ~。というより、ヴィオレットとファルコンの接点が良く分かりません!(笑

 前回から引き続き、用無しとなったダンをヤンの私兵が攻撃。その場にルージュの叫びが~云々な訳だったけど、結局はダンは気絶したままサウザントの玩具。ルージュ達は、ヤンに従う様に見せ掛けて、途中で現れたMr.パーフェクトことジェームスとダンの救出へ。また、ミユキ達は各々思惑あって個別行動。ダンとルージュの“石破ラブラブ天驚拳”な『バスカッシュ』(ゴール)で、『アルティニウム』(鉱石)の鉱脈を刺激し(活性化)たみたいだけど、その際の衝撃で周囲の建物が倒壊し、逃げ遅れそうになったセラをナヴィが庇う様にジャイアントスイングで脱出させていましたが…ナヴィの安否は如何に(思い切り岩に潰される描写。 セラは調子の悪くなったフローラと共に、ミユキ達と別れてダンを待つ云々の選択をしていましたが…。月に居るココは、スラッシュとの対話の中、スラッシュの“持病”(?)である『若返り』(?)の現象を目にしていましたが…この事に関してはまだ謎のまま(笑 ネックレスが関係しているのか(進行抑制アクセサリー?)
 先にも書いた『バスカッシュ』で『アルティニウム』が活性化をしたみたいですが、その余波で『アースダッシュ』に『月』から捥げた地表(スペースデブリ?)などの物質が大量に隕石として落下(汗笑 予想通り、ヤンは今までの計略が『スカイブルーム王国』を乗っ取る=『ムーンキャノン』強奪が目的の一つだったらしく、それを利用して『アースダッシュ』に落下をしてくる『月』を粉々に粉砕をする予定なのだそうだ。『アルティニウム』鉱石の活性化で、『ムーンキャノン』に搭載する『レジェンド・バレット』なる爆薬の精製がし易くなったのだそうで。つーか…『月』を粉々にした所で、今以上に『アースダッシュ』への落下物を増やすだけの様な。爆砕した物質そのものを、爆発時に(別の次元に)圧縮して…何かのアニメにあったな、そんな武器(笑 ま、それは兎も角、そんなヤンの目論見は、『月』に居るスラッシュが、『アースダッシュ』に今起こっている現状や何やらを情報公開した事で、それもご破算に成り掛けてるみたいですが(笑 そして、スラッシュ自身、『月』のOCB評議会の議長である事が判明…何という後付臭(爆 そんな議長自らが、BFB公式試合である『伝説リーグ』の開催を正式発表。え~と…『アースダッシュ』と『月』の衝突が三日だと知っての一連の情報公開にも関わらず、そんな事をしていて良いのかと思うけれど、これは完全に伝説を創り出す(強引に)スラッシュの“最後の賭け”なのは間違いないでしょう。…アイスマンとファルコン、何時の間に『月』へ(苦笑
 さ~てさて、ダンはというと、危うくサウザントに解剖されかかるも、ルージュ達が見付けて難を逃れましたが…この際、ダンの上に跨っていたサウザントに対するルージュの右フックに噴く(笑 あれはないだろうと思ったのは私だけではない筈…と信じたい(苦笑 しかし、気絶したままのダンを抱えるルージュ一向が歩いていた地下道に、落下物の衝撃で発生した濁流に飲まれ…しかしながら、助かるもののダンの呼吸(心臓)は停止。で、かなりの『王道』とそして“お約束”な、ルージュのキスによって、心臓が再起動。まぁ、普通は『スリーピングビューティ』(眠れる森の美女)風に、“逆”なんでしょうけどね(笑 そして、その行為…ルージュのダンに対するキス行為を目撃してしまうフローラは驚愕(ショック)を覚え――って、何、この突然の展開(苦笑 でも、気になるのはルージュがキス(人工呼吸ではない)をする前、「彼方が救われるなら…」という言葉が気になります。自分の命を分け与えたのか、何て勘繰りましたが…現段階では描写不明瞭なので微妙かな。
 う~む、監督交代云々で物語の収集に大変だろうな、とは思いますが、やはりDVDやBDでは物語の流れが自然になるように修正を加える可能性はあるのでしょうかね。まぁ、出来上がってしまっているものを脚色して修正するだけ手間は書けないのかも知れませんけど。Youtubeのリミックス版に挿げ替えられる可能性は…?(ぇ

■第24話 『フー・アー・ユー?』

なんつーかね。
アウローラの赤丸ホッペが気になった。
これぞ正しく「Who are you?」なのでぇ~あった(ちゃんちゃん☆(マテコラ しかし久々だったなぁ…アイスマン(苦笑

 今回のアイキャッチは、足フェチのはるかとこっちも足会話可能なジェームス(左)、久々のアイキャッチ登場のミユキと本編内の造語を突然作り捲くりなダン(右)。ほら、何時の間にか「バスカッシャー」「バスカる」だのとここ数話で突然作られた造語が出回っていたので、個人的にはそういう言葉が出ると妙な違和感があったり(笑 もっと自然な形で広まった描写があれば良いんだけどね...(苦笑

 さて、今回は『月』での『伝説リーグ』開幕、はるかとジェームスの再フォーリンラブ(笑、意識不明中のダン&ミユキの逃避行とそれに伴う“謎の声”(『アルティマイト』(鉱石)の声)によってダンの意識回復劇、『エクリップス』のアイドル復帰(悪まで個人的に)、そして最後に何故かフローラが巨大な“光の蝶”(月光蝶…だと!?(爆 )の乗り物へ変化し、ダン達を『月』へ運ぶ乗り物へ――(笑 何故か今回は箇条書き風にしてみる(ぁ
 え~、しかしあのアウローラの婆や…フローラが「気流を読んで~」と、自分達と合流が出来た理由をさり気なく補足していたけど、完璧に無理がありまくりだよね(爆 ちょっと違和感がありましたが、アウローラが婆やを何故寄越したのかと、今回の時点では余り意味を成していませんでしたね(汗 まぁ、若しかしたらば、最後のフローラの“光の蝶”化のナビゲート(促す…促進剤的要因?)をする為なのかもしれませんけど。
 『月』での『伝説リーグ』では、アイスマンとファルコンの二人組みチームが、ポッと出の『月』出身の選手(現在、“伝説”に一番近いとアナウンサー)に最初はフルボッコ。しかし、突然の“謎の声”に呼応して、自身が『バスカッシャー』である事を思い出し、恒例の“デストロイ”発動。アイスマンとファルコンのチームは二人組みで出場だけれど、当然、穴埋めのダンを待っているのだろうけどねぇ...。しかし、彼らはどうやってダンが『月』に来るのかとかっていうのを逐一計算に入れていたのだろうか(笑 「ダンの事だからどうにか(奇跡を起こして)してやって来る!」ってレヴェルじゃないと思います(ぁ
 はるかとジェームス…ん~、こちらも何か唐突にお互いを誤解していた云々と、あっさり誤解も解けてフォーリンラブ。まぁ、ジェームスは足会話を会得し、はるかは足ではなく、相手を見て直接会話を交わす事で、互いの立場と心情を理解をしたのが功を奏した様子。ジェームスが、ダン達(?)に特注で作った『アルティニウム』の素材がソール部分に含有されたバッシュ(バスケットシューズ)が、『伝説リーグ』にどう影響を及ぼすのでしょうか。
 終盤のダンとミユキのランデブー(死語。 は…見事にというか何気に河森監督お得意の“トライアングラー”が成立(笑 前回、ダンにキスをしたルージュ、それを見てショックのフローラ、そして今回の自分が看病をしていた筈なのに何時の間にかダンを取ってBFに乗せてダンに対する気持ちを吐露のミユキ(爆 いや~、監督交代の余波で、かなり終盤に集中した演出の為か、かなり“巻き”でしたね(笑 まぁ、それは兎も角、偶然にも意識不明中のダンを、BFに乗せて意識を取り戻させようとしただけなのに、その先が“謎の声”を発する遺跡で、更に『月』ではアイスマンの“デストロイ”が炸裂した事で、ダンの居た遺跡に変化が。そんでもって“謎の声”の呼び掛けが漸くダンに届いて意識回復直後に久々の“バスカッシュ”。…大まかな流れだが、やっぱりどこか強引さが伺える(苦笑
 アイスマンの“デストロイ”とダンの“バスカッシュ”が共鳴をし、遺跡の“力”(『星渡り』…また造語が)が“三つの音”(トリオ/三重奏)によって覚醒し、『月』へと自分達を運ぶ云々という事をフローラが口にした事で、それならばと『エクリップス』がフローラの変化した乗り物の“光の蝶”を『月』まで導く役目を果たす事に。で、良い最終回だった…という演出に(笑 まぁ、もうフローラの一族は、元々が『星渡り』の血族だったという事で良いのかね。だからこそ、フローラやアウローラは、大気中の流れを読み、また遺跡の声が聞こえていた、と。そうすると、フローラの不思議な力の理由は理解できるかな、うん。
 あ、ヤンとサウザントの企みは…もう物語り進行上の路傍の石的な感じなのでどうでも(ry

■第25話 『アバウ・ザ・リム』NEW!!

アイキャッチに限って言えば…。
最早、キャラですら無ぇ!?(ガーソ
アイキャッチにする対象が人物ならず…。まぁ、こういうアイキャッチも比較的珍しくて良い…と解釈をした方が良いのだろうか(笑
序盤~中盤の発光をする蝶型だか昆虫の何かだかに似た乗り物に…。
“銀河クジラ”を思い出した。
え~、詳しくは、OVA『マクロス ダイナマイト7』をご参照下さい(コラコラ

 今回のアイキャッチは、先にも書きましたがスラッシュのペンダント(左)とアルティマイト鉱石(右)。…ん~、別に突っ込み所が無くて寂しいorz まぁ、スラッシュのペンダントに関して言えば、前にもチラッと書きはしましたが、スラッシュが徐々に若返っていくのは若返りの秘術”を使用の為で、その進行速度を抑制する為のアイテム(アクセサリ)みたいですね。っていうか、スラッシュ…何と『スカイブルーム王国』の現国王(フローラ・アウローラの父親)の『兄』である事が本編中に発覚(苦笑 何でも“若返りの秘術”を実行後、行方不明になったとかで。というかさ、今まで国王がTVを見ていない様な発言でしたが、これも『アルティマイト鉱石』に魅入られ過ぎていて、それどころではない状態だったからメディア関係には無関心だった、な~んて感じの設定になっちゃうのだろうか(笑 …どちらにせよ都合が良過ぎるなぁ(遠い目

 『月』の子供達「D・J・D!D・J・D!」(ダン・J・Dの事)という台詞に――
        lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / D  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  D ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  V  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  V |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  D   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  D  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄

 ――を思い出した(ヤメレ …ごほん、失敬。多忙故、後々に追記更新をっと。

その他、バスカッシュ!の感想や情報記事をお探しであれば下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
バスカッシュ!


当記事の関連記事は下記リンクからどうぞ。
バスカッシュ! アイキャッチのまとめ(第1話~第10話) と簡易感想。
バスカッシュ! アイキャッチのまとめ(第11話~第20話) と簡易感想。


バスカッシュ!公式サイトは下記リンクからどうぞ。
バスカッシュ! -BASQUASH.com-

   /)  /)
  /  ⌒  ヽ
  | ☣ฺ_ ☣ฺ  |/\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (〇 ~  〇 | / < アニメ 『バスカッシュ!』 ご期待下さい。
 /       |く    \_________________
 |     |_/ |/

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/85-b02d1045

カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。