VPS

B型H系 第3話&第4話 (レビュー/感想) 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > B型H系 第3話&第4話 (レビュー/感想)ホーム > B型H系 > B型H系 第3話&第4話 (レビュー/感想)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

B型H系 第3話&第4話 (レビュー/感想)

第3話 『そうだ!プールに行こう 私の水着、見たいよねっ!』


第4話 『ライバル出現 誰よ?あのFカップ!?』


ストーリーは…。
小須田とあと一歩というところまでいきながら逃げ出してしまった山田。
親友・竹下に泣きついたところ、竹下は自分の彼氏とのダブルデートを企画、四人でプールへ行くことになる。
小須田を誘惑するための作戦を練る山田だが、彼氏に「変人が友人だと思われたくない」という竹下からエロ行為禁止を言い渡される。仕方なく小須田と普通にプールで遊ぶことにした山田は、一緒にウォータースライダーをするのだが、小須田が大胆行動を!?

それでは、まずはサブキャラ的だが新キャラ紹介。

■松尾 大佑(まつお だいすけ)。

え゛ぇ....。原作イメージそぐわず――。
松尾、声低ッ!!
故に棒気味。これならドラマCDの浪川さんが適役だったなぁ。ちなみに小須田の友人の一人・工藤の中の人の使い回しなんだぜ(苦笑
竹下の彼氏。他校の高校3年生。文系。眼鏡。交際当時は中学生の竹下を落とした辺り、実はムッツリスケベ?でも“告白”は竹下から(ぁ
性格は、当然(?)ではあるものの、山田・小須田から比べれば精神的にかなりの大人。ちなみに、難関大学に進学予定(するけど)。
補足…バイトをしていた書店のお客が竹下で、徐々に会話を交すうちに…アッー!(マテ 竹下との初Hは、彼女が中学を卒業した直後。

■竹下提案でプールへ“ダブルデート”。

全開終盤の失敗で落ち込む山田は、学校で竹下にその件を相談した後、彼女に小須田との仲を取り持って貰う事に成功する。
仲を取り持って貰う=山田&小須田と竹下&松尾の“ダブルデート”。渋る小須田だったが折れて山田は大喜び。
またふと山田は、竹下に「余り彼氏の事を話してくれない」と性生活を色々と尋ね始める。竹下は「だから話したくない」と心中で愚痴る(笑
自宅に帰った山田は、自室で水着を試着し、スタンドミラー前でポージング。だが『Bカップ』の胸が目立った為にパッド用意~(ぉ
補足その?…前回の一件で小須田は山田に不信感(山田の気まぐれ?)を抱いていた為、“ダブルデート”に当初乗り気ではなかった。
一方、小須田は、自宅のキッチンのテーブルに座り、山田の水着姿(+裸)を想像。その時、風呂上りの“全裸”の姉・香月が通り掛かり…。
小須田「同じ裸でも、こっちは全然見たくない…!」
ですよね~。と、香月の“裸体”からアッサリと目をそむける弟・小須田であった。血縁者の裸を見ても何も思わないのは正常ですぜ(笑
補足その?…山田は、自身の水着姿自体には凄まじく自信はある。が、やっぱり胸が慎ましい為に、コンプレックスを感じる様子。

で。
■プールでの“ダブルデート”当日。

デート当日。周囲の視線を一身に浴びる山田は、「跪け!小須田」と彼の下へと向うと、山田の水着姿に勃起の小須田は前屈み(笑
山田「何、『F』下」
竹下「“竹”下だよ。顔見ろ、顔を」

そこで同じく水着に着替えた竹下が山田に声掛け。山田は、竹下の『Fカップ』の特盛乳が目に入り、胸を目にしながら先の台詞とコント(笑
竹下は、山田に『エロネタ禁止』を出し、また“彼氏”である松尾が登場。互いに自己紹介。竹下は松尾が山田を気に入ったらと不安げ。
だが会話を交すうちに、二人の古典好きが講じて、小須田が松尾を気に入ってしまった様子。小須田曰く、 『知的な人』だとホの字(マテ

■ウォータースライダー…定番といえば定番だが苦手な人もいる訳で。

デート開始なのだが、竹下と松尾は交際期間が長いだけに自然にイチャイチャ。一方、山田と小須田はその様子を眺めるばかり。
小須田は、山田のテンションが何時もと低い事を気に掛けるも、自分からは動かず。山田は、竹下をトイレの個室に呼び出して相談。
竹下から「泳げよ!」という当然の助言を貰った事で、小須田の下へ戻った山田は彼の手を取って――ウォータースライダーへと向う。
が。何と小須田は高所恐怖症でこの手のアトラクションが大の苦手。それを知らない山田は、小須田と一緒に滑り始めると…。
ギュッ!と山田の腰を抱き締める小須田。突然のこの行為に驚くも感動の山田は、滑り終わって以降、小須田を誘い滑りを続行(苦笑
小須田にとっては何たる苦行。また竹下&松尾と鉢合わせし、先に二人が滑る事になるのだが、小須田が眩暈を起こして…。
松尾にしがみ付き共に急降下の小須田。この様子に、山田は『小須田&松尾』のBLシーンを想像し、モブ竹下に突っ込まれる(笑
補足…山田の竹下への相談とは、「何をすれば良いか分からない」というもの。男女交際歴が無い山田らしい初々しさ…?

■花火大会。

プールでのデートを終えた山田達。どこぞのカフェテラスで、小須田は正直にウォータースライダーで山田にしがみ付いた理由を告白。
山田「…ダサ」
と、自分に対する行為の理由を知った山田の一言。当然、ショックを受ける小須田。これに竹下は付近で開かれる『花火大会』を提案。
という事で、この催しの貸し出し浴衣に身を包む山田と竹下。松尾は竹下に「可愛い」と素直に告げるが、小須田にその甲斐性は無く…。
山田は小須田達から離れて人ごみへ。これを見た松尾が、「黙ってギュッとすれば良い」と小須田に助言。小須田はすぐに山田を追う。
小須田「山田…。今は、怖くないよ」
あ゛ーぃ!(ぉ 普通のラブコメだぁ(マテ 山田は一人で「怖いなら掴まるのは何でも良い」と小須田の行動を人ごみに紛れて心中で愚痴。
漸く小須田は山田を発見し、背後から彼女を抱き締めながら、先の台詞を口にし、同時に打ち上がる花火。ん~、アニメならではの演出。
山田「分かった…。許したげる」
この意図しない小須田の出現と突然の行為に、山田は一発で懐柔(笑 アニメ版だと打ち上げ花火の相乗効果もあって…かな?
補足…山田の浴衣姿を目にした小須田は、一応は「可愛い」と心の中で思いつつも、それを声に出す勇気そのものが無かった。

■“コンドーさん”は紳士の嗜み。淑女は?

喫茶店(ジャンクフード店)で、“ダブルデート”…『花火大会』での出来事を竹下に報告する山田は、調子に乗ってH間近だと豪語。
竹下「“処女”が用意すんなぁ!!」
ちなみに、アニメ本編では『処女』の部分に伏せ音入り。多分、DVD&BD版では伏せ音は無い筈(笑 あ、アニメイトの上映会でも、かな。
竹下の白けた雰囲気を察せず盛り上がる山田は、竹下に「コンドームを準備」とソッと耳打ちすると、竹下は大声で先の台詞と叱責(笑
その後、山田達はドラッグストアでコンドーム売り場に足を運び、山田は嬉々として手にとって考察(笑 竹下はそのノリに着いていけず。
一方、小須田宅では友人の秋山が来訪中で、読んでいた男性雑誌から「コンドームは男の嗜み」だと口に。これを耳にした小須田は―。
秋山が帰った後、夜道を歩く途中でドラッグストアに入店し掛けるも、レジが女性であった為に「まだ早い」と号泣して遁走するのだった。
千夏「無駄に買い捲っても…」
千夏、ナイス☆突っ込み(笑 更に山田に場面転換。何と山田は、コンドームを大量に購入。恐らく¥10,000円分はある…か?(単価色々。
山田は、コンドームの説明書を音読し、その様子を千夏に見られて冷静に先の台詞。また山田は小須田のナニのサイズを思案(苦笑
目の前に置いたスプレー缶~糊を用意して、小須田のナニがどのサイズに相当するのか早く使ってみたいと悶え妄想の山田であった。

■アイキャッチ(一部違)。

をまけ-スクロール画-

※クリックをすると別窓拡大。

■山田、基本がエロ女子高生(特記事項)。そして、“ライバル”現る。

次の日。山田は、学校のトイレの個室に竹下を呼び出し、自宅に行った・デートも済んで愈々H間近だと“カモネギ”を主張。
だが調子に乗った山田を竹下は鉄拳制裁。“カモネギ”=自分にとって都合が良い…この場合、ヤリマソと等しい意味の為。
しかしながら、山田が小須田を選んだ事は「良い選択」だと、小須田の人間性を認める竹下。松尾も「控えめで感じが良い」と褒める。
山田のエロ神『会心の一撃!』
いいね、ドラクエ風のドット絵(笑 ホームルーム前、小須田に挨拶&笑顔を向ける山田。陥落する小須田に山田のエロ神が先の台詞。
山田「(やっぱチェリー君はちょろいわ。可愛いもんねぇ~。)」
モブ竹下「アンタも“処女”だろっ!」

しかし山田はというと、外面は笑顔ながら、内心では先の台詞とドス黒い思惑。これにモブキャラの竹下が鋭く突っ込む。
山田「(ドジッ娘メガネ!?)」
「(取り合えず…(胸のサイズ的に)敵!!)」

少々時間が経ち、山田は小須田に他の女性が言い寄る筈がない、と踏んで図書委員会の行われる教室へと向うのだが…。
その途中、廊下で小須田にクッキーを手渡し、味見をして貰う女子生徒の姿を目撃。小須田は「苦い」と感想。女子生徒は慌てる。
この一部始終の二人の遣り取り――女子生徒を心中で先の台詞と称し、更に女子生徒の胸が大きかった為に完全に敵視する山田。
隠れて二人を遠方から見詰める山田だったが、二人が向った先が図書室であった為、その女子生徒も図書委員と知り驚愕するのだった。

■宮野 まゆ (みやの -)。

小須田の“幼馴染”の宮野 まゆ。高校1年生。眼鏡。Fカップの“巨乳”。天然系ドジッ娘。地味だが可愛い。小須田一筋。
趣味は料理で『お節三段』が作れるほどの腕前。幼少期、自分をイジメっ子から救った香月(和樹)を男だと思って片思い経験あり。
一応、小須田とは“幼馴染”であるが、宮野家は別の土地から今の土地へと引っ越し、それから小須田家と親交を深めた末のもの。

■山田、終了のお知らせ(マテ

この状況により、図書委員会をサボった山田は竹下に泣き付き、竹下も意外だと言いながら、どういう子か見に行くべく図書室へ向う。
宮野「じゃぁ。今夜、家に行くね」 小須田「うん」
丁度、図書委員会が終わった後らしく、図書室から出てくる小須田と宮野。で、先の台詞と二人が会話を耳にしてショックの山田。
その後、自宅で自棄(やけ)コーラの山田は愚痴を零し続け、付き合った竹下はハッキリさせようと小須田宅へ山田を連れ出す。
補足…竹下の小須田宅訪問の件に、山田は「怖い」と抵抗感を口にしながらも、徹底した変装で言動不一致状態(笑


竹下と共に小須田宅へ向う山田は、その道程で宮野との“修羅場”に臆するも、竹下は自分がついていると山田を応援する。
小須田宅の前付近に着き、また宮野が小須田宅へ向う姿を目撃し、すぐに身を隠す山田と竹下。しかし宮野の後ろからは彼女の家族が。
学校で小須田と宮野が話していた内容とは、何と小須田家と宮野家の家族ぐるみのお付き合いの『バーベキュー』であった。
これにポカーンの山田達。また美味しい匂いにつられて鳴るお腹。それに気付いた香月が、山田達の存在を知り、驚くも内緒で事が進む。
香月「山田ちゃん…。貴女、崇の為にストーカーまで…」
山田「ストーカー!?あたし、ストーカー!?」 竹下「そうだよ」

んな、竹下発案なのに冷静に突っ込まなくても(笑 すぐに山田は、香月に「小須田に彼女は居ない筈」と指を挿してまで問い詰める。
この山田の必死な剣幕に、香月は先の台詞と涙を拭い、自分が『ストーカー』かと驚く山田、そして冷静に突っ込む竹下の一連の会話(笑


香月は、自身の家と宮野家は家族ぐるみの付き合いがあり、「弟・崇とまゆちゃん(宮野)は意識し合う中ではない」と説明。
この香月の呆気羅漢とした二人の間柄の説明に、山田と竹下は「姉弟揃って鈍い」と心中で突っ込みを入れてしまう。
その間の小須田と宮野の遣り取りは、宮野が肉じゃがを小須田に差し出し、小須田は「美味しい」と褒め、「(料理が)好き」だと伝える。
こうした二人の遣り取りを、場外で目撃する山田は落ち着かない様子。結局、小須田家を後にした山田達は、最寄の公園のベンチで会話。
竹下「ちょっと地味だけど、一途で料理上手。しかも“巨乳”」
「方や、美人を鼻にかけて、色仕掛けしか脳の無い『Bカップ』」

竹下は、宮野の小須田を想う年数を例に挙げるが、山田は自分の方が良い女だと主張した為、先の台詞を口にして山田を追い込む(マテ
更に「宮野が“告白”したらくっつくかも?」と言う竹下の言葉に、ショックを受ける山田は「男は巨乳だったら誰でも…」と竹下は反発(笑
帰宅をした山田は、「どうでも良い」としながらも小須田の件が頭から離れず、『こすだ』と書いた藁人形を壁に打ち付ける程に動揺する。

■山田、最低な行為に及ぶも最高に落ち着く?

次の日、山田は教室へ向う途中、直接対決を決行の山田は、宮野の居る教室へと向う。先制攻撃…牽制を念頭に行動の山田。
どうやら山田は、通りすがりに宮野の身体にぶつかって攻撃を加えようという、かなり卑屈な手段に出ようと友人と会話の宮野へと突進。
が――しかし…。
ぽよよよよん♪
と、宮野の身体にぶつかる筈の自分の肘が、宮野の“巨乳”の弾力によって、逆に身体ごと弾き飛ばされてしまい、廊下に尻餅の山田。
盛大に廊下へと尻餅を付く山田だが、宮野はすぐに転倒する山田に声を掛け――たつもりが、眼鏡を落としていた為にあらぬ方向へ。
結局、山田が眼鏡を宮野へ手渡すと、ぶつかった相手が山田と知った宮野は驚き、「美人」と褒めた為に山田は宮野の心証を良くする。
が、当初の目的を思い出した山田は、小須田にクッキーを上げていた件を問い詰め、宮野は「自分ではなく料理が好きだ」と返答する。
しかし山田は、「嫌いな相手からは貰わない」と切り替えした為、これを宮野は『自分を応援してくれている』と盛大な勘違いをしてしまう。
宮野「もし迷惑じゃなかったら、これからも相談に乗ってくれませんか?」
山田「え、あ…えっと…」 宮野「…」
山田「任せて!!」

結果、山田は宮野から信頼され、仕舞いには宮野から先の台詞と『相談相手』になってしまい、断れない雰囲気に流される山田であった。
こうした一連の様子を素知らぬ顔で見聞きしていた竹下は、「恋の相談役になってどうする」と突っ込みを入れるのであった。ちゃん☆×2。



まぁ、取り合えず~。
松尾の声の低さが気になった。
かな(笑 今回はその一点に尽きる(ぇ 宮野は、割とイメージ通りで良かったと思います。棒子可愛いよ棒子(今は棒じゃないけど)。
でもな~、やっぱり原作の“良い所”が削がれている感じはする。でもアニメ特有の強化演出は良い出来だとは思いますね、うん。

 いや~、第3話のものと同じくもうちょっと楽に纏めるつもりが、追記をした第4話からグダグダ調子になってしまいました(苦笑 今回は、山田が顕著に“ツンデレ”具合を発動しましたね(苦笑 竹下も山田との付き合いから、割と強く山田に突っ込んだり鉄拳制裁を加えていたりしますが、中学時代はあれでもかなり可愛い子だった(過去形!?)んですぜ....。この点は、やはり山田に毒されたのと、山田より一足早く“大人の階段”を昇ったせいでもあるよなぁ、と勝手に解釈(ぉ 思えば、山田って中学時代からHを夢みてるのに、親友の竹下が先に行くってどれだけの精神的ストレスになっている事やら(常人は深くは考えないだろうけど)。

 というか、松尾!やっぱり、何度聞いても声低ッ!もうちょっと文系の好青年って感じにして欲しかった。一方で、先にも書いた通り、宮野はイメージ通りだったかなぁ。ちょっと声が甲高くなり過ぎた箇所もあったけど、基本が可愛い印象で良かった~。けど、キャラデザは原作の宮野は越えられn(ry 『WORKING!!』とかは、あからさまに原作よりアニメの方がキャラデザが確立されt(ry

 う~ん、原作が4コマ形式で進んでいく為、オリジナルストーリーに支障が出ない様にアニメオリジナルストーリーを咥える難しさはあるのでしょうけど、中々に上手く物語自体の構成は良いかなぁ。アニメのストーリーでは最初から登場の『エロ神』は、現時点の原作のストーリーでは未登場で、この設定にして既にアニメオリジナルですが、思い起こせば「『エロ神』は誰にでも憑いている」という設定の為、現在は山田本人に不可視であっても、色々あれど見守っている形で最初から登場・演出させておけば、後々山田に可視化された時に突然登場させるより、視聴者に『受け入れ易い』からという制作者陣の配慮…なんでしょうかね(笑

 そういえば、AT-X放送でも本編の内容に差異はありませんでしたね。アニメイトで行われる第1話のちょっと違うVer.の上映会に行ってこようかなぁ...。

 :月並みですが、リアル多忙により、Bパートっていうか第4話のレビュー・感想は後々に追記を致します(早いうちに)。:追記完了です。

『B型H系』のOP&EDの背景画のまとめ記事は下記リンクから宜しければどうぞ。
B型H系 第1話&第2話 (レビュー/感想)
B型H系 OP&ED 背景画のまとめ。


当ブログ以外の『B型H系』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
B型H系


アニメ 『B型H系』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
TVアニメ『B型H系』公式サイト


 次回は~…。

次回は山田の別の意味での“ライバル”・金城 京香(かねじょう きょうか)が登場!!また文化祭のお話もあるでョ(何


アニメブログ 人気BlogRanking宮野の可愛さは異常。バナーは代用。宜しければポチッとお願いします~。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/75-4ad8d619

B型H系 4 [Blu-ray]クチコミを見る小須田とあと一歩というところまでいきながら逃げ出してしまった山田。親友・竹下に泣きついたところ、竹下は自分の彼氏とのダブルデートを企画、四人でプールへ行くことになる。小須田を誘惑するための作戦を練る山田だが、彼氏に「...
B型H系の第2回(3話・4話)は、美春の彼氏・松尾大祐(声・小泉豊さん)と小須田の幼馴染・宮野まゆ(声・花澤香菜さん)、他に小須田の両親も登場です。
[2010/04/15 00:18] ホビーに萌える魂
提供のお遊びが面白かったですねw「ご覧のスポンサーがよってたかってお送りしちゃうよ♪」「ご覧のスポンサーがしゃにむにお送りしち...
[2010/04/11 21:39] シュガーライト
第2回本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓http://yasu92349.at.webry.info/201004/article_17.html注意事項 こちらからはメインブログでT...
そのFカップは乳ビンタひとm(ryアスミスとの写真がラブいです。オミデガンスとの写真がラブいです。マツキスとの写真は、、、(ノ∀...
[2010/04/10 21:33] AQUA COMPANY
主役:ゆかりOP:ゆかりED:ゆかりなんかすごいゆかりアニメですねw山田はハマり役だと思うし・・・今回見ててはっきり思ったのが、エロを表面に出そうとしてる様に見せつつ、やっぱ...
H友百人の道も一人から「B型H系」の第2話。ネタ「似たような番宣と入れ替えてみた」もどうぞ。「そうだ!プールに行こう 私の水着、...
[2010/04/10 13:42] ゆる本 blog
今回、何も考えずに見たら面白かったです。コメディとしても割としっかりとしてるような気がします。
[2010/04/10 10:33] 隠者のエピタフ
まゆちゃんキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!かわええ~о(ж>▽<)y ☆可愛くて性格よくてばいんばいん(笑)小須田の幼なじみでした。山田強敵出現ですね(^_^;)メガネとったまゆちゃんたまらん(≧▽≦)これでCVが花澤香菜ちゃんですからもう無敵♪...
[2010/04/10 09:10] のらりんクロッキー
眼鏡な新キャラが2人出ました。
[2010/04/10 01:17] 通りすがりの魔術師
早くも季節は夏にって…時間経過だけ早すぎる(笑)前回、小須田といいとこまで言ったのに逃げてしまった山田。仲直りしようと竹下に泣き...
[2010/04/10 00:24] SERA@らくblog
カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。