VPS

あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第25話 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第25話ホーム > あにゃまる探偵 キルミンずぅ > あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第25話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第25話

第25話 『進め!キルミンUFO探検隊!?』

ストーリーは…。
リコが見た不思議な光の謎を解明しようと神浜自然公園にくりだしたキルミンズのメンバー。
そこで見たのは、動物たちをつぎつぎと捕まえていくUFOの姿だった!
なんとか動物を助けようと奮闘するリコ・リム・ケン。
そして、3人がピンチに陥ったそのとき、ついにタマオが…!?

■オープニングテーマ曲 『Poo』 歌:Neko Jump


■Aパート

※クリックをすると別窓拡大。

 リコ、UFOを目撃す。という事で、勉強中に自宅の屋根の上で喧嘩をしていた猫に物申すと、『キルミン』を用いて向ったリコは、喧嘩中の猫には逃げられてしまうものの、屋根から見えた遠方の森の上空をオレンジ色の発光物体がゆらゆらと揺れ、また消滅する現象を目撃するので~あった。次の日、ケンとタマオにもその現象の事を話すと、ケンはUFOで間違いないと『キルミン』を用いて調査に当たろうと奮起。タマオ曰く、発光物体が飛んでいた方角は神浜自然公園だという。リコはUFOの存在を否定。またさり気なく、その場を通り掛かったカノンに、ケンがFOに関して尋ねるとそれを肯定し、更に否定していたリコへ毒づいた言葉を残して去って行く(リコはその毒…嫌味を理解していない(笑 まぁ、カノン自身、ある意味で宇宙人(地球外生命体…というか未確認生物)に似た立場だしね(苦笑 ま、結果的に、意見の食い違うリコとケンが、『神浜キルミンズ』のリーダーの座を巡っての“推理勝負”へと発展する事で、リコの思惑とは裏腹にリコ・リム組 vs ケン&タマオ組というUFOの調査となるのであった。また自宅に帰宅のカノンは、人と会う約束のあるというミサから、『牙組み』を連れて神浜自然公園へ向うように命令を受けるので~あった。
 
 放課後。リコ達、『神浜キルミンズ』はUFOの調査の為、神浜自然公園のモノレール乗り場前へ集合。と、そこに如何にも怪しい風貌のお兄さん(?)がリコ達に声を掛け、徐に動物を模した形の棒飴をあげようと言う。疑わずにすぐに飛びつこうとするリコを、リムが「知らない人にお菓子を~」と制した事で、怪しい風貌のお兄さんは「偉い」と褒めた後に去って行く。リコ達はポカーン(笑 一方、タマオの父親…市長の下に訪れていたミサは、市長へ神浜自然公園で野生動物の目撃と被害の件を報告した秘書の話に、自分達が動く事を強引に許可を取り付ける(市長へひと睨みで(笑
 神浜自然公園…そういえば、“神浜樹海”という広大な森林もあるんだよね(滝汗 そうした場所を歩くリコ達の周囲には、徐々に霧が出てきた為、タマオは自身の高性能な携帯端末機器の地図を用いながらの移動をリコ達に呼び掛ける。また森の中に入った時から、動物達の気配を感じないという事で、『キルミン』を用いれば何かを感じられる筈だと結論付け、使用をしてみるものの、やはり動物達の気配を感じる事は出来ないリコ達。そして、森の奥へと入ると工事中で立ち入り禁止の看板と仕切りのテープを発見。これにタマオは、父親から工事の話は聞いていないという。…で、昼食(コラコラ あ、立ち入り禁止のテープを潜ろうとした矢先、リコのお腹が鳴った為…ね。
 キャラの尺度が妙ちくりんです!(笑 『キルミン』を用いたリコ達…というか特にケンね。身体の大きさにバラつきが多過ぎて噴く。物語の序盤にもこうしたシーンは多々ありましたが、最近の回では割と抑えられていたのに、何故にまた今回では妙な差異が顕著になっちゃったのだろう(苦笑 ま、兎も角、昼食を挟みながら、“宇宙人の定義”だのを会話のリコ達。ケンが『グレイ』(宇宙人)を説明する際、自分のネズミ型のフードの目の上に、半分に切ったコロッケを被せて「こんなのだ」と説明していて噴いた。分かる人には、「あ~、ソックリだ」と納得できるのだが、リコは『コロッケ星人?』と突っ込んだ為、今度はちゃんと地面に絵を書いて説明(笑 ケンは嬉々として『グレイ』…宇宙人との出会いにロマンを馳せる。タマオやリムも、“アブダクション”(誘拐)を知っているのは中々に通だよなぁ(苦笑
 一方、カノン達の目的は『動物達の保護』。ケン宅の精肉店前にリムジンで乗り付け、カノンは引き連れた『牙組み』の面々に豪勢にコロッケ等を振舞う。そして車中で、野生動物達がこのままでは害獣(外来種)として駆除されてしまう為に、事前に野生動物を安全な場所に送り届ける事が目的だと説明。しかし『牙組み』の面々は、目の前の食べ物に集中して居た為、カノンの激が飛ぶ結果に(笑 まぁ…何時ものノリって事で(ぉ

 リム、久々に“裏人格”覚醒す(笑 昼食を終えて調査を再開したリコ達だが、ふとタマオの計端末機器のGPS機能が停止し、更には手持ちのコンパスも磁場の影響で狂い始める。これに帰り道が分からなくなったら・遭難したらと不安がるリム。すぐにナギサの事も思い出して、引き返そうと提案するリコだが、ケンはそんなリコ達を“負け犬”と批難した為、『売り言葉に買い言葉』のリコは猛反論。と、そこでリムの耳に、複数の動物達の声が聞え、そこで途端にリムは『スクープの匂い!!』と豪語し、例の“ジャーナリスト魂”に火が付いたのか、今までの脅えた様子とは打って変わって、動物達の声がする場所までリコ達を差し置き、それこそ脱兎の如く走り行くので~あった。うん、面白い(笑
 さて、動物達の声を頼りに、その場所を目指して森の中を走るリム、そしてそれを追うリコ達。目的地付近の少々開けた場所に出たリコ達は、そこで木々の隙間からにょろにょろと蠢く触手状の物体を発見し、リコは自分が見た発光物体だと断言。その触手の先には、オレンジ色の発光物体が付いており、リコ達は驚く間も無く足早に先を目指し始める。またこの触手を目にしたタマオは、科学的興味本位から説明が付き難いと愕然とするのであった。

■Bパート

※クリックをすると別窓拡大。

 宇宙船(?)現る(笑 リコ達が目撃した触手の大元に辿り着くと、そこには大きな宇宙船と思しき“建造物”があり、触手はその宇宙船上部から伸びていた物である事が判明。その触手は、周囲に居た動物達を、片っ端から捕獲して船内へと運ぶ。こうした様子に、言葉も出ないリコ達。と、その時、『牙組み』の面々が動物に変身をして、森の動物達を一定の場所へ誘導。まぁ、牧羊犬の羊を移動させるあの方法と同じですね。また神浜自然公園で以前のお話で知り合った子供のアライグマを説得する新井の姿。
 リム「二人共、もし私やリコが浚われそうになっても逃げちゃうの!?」。いやいや、自分…人間を引き合いに出すのは野暮ってものですぜ、リムさん(笑 今、浚われているのは野生動物であり、人間ではありませんから~って、かなり冷たく差別的な言い方をしていますが、その辺りの分別は大事ってお話で…子供心に相応しい“優しい気持ち”ではあるのですけどね(汗笑 え~、余りの状況のヤバさに、慌てて引き返そうと提案するケンと同意するタマオ。そんな二人に、リムは真剣な表情で先の台詞を口にし、これにタマオは「そういう事は絶対にしない!」と断言。これが切欠となり、リコ達は宇宙船に対して動物達の奪還作戦を決行に移すのであった。

 宇宙船はカノン達が動物達を退避させる為の単なる隔離シェルターだった!?(爆と、リコ達の作戦は――まずはリコが、宇宙船から伸びていた猫じゃらしの上に立って陽動役となり、その隙にケンは自分の仲間であるネズミ達を救出。と、そこにカノンが飛来し、『牙組み』の働き具合を視察。だが、そこにリコ達が居る事に気付き、自分達の邪魔をしていると憤慨する。また、猫じゃらしにじゃれていた猫科の地井(チーター)と獅子山(ライオン)。何と獅子山が他の動物達同様に宇宙船内部へと捕まってしまう(汗笑 色々とやっている内に、“アニマルモード”で猫化したリコ、そしてケンが『牙組み』の桐野(キリン)と樺谷(カバ)に追い掛けられ、しかし『窮鼠猫を咬む』と攻勢に出るケン。しかし桐野に噛み付いたは良いが、振り回された挙句空中へと放り出されたケンを、リコと様子を見ていたカノンが気付き、助けに入るものの、空中で激突し、勝負はリコに軍配が挙がる(マテ リコはカノンの存在に気付かず(笑
 リム、ピーンチ!という事で、リムは半田(パンダ)に追い掛けられていた為、タマオが手持ちのバッグを投げ付ける事で窮地を救う。そして、宇宙船だと思っているリムは、捕まれていたアライグマを解放しようと、マジックハンド的触手に飛びつくものの、逆に触手の反撃に合い、あらぬ方向へと飛ばされてしまう。タマオは、飛ばされてしまったリムの元へ。一方、待ち合わせ場所にリコ達が居なかった為、森の中へとリコ達を探しに来たナギサは、使用が無しにと『キルミン』を用い、リコ達の匂いを追いながら追跡開始。

 タマオ、遂に『キルミン』発動か!?――と、思ったのだけれど…。遠方へと飛ばされたリムは、何故か円形状の崖に寄りかかったような木の枝に必死にしがみ付いており、その様子に危機感を覚えるタマオ。そして、ポッキリとリムが捕まっていた枝が折れてしまった事で、タマオは形振りかまわず、リムへ向けて跳躍し、「キルミン!」と一声。すると今まで無反応だったタマオのニワトリ型『キルミン』が輝き出し、リム目掛けて落下するタマオを球状の光が包み込む。
 タマオ、卵になっちゃった!?(ドーン なん…だと…?(滝汗 これは正直、予想外!え~、落下したリムだが、行き着いた先には大量の水が溜まっており、リムと光に包まれたタマオは入水。で。ふつーに泳ぐリムは、タマオが水中で一際輝いた後、“小さな卵”になってしまった事を目撃し、慌ててタマオ(卵)を両手に抱いて水面へ急ぐのであった。
 卵になってしまったタマオを手に、リムは宇宙船を見下ろせる高台で身を隠すリコとケンと合流し、タマオの件を慌しく説明する。しかし冗談としか受け取らないリコ達。と、そのリコ達の隙を突き、宇宙船から伸びてきたマジックハンド的触手がリコ達を捕獲し、宇宙船内へと放り込む。こうした一連の様子を見ていたカノンは、『牙組み』に現場で待機するものとミサにトラブルがあったと告げるように指示し、カノン自身も宇宙船の中へと飛び込んで行く。また以前、御子神家に“一宿一飯のご恩”のある新井は、何とかして御子神家に報せなければと思案するのであった。
 一方、ナギサはというと、匂いを辿っていた末に、宇宙船を見事に発見し、またその中にリコ達が居る事も察する。そうした上で、色々と迷うナギサだが、すぐに宇宙船内への侵入を決意して、開いていた穴へとダイブ(というか滑って入っていった(笑 さてさて、ナギサの悲鳴が轟く中、やはり気になるのは、『キルミン』を使用したら卵になっちゃった!!なタマオの安否ですが…さてどうなる!?(マテ

ん~…。ふと思ったのだけど――。
タマオの『キルミン』って空中で使用しないと駄目なのでは。
しかも十分な高度が無いと駄目とか(ぉ ほら、リコ達のモデルって全部が陸生の動物ですから。ニワトリ型だけど鳥類な訳ですしね。


■エンディングテーマ曲 『Chuai Mad Noi』 歌:Neko Jump


『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』の粗筋レビュー関連記事は下記リンクから宜しければどうぞ。
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第24話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第23話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第22話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第21話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第20話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第19話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第18話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第17話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第16話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第15話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第14話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第13話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第12話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第11話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第10話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第9話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第8話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第7話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第6話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第5話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第4話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第3話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第2話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第1話


その他、あにゃまる探偵 キルミンずぅの感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
あにゃまる探偵 キルミンずぅ


アニメ 『あにゃまる探偵キルミンずぅ』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
StarChild:あにゃまる探偵 キルミンずぅ


 次回は、第26話 『宇宙探偵キルミンずぅ!?』です。

   /)  /)
  /  ⌒  ヽ
  | ☣ฺ_ ☣ฺ  |/\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (〇 ~  〇 | / < アニメ 『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』 ご期待下さい。
 /       |く    \_________________
 |     |_/ |/

アニメブログ 人気BlogRanking丹下桜さん、万歳ッ! 宜しければポチッとお願いします~。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/72-ba3eb457

あにゃまる探偵 ファイル11UFO出没と神浜自然公園の野生動物本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓http://yasu92349.at.webry.info/201...
ついに「キルミンずぅ」がSF作品に!?
[2010/04/07 23:34] 記憶のかけら*Next
※ネタバレ注意 リコが見た不思議な光の謎を解明しようと神浜自然公園にくりだしたキルミンズのメンバー。
リコが夜中に怪しげな光を目撃しました。それはUFOではないかと考えたリコたちは、正体を突き止めるために神浜自然公園まで出かけたので...
[2010/04/07 00:50] 日々の記録
カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。