VPS

君に届け 第22話 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > 君に届け 第22話ホーム > 君に届け > 君に届け 第22話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

君に届け 第22話

第22話 『クリスマス』


ストーリーは…。
  期末テストが終わり終業式を待つだけとなった12月のある日、風早がクリスマスイブに“彼氏・彼女いないヤツ”で集まって、クリスマス会をやろうと提案する。龍やジョーの男子メンバーの他にも、千鶴やあやねたちも参加をすることに。しかし、毎年、家で両親とクリスマスを過ごすことになっている爽子は、行きたい思いはあるものの風早に参加するとはっきりと約束ができないでいた。

 そんな爽子はクリスマスプレゼントとして、千鶴にはエプロン、あやねにはコースター、そして、両親にはそれぞれ腹巻とスリッパを手作りしていた。風早にも何かあげたいと思った爽子は、渡せる自信はないものの帽子を編み始めた。その時、ちょうど父親が帰ってきたので、意を決してクリスマス会に参加してもいいか聞いてみようとしたが、父親はクリスマスイブの家族団らんを何より楽しみにしており、爽子はクリスマス会のことを切り出せない。爽子の不参加を知った千鶴とあやねはもちろん、風早も動揺を隠しながら、残念がった。

 イブの日、黒沼家では、家族3人の食事が始まった。爽子の部屋にあった帽子が自分へのプレゼントだとカン違いした父親は、勝手に帽子をかぶり、涙ぐんで感動する。爽子は、それを風早に渡せないより、父親に使ってもらえるほうがいい、と自らを納得させざるをえなかった。

 イブの食事が進む中、爽子あてにあやねたちから電話が入る。あやねが「クリスマスプレゼントあげるね」と言うと、電話口に風早が出た。だが、風早の声を聞いた爽子は、嬉し涙を流しながらも話すことが出来ない。この様子を見て状況を察した母親は、爽子と電話を代わって風早と話し始めた。相手が母親に代わったと知った風早は、爽子が来てくれたらクリスマス会がもっと楽しくなる、と素直に告げた。

 きっかけが出来た爽子は父親に‘みんなの所に行きたい’と思い切ってお願いした。そんな爽子に父親は、遅くなったら連絡するようにと、携帯電話をプレゼントして――。


12月半ばのお話。終業式も間近な頃合、爽子が登校していると、背後から元気良く朝の挨拶の声掛けをする千鶴の姿。
その笑顔は、先の“失恋”を乗り越えた清々しい笑顔。爽子は、これに満面の笑顔で応えるので~あった。
爽子達が教室へ向う最中、同じく教室へ向う龍の後姿。その背中には、千鶴がプレゼントした“ミット袋”があり、笑顔で龍を茶化す千鶴。
爽子「(良かった…。)」
龍を満面の笑顔にて肘で小突きながら教室へ向う千鶴の姿を目にしながら、爽子は心中で先の台詞を口にして安堵するのであった。


休み時間。あやねと共にトイレで千鶴の件を会話する爽子。あやねは、千鶴自身の問題が綺麗に払拭されて良かったと言う。爽子も賛同。
あやね「テストも終わったし、良かった×2」
千鶴「良くない!!」

終業式間近、また期末考査も終え、答案用紙が生徒達へ返却。千鶴の問題解決に先の台詞のあやねだが、相反して千鶴の先の台詞。
千鶴の言葉の意味は、先に書いた通り『期末考査の結果』である(笑 答案用紙に『ミジンコ』『フビライ』『ザビエル』の文字が(滝汗
千鶴は、何時も通り(?)自分専用の『爽子ノート』を用意してくれていたにも関わらず、補習を受けなければならないと自責と自虐。
風早「補習って、クリスマス前に終わるんじゃなかったっけ?」
千鶴「『クリスマス』?あぁ、あの恋人同士がやたら愛を語らうチャラチャラした行事ね...」
あやね「こんな祭り好きな子が、やさぐれて…」

ちなみに龍は補習しないレベルの点数を取ったらしく千鶴は愚痴(笑 またそこに風早が先の台詞と千鶴に声を掛けての一連の会話。
千鶴「美味い物!?」
風早は、クリスマスの日に.『クリスマスパーティー』を計画中と言う過程で、「美味い物」という単語に千鶴は先の台詞と過剰反応(笑
また風早の言葉に惹かれたのは千鶴だけではなく、「皆で」という単語に反応した爽子も、慣れないパーティに内心で『お呼ばれ』を期待。


上記『クリスマスパーティー』風景のキャプ画は…。
※注:爽子の想像です(笑
クラスメイトで開く『クリスマスパーティ』を想像する爽子は、風早の姿を思い浮かべた所で思考一時停止と、風早に参加資格を尋ねる(笑
千鶴「あ~、今年はやのちんも暇だしねぇ~?クリスマス」
あやね「…ど暇だよっ」

爽子の問いに風早は「皆」と返答。また既に参加ムードな千鶴とあやねは、千鶴があやねの肩を抱いて先の台詞と一連の会話(笑
風早「『皆』って言ったらさ、『皆』だよ。黒沼」
爽子「(…『皆』...。)」

千鶴とあやねのショートコント後、風早は重ねてパーティに集まるのは『皆』だと爽子に念押し。爽子もその言葉を心中で反復。


放課後。日直業務を終えた爽子は、風早が『クリスマスパーティ』の出席簿を貼った教室の壁の前に立ち、「行きたい」と心中で吐露。
爽子は、帰宅後に両親に参加許可を取ろうと決心。そこへ突然、風早が教室に現れ、互いに存在に気付き視線を交えて驚く双方。
風早「行かないの?黒沼」
爽子「あ、親に聞いてみてから決めようk―」 風早「行こうよ」

風早は、爽子の背後に出席簿を目にし、真剣な表情で先の台詞。爽子は「両親に許可」と返答するも、風早はそれを遮り強引めに誘う。
爽子「うん!行きたい!!」
「(家族以外でクリスマス。友達とクリスマス。)」

風早の割と強引な誘いに、爽子は折れて先の台詞を口にし、心中で家族以外・友達と共に過すクリスマスだと吐露。笑顔の風早であった。


爽子「(実は…ちづちゃんには『エプロン』。あやねちゃんには『コースター』。)」
「(クリスマスプレゼント作っておいたんだー。お父さんには『腹巻』。お母さんには『スリッパ』。)」

帰宅をした爽子は、自室で既にクリスマス用のプレゼントを作っていたと、それらを目にしながら心中で先の台詞を口にする。
そして、パーティーに言って良いかを両親に聞いてみようと思案の爽子は、またふと風早へのプレゼントは何が良いかと思案すると――。
『手編みのマフラー』着用の風早の姿を想像するが、ふと現実に引き戻される爽子は、恐ろし過ぎる・渡せ無いと急に弱腰思考へ(笑
しかし再度、風早へのプレゼントを思案した爽子は、今度は『手編みのニット帽』を想像し、結果的に編むだけならと作成開始(笑


爽子の父親「サンタさん…今年は奮発するって言ってたぞっ♪」
爽子「じゃ、じゃぁ…ペンタコに優しいシャープペンシルを1つ、宜しくどうぞ...」
爽子の父親「あっはっはっは、お父さんに言ってどうするんだ?爽子。ちゃんと紙に書いて吊るしておかなきゃ~」

うっ(涙(マテ え~、爽子の父親が帰宅をした事で、一階へと降りた爽子はパーティーの件を早速尋ねようとするのであったが…。
爽子の父親は、爽子の言葉を遮って先の台詞を口にした為、両親の気持ちを第一に考える爽子も押し黙り、その問いに答えてしまう。
部屋に既に飾られたクリスマスツリーに、短冊の様に欲しいプレゼントを書いた紙を吊るす爽子は、自分の気持ちを両親に言い出せない。
爽子「(お父さん…めちゃめちゃ楽しみにしてる…。)」
黒沼家のクリスマスは丸一日を掛けて準備するらしく、夕食時、食卓で去年のクリスマスの“思い出”を語り盛り上がる爽子の父親。
この父親の盛り上がりように、爽子は心中で先の台詞を吐露し、益々言い出せない雰囲気倍増。爽子の顔が見事に苦痛を物語って…(笑
爽子の父親「爽子の出産予定日は、本当は24日だったんだよなぁ…」
後片付け時、脳裏で風早や千鶴達を思い出し、勇気を振り絞って両親へ切り出そうとするのだが…ふと爽子の父親が先の台詞を口に。
そこから両親の爽子の出産~成長の思い出話に発展。と、父親が漸く爽子が言い掛けていた件を尋ねるが、「何でもない」と返答の爽子。
爽子「(やっぱり、言えないや…。)」
結局、食卓の場でも両親の“気持ち”を察する爽子は、自室で編み物をしながらかなり残念そうに心中で先の台詞を吐露するのであった。


次の日。千鶴とあやねに『クリスマスパーティ』に参加が出来なくなった旨を伝える爽子。それに残念だという反応の千鶴とあやね。
事情を説明し終えた爽子は、パーティで渡す予定であったプレゼントを千鶴とあやねに手渡すと、共に驚き混じりの感謝の言葉を返す。
そうした騒動の中、風早が興味津々と会話に入ってきた為、ビクッと身を引く爽子。風早に爽子のお手製だと自慢する千鶴達。
良いなぁと微笑みながら羨ましがる風早の横顔を目にした爽子は、「貰ってくれるかな?」と思案し、ふと風早と視線が合い慌ててしまう。
風早は、プレゼントをパーティの時に渡さなくても、と口にすると、千鶴達が爽子は不参加になった旨を告げ、ショックと爽子にも確認。
爽子の返答を表情で理解する風早はクラスメイトに呼ばれて去り、千鶴達は「来年は日にちをずらして~」と爽子を慰めるのであった。


爽子「(また…来年ね...。)」
うん、血涙(マテ またも誰も残っていない教室で、パーティーへの出席簿を目の前にして佇む爽子は、名残惜しく残念だと心中で先の台詞。
この爽子の行動を、教室の廊下側の入り口に背を預ける風早は、爽子の気持ちを察するように思案する。…風早、ストーキング?(マテ


クリスマス・イブ当日。爽子は、風早の為に作った『手編みのニット帽』を完成させ、小棚の部屋の上に置いて、急いで準備とキッチンへ。
この時、爽子は自室のドアを半開きの状態にしたままであった為、爽子の部屋の前を通り掛かった父親が、置いてあったニット帽を目撃。
爽子の父親「爽子~。クリスマスプレゼント、ありがとう♪」
爽子「~ッ!!?(ガーン」

これは㌧だハプニングorz 洗面所を使用し終えた爽子がリビングに戻ると、父親が風早の為に作ったニット帽を被り感激する姿を目撃。
爽子の父親は、悪びれる様子も無く先の台詞を口にし、目尻には涙を浮かべて感謝感激。当然、唖然とする爽子は真っ白状態。
しかし、やはり父親の嬉しそうな様子に、今更「〇〇の為に作った」とは言えない優しい爽子は「良かった」とそれを受け入れるのだった。


爽子「(渡せる訳じゃなかったんだもん…。)」
「(使って貰った方が良いに決まってるよね…。)」
「(こんなに喜んで貰ってるんだもん…。)」

誤って受け取られてしまったにせよ、父親へのプレゼントとなった為、母親にも少し早いプレゼントを手渡す爽子は心中で先の台詞。
家族と共に過すクリスマス・イブの夜も更け、爽子宅に電話が掛かってくる。電話に出た爽子は、電話の相手が千鶴達と知り驚く。
あやね「代わりに『クリスマスプレゼント』、あげるね」
風早「えっ…何?黒沼?若しかして…黒沼?黒沼…でしょ?」

千鶴達から『居ないと寂しい』といった旨の言葉を受け取り、またあやねが『クリスマスプレゼント』と称して電話の相手を風早に変更。
風早の声を聞いた爽子の頬にツーッと一筋…以上の涙が溢れ流れ出る。『行きたい』と思いながらも、風早に答えられない爽子。
風早は電話口から聞える爽子の嗚咽を耳にし、また電話口に出ていた爽子の様子を見ていた両親は「どうしたのか」とと見守り続け…。


爽子の母親「もしもし?爽子の母です。何時もど~も~」
嗚咽が止まらず、風早の呼び掛けに応対出来ない爽子の肩を叩き、挨拶をするからと受話器を取り上げて先の台詞の爽子の母親。
爽子の母親は、電話先の相手が風早…面識のある千鶴達ではない『男性』(異性)であった事が意外だと、軽く笑いながらも会話を続ける。
爽子の父親「爽子。ちょっとこっち来なさい」
その対応に泣きながら母親の上着の袖を引っ張る爽子であったが、その時、リビングに居た父親から先の台詞と声を掛けれる。
一方、風早と会話の母親側。風早は、爽子の母親に「(爽子が)パーティーに来たらもっと楽しくなる」と真摯な言葉遣いで伝える。
爽子「お父さん、私、ちょっとだけ…ちょっとだけ皆のとこ行って良い?」
リビングに居た父親の前で正座する爽子は、目尻に涙を浮かべながら、今まで言えなかった自分の気持ちを先の台詞と口にする。
爽子の父親「開けなさい…。サンタ…あ、いや、父さんからだ。さ…」
その爽子の言葉に応えるが如く、爽子の父親が差し出すプレゼント仕様に包装された箱を爽子へ提示しながら先の台詞を口にする。
父親から促されて箱を開けると、そこには薄桃色の携帯電話。驚く爽子に父親は「もっと早く言いなさい」とパーティー参加許可と送り出す。
爽子の父親(真っ白)「遂にこの日が来たかぁ...」
爽子の母親「こんなものは、まだ1ラウンド目の最初のジャブよっ、お父さんっ!」

爽子が急いで自宅を出た後、リビングでは真っ白な灰になった爽子の父親が先の台詞と妻との一連の会話(笑 う~ん…切ないねぇ。
補足…爽子に携帯電話を渡した父親は、既に携帯電話を充電済みで、遅くなったら電話を掛けるから、と少し動揺しながら伝えていた。


爽子「(間に合わないかな…。それでも行きたい…!)」
クリスマスパーティが開かれているどこぞの店へと夜道を走りながら向う爽子は、心中で少し気掛かりと先の台詞を口にする。
しかし時既に遅く、パーティの1次会は終了し、散り散りの参加者達。千鶴とあやねは、爽子を待っていたのにと残念な表情で夜道を目視。
風早「若しかしてって…思ってた」 爽子「…」
風早「来たっ♪」

漸く爽子が息も絶え絶えとパーティー会場だった店に到着。通りの雰囲気に「間に合わなかった」と思う爽子であったが…。
ふと道の脇で雪に降られ待つ風早の姿を見付けて驚く爽子に、風早は先の台詞を口にして「来てくれた」と満面の笑みを浮かべる。
風早が『自分を待ってくれていた』という事実とその微笑みに、思わず感謝感激とその場で涙を流し始めてしまう爽子であった。
補足…クリスマスパーティが終了したのは1次会で、2次会は時間的に都合が良いクラスメイトだけでカラオケが開かれる様子。


風早「クリスマス会もプレゼント交換も終わったけど」
「これ…黒沼のぶん。意味…無いかもしれないけど」

風早は、爽子の為に用意していたと思しきプレゼントの包みを上着のポケットから引っ張り出し、先の台詞と共に爽子へと差し出す。
それを受け取り包みを開ける爽子の手には、『メタリックに輝く“四葉のクローバー”がトップに付いたチェーンストラップ』があった。
風早の言葉の意味は、『爽子は携帯を持っていない』という認識を踏まえて。しかし先程持つ事になった携帯電話を取り出す爽子。
何たる偶然。爽子は「使い方が分からない」と言うと、風早は微笑み返しながら爽子の携帯を借りてプレゼントしたストラップを付ける。
風早「送信っ」
爽子「(初めての携帯には…一番最初に、風早くんの名前。)」
「(寂しかった事も、間に合わなかった事も…)」

「(小さな奇跡も、ちょっとした手違いも、みんなみんな…メリークリスマス。)」

爽子に携帯を返し終えた後、風早は赤外線通信を利用して、互いの電話番号の遣り取りを完了。またプレゼントのお礼にと爽子が…。
手荷物に入れていたバッグを弄るのだったが、そこでハッ!と気付くも時既に遅し。風早には、父親へのつもりで作った『腹巻』が贈呈(笑
風早は、それを『ネックウォーマー』(首にスッポリと被るタイプの防寒着)と勘違い(汗 慌てて訂正しようとする爽子でありました。
ん~、今回は久々に爽子にお話の主眼が置かれての展開でしたし、またより一層の事、爽子の“優しさ”に触れえた内容で面白かったぁ。



 はい、何時も通りで申し訳御座いません。リアル多忙故、追記更新をさせて頂く予定ですilililiorzililil遅くなりましたが、追記更新完了です。

●宜しければ、『君に届け』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。お気軽にどうぞ。

また当アニメ作品に関係の無いコメント等は発見次第削除を行いますので、その旨、ご了承をお願い致します。


当『君に届け』の粗筋レビュー関連記事は宜しければ下記リンクからどうぞ。
君に届け 第21話
君に届け 第20話
君に届け 第19話
君に届け 第18話
君に届け 第17話
君に届け 第16話 (総集編)
君に届け 第15話
君に届け 第14話
君に届け 第13話
君に届け 第12話
君に届け 第11話
君に届け 第10話
君に届け 第9話
君に届け 第8話
君に届け 第7話
君に届け 第6話
君に届け 第5話
君に届け 第4話
君に届け 第3話
君に届け 第2話
君に届け 第1話


その他、君に届けの感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
君に届け


アニメブログ 人気BlogRanking今期最強のアニメ作品!!(個人的に。 宜しければポチッとお願いします~。

 次回は、第23話 『ふたり』です。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/51-e4ed0ecc

君に届け 第22話「クリスマス」評価:──ちょっとだけ、皆の所行っていい?脚本金春智子絵コンテ...
[2010/03/26 01:16] いーじすの前途洋洋。
『期末テストが終わり終業式を待つだけとなった12月のある日、風早がクリスマスイブに“彼氏・彼女いないヤツ”で集まって、クリスマス会...
[2010/03/15 21:48] Spare Time
君に届け VOL.5 [DVD]クチコミを見る期末テストが終わり終業式を待つだけとなった12月のある日、風早がクリスマスイブに“彼氏・彼女いないヤツ”で集まって、クリスマス会をやろうと提案する。龍やジョーの男子メンバーの他にも、千鶴やあやねたちも参加をすることに...
千鶴の失恋という事件から再び爽子の話に戻るアニメ「君に届け」の第22話。龍に慰めてもらってすっかり元気を取り戻した千鶴。龍もしっか...
[2010/03/15 00:49] ゆる本 blog
君に届け 第22話、「クリスマス」。原作未読です。クラスのクリスマス会。爽子は参加したかったが、父親が自宅でのパーティーを超楽しみ...
2学期もいよいよ終業式を待つだけ------------。千鶴もいつもの通りに戻り、龍との関係も復活したようで、誕生日プレゼントのシューズケースも使ってくれてるようで、それを見た千鶴は龍をつっつき、テレ隠し♪うん。すごくいい感
君に届けですが、時は流れて雪も降るクリスマスですが、黒沼爽子や矢野も大人っぽくなっています。吉田はそう変わりませんが、龍とは仲直りしたようで、赤点もたくさん取ります。爽子は千鶴ちゃん用のノートまで作ったのに全く役に立てなかった謝りまくりますが、風早翔太...
  episode.22「クリスマス」風早の提案で、イブの日にクラスメイトたちでクリスマス会を開くことに。参加したいと思っていた爽子は、友達と過ごす初めてのクリスマスに胸を躍らせるが、毎年、イブを家族3人で過ごすことを楽しみにしている両親になかなか言いだせず、爽...
[2010/03/14 06:29] 日々“是”精進!
送信ッ♪
[2010/03/14 04:33] アニメ好きのケロポ
踏み出した足。
[2010/03/14 00:51] ミナモノカガミ
クラスで彼氏彼女がいない連中でクリスマス会をやることになりそれに参加しようとするも父親がやたらと嬉しそうにしてるために言い出せずに...
[2010/03/13 23:46] 蒼碧白闇
風早君にプレゼントするのを夢見て作った手作りの毛糸の帽子を、親父が爽子からのプレゼントだと勘違いしてかぶっていたシーンは笑った。それまでに積み重ねてきたKYな言動も痛々しく思いながら見ていたんだけど、ここまで来るともう分かってやってるんじゃないかと疑いた...
[2010/03/13 23:19] よう来なさった!
死んだー。今週も死んだー。(←キャパを越えて感動するとこうなります
[2010/03/13 23:15] 妄想詩人の手記
 爽子のお父さんが面白いですね。いろいろと酷かったけど、結局はいいお父さんでした。
[2010/03/13 22:53] つれづれ
【クリスマス】君に届け VOL.1 [DVD]出演:能登麻美子販売元:バップ発売日:2009-12-23おすすめ度:クチコミを見る風早君と初めてのクリスマス♪ 
[2010/03/13 22:49] 桜詩~SAKURAUTA~
君に届け VOL.5 [DVD](2010/04/21)能登麻美子浪川大輔商品詳細を見る爽子はいい家族といい友達に恵まれています。そして、爽子自信もいい子です。そ...
[2010/03/13 13:08] 破滅の闇日記
みんな優しいなあ~(^-^)険悪な雰囲気にならないのがいいよね。これだけクリスマスで家族と友だちの間で揺れる気持ちを描いた作品は初めて見たかも。だいたい(てゆーかほぼ100%?)友だちの方取っちゃうじゃん?クリスマス会に誘われて、クラスの一員として認め
[2010/03/13 08:07] のらりんクロッキー
クリスマス会はサンタとトナカイのコスの集会じゃないからね(^^;爽子のイメージに吹いた(笑)風早の提案のクリスマス会に誘われた...
[2010/03/12 21:21] SERA@らくblog 3.0
君に届け関連商品検索1024 x 768アニメ画像気に入って貰えたらクリックお願いアニメ | 画像 | 美少女 | ダウンロード | 壁紙黒沼爽子 風...
[2010/03/12 20:43] アニメ画像ふぇちまる
カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。