VPS

あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第20話 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第20話ホーム > あにゃまる探偵 キルミンずぅ > あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第20話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第20話

第20話 『恋するウサギと吸血鬼!?』

ストーリーは…。
「桜屋敷」に吸血鬼が現れたという噂を聞いたリコとリムが旧市街の古い屋敷に行ってみるとアキトという不思議で神秘的な雰囲気の少年が住んでいました。
アキトがアニマリアンではないかとカノンもコウモリに変身して向かいますが......。

■オープニングテーマ曲 『Poo』 歌:Neko Jump


■Aパート

※クリックをすると別窓拡大。

 え~、今回のお話はー…リコ達のクラスメイトが、夜中に“恋愛成就”の『おまじない』を行った場所で“吸血鬼”を目撃したという話を聞いた事から始まります。まぁ、その“吸血鬼”の存在有無を確かめるべく、リコ達『神浜キルミンズ』が活動を起すというお話で。“吸血鬼”が出た場所は、街中でも『お化け屋敷』として有名な洋館。またクラスメイトが、“吸血鬼”だと断言する情報によると、初老の男性で黒いマントを羽織り、自分へと振り返った際に口の端から血が滴り落ち、仕舞いには“蝙蝠”になって飛んでいってしまった、というイメージ通りの典型例であった。またこの話を耳に入れたカノンは、自身が“蝙蝠”であるが故に“吸血鬼”の話に興味を抱く。…ん~、それにしても、クラスメイトの“恋愛成就”の『おまじない』の方法が、三日月の夜に猫の尻尾を握って好きな相手の名前を三回口にする、って…(苦笑
 アマデウス!!…というと、某ゴン〇゛の爆死アニメ『〇゛ラ〇゛ノーツ -〇゛・レ〇゛ナンス-』の爺ちゃんキャラに居たな、そんな名前のキャラ(ぉ まぁ、兎も角、リコとリムの二人が、学校を終えた後(?)“吸血鬼”を見たという洋館に赴き、そこでリコが『キルミン』を用いて外壁へと向うと、そこで洋館の庭に放たれていたドーベルマンが現れて吠えられる。ビビッたリコは、その勢いのままリムへと激突。地面に倒れたリムだが、洋館の正面扉から現れた歳の近いナイス☆イケメソの少年キャラに手を差し伸べられる。が、少年が余りのイケメソだった為、リムは思わず照れが相まって赤面しつつ“寡黙キャラ”へと変貌(マテ で、最初に書いた『アマデウス』は、リコに吠え捲くり、飼い主のイケメソ少年に窘められたドーベルマンの名前である…どうでも良いか(ぉ 取り合えず、リムはイケメソ少年から、頭に付けている兎型ブローチを褒められ、自分も兎を飼っている・今度遊びにおいでYo!!と誘われてしまう。この様子を付近の木の陰から見詰め・怪しむリコで~あった。
 一方、クラスメイトの“吸血鬼”の話を耳に入れていたカノンは、母親のミサにその件を報告する。ミサは、もし本物であれば、カノンの婿候補と位置付け・丁重にお迎えするようにと、“吸血鬼”の調査の許可を出す。またミサは、カノンのサポート要員としてパルスを同行させる。

 「大丈夫!?お姫様」「君は兎みたいに可愛いね」…ごめん、噴いた(汗 完全にリム、ようこそ!妄想の世界へ!状態である(何それ。 はい、自宅に帰ったリムは、洋館に住むイケメソ少年のアキトの事で頭が一杯で、アキトが口にした台詞を勝手に先の様に改竄し脳内でエンドレス・リフレイン(ぉ 仕舞いには、ノートにアキトの似顔絵や名前を書き綴る始末。完全に“恋の病”である…“初恋”?でも、『初恋は実らない』というジンクス的格言も存在するんだぜ…(笑 それは兎も角、そのノートをリコに見付かりそうになり、バッと隠してしまった為、ノートを巡って部屋の中で追いかけっこ状態になるのだがー、運良くナギサが部屋を訪れた事によって収拾。この際、ナギサがノートの中身を見て察していましたが言及せずにリムへ返却。その後、リムはナギサの部屋を訪れ、“恋”をした時(好きな人が出来た時)には相手の事を良く考える云々と尋ね、ナギサも脳裏でパルスを思い出しながら、そのリムの問いを肯定する。ん~、リコは子供過ぎてこういうお話にまだ縁が無さそう?
 タマオ、ぶっ壊れる。次の日、リムは学校終了と同時にアキト宅へ訪問。残されたリコ・ケン・タマオは、その話題で会話をするのだったが、タマオはアキトが“吸血鬼”ではないかと勘繰り、脳裏で何故か『キルミン』状態のリムが“吸血鬼”に襲われるシーンを想像して絶叫する(笑

 アキトの両親は世界を股に翔けるピアニスト。アキト宅をお邪魔するリムは、クラスメイトが見たという初老の男性から挨拶を受け、またその隣に立つアキトからも挨拶を受ける。この初老の男性の格好は、“吸血鬼”そのもので口からは“二本の牙”が覗くが…単なるコスプレ趣味?(爆 どうやら初老の男性は、両親不在のアキトの身の回りのお世話をする執事さんっぽいですね。またアキトとの約束通り、兎のヌイグルミを大量に置いた部屋に通され、そこでリムは“ロップイヤー”と思しき兎のショパンをアキトから紹介される。が、リムにはショパンが元気のない様子が気になるが、アキトは周囲に置かれた兎のヌイグルミがあるからそんな筈はないと言うのだが…。
 『九血鬼〇』…え゛~(笑 どう見ても『九皿鬼崎』です、本当にあr(ry 『皿』という漢字に細い木の枝が左斜め下から右斜め上まで絡んで居る事で『血』に見える罠。そして、『崎』の部分太い木の枝に覆われて見えず…(笑 ちなみに、一気に『九皿鬼崎』と呼ぶのではなく、『九皿』『鬼崎』と分けて読む(爆 アキトの苗字は『九皿』であり、初老の男性の苗字が『鬼崎』。…紛らわしい『表札』である(苦笑 そうした表札を目にするリムを気に掛けて洋館を訪れたリコ・ケン・タマオの三人であった。

 アキト宅に居たリムは、執事である鬼崎が作ったという様々な野菜を使ったケーキを振舞われ舌鼓。その時、何処からとも無く見知った声の悲鳴が聞えた為、窓から中庭を覗くとドーベルマン…アマデウスに追い掛けられるケン達の姿が。中庭の騒動を切欠にして、ケン達もリムと同じくケーキを振舞われる事に。ちなみにリコは、“アニマルモード”で猫化をしており、アキトの膝の上。またケンは、今回のお詫びと称して、“ニンニク入り”のコロッケを差し出すものの、“菜食主義者”で肉を使用した料理は食べられない(苦手)というアキトは気まずそうに断りを入れる。が、この様子に確信を得たとばかりに、ケンは無理矢理な「手が滑った」と生のニンニクをアキトへと投擲。しかしそれを、鬼崎が素早く全てをキャッチしてケン達をギロリと睨む(笑
 タマオの眼鏡。ヒビどころか粉々に。夕暮れの頃合となり、アキトに別れを告げたリム達。その帰り道、ケンとタマオ…タマオ先導の下で、アキトが“吸血鬼”に間違いないと断定した為、それを聞いていたリムが今までに無い位のキレかたを見せ、リコとケンはドン引きし、タマオはショックで眼鏡のレンズが単なるヒビではなく、両レンズとも星型・花火型のビヒに破砕するのであった。…タマオ、南無~(苦笑

■Bパート

※クリックをすると別窓拡大。

 さて、タマオがアキトを“吸血鬼”だと決め付けた事で、リムはその疑惑を払拭する為に、単独で夜中のアキト宅に侵入する。当然、『キルミン』使用済み。庭に放たれているドーベルマン…アマデウスは、『肉まん』を囮にして無事通過。が、玄関から入ろうとした時、アキトが扉を開けて庭へやって来た為、リムは急いで物陰に隠れて“アニマルモード”へ姿を変えた――のだったが、見事に野良兎(野兎。だが見た目がファッショナブルな兎なので、飼われている兎だと判断が出来そうなものなのだが…?)と勘違いされたリムはアキトに捕まってしまう。
 またリムの侵入から少々時間が経過した頃合、ケンとタマオはアキト宅を訪れる。タマオは、脳裏で『おまじない』を思い出すが、非科学的なものは信じない――とか言っていたにも拘らず、アキト宅の外壁の上に猫の存在を目にし、更に尻尾を振っている姿を見るや否や、物凄い勢いで猫の尻尾を握る為に跳躍。が、掴んだ尻尾の主は、姉妹として心配になって先に来ていたリコで~あった(苦笑 え~、また遅れて“アニマルモード”で馳せ参じ候…のナギサも合流。タマオは、サポート要員としてアキト宅へ潜入するリコ達に、何時もの通りの“通信機”を手渡すのであった。
 アキト宅へ侵入するリコ達を、アキトが“吸血鬼”であるかを調べる為に訪れたカノンとパルスが目撃。カノンはそのままアキト宅へ侵入を試み、パルスはアキト宅へ侵入を試みているリコ達の足止めをするというのだが…。リコ達は、リムがあげた『肉まん』を食べ終えたアマデウスと遭遇し、ナギサの「わん×2」という本気で吠える気があるのか?という応戦も虚しく、行く手を遮られてしまう。そして、アマデウスがリコ達へと飛びかかろうとしたその時、サッと間に割って入るパルスが動物化をした狼が現れる。狼の出現に驚くリコ達であったが、その隙に無事にアキト宅へと侵入成功のリコ達。またその場を離れる間際、ナギサは狼に見知った匂いを感じ取っていた。

 アキトに捕まったリムは、ペットのショパンと同じケージ(檻)に入れられてしまっていた。そこでリムは、ショパンの様子がおかしい事の理由を、兎目線から体験する事で漸くそれを理解する。その理由とは、ケージ(檻)を囲むヌイグルミの多さ(兎視点からでは不気味に見える)アキトが引き始めたピアノの演奏(耳が良い為に兎には多大なストレス)、であった。またショパンを気に掛けそばに寄ったリムは、ふとそこで例の動物からのシンパシーによる思考イメージみたいなものが脳裏を過る。そこには、嬉しそうに野(庭)を自由に駆け回るショパンの姿。恐らく、先の理由に付け加え、ゲージの中で常時飼われている事も、ショパンの大きなストレスとなっている様子。これにリムは、どうにかしてゲージからの脱出を試み、ゲージを思い切りキック!音に気付いたアキトが、ゲージの入り口を開けて覗き込んだ隙を突き、リムは出口を探して洋館内を走り回る。
 「『キルミン』深度、第二(ry」…リムもキター!!という事で、出口を探して洋館内を走り回っていたリムだが、袋小路の部屋へと行き当たってしまう。そこで、追い付いてきたアキトが部屋の明かりを付けた為、慌ててテーブルの脚元へと逃げ込んでしまう。見付かってしまうかと思われたその時、リムの『キルミン』のAIが先の台詞を口にする。アキトは、リムが居るテーブルの脚を覗くが、そこにはリムは居なかった為、別の部屋を探しに行ってしまう。してリムはというと、何とまだテーブルの脚に蹲る形で居たのであった。リコ・ナギサと同じく、『キルミン』のバージョンアップでリムは、何時もの“白兎”ではなく、恐らくは~“ジャージーウーリー”かな?…に変身しており、テーブルの脚下に敷いてあるカーペットの毛色とリムの体毛色が似て居た為、擬態効果を生んで見事にアキトをやり過ごす事が出来た様子。…まぁ、実物は可愛いが、アニメだから仕様が無いのだろうけどリムの“ジャージーウーリー”は…割と不細工(コラコラ
 『“アニマルモード”(完全変身)をした場合、99分以内に元に戻らなければならない』という『キルミン三原則』という設定がありましたが、その理由が少々判明したみたい?アキトの手から逃れたリムですが、ふと『自分が今どのような状況に於かれているのか』という事を忘れてしまった様子。恐らく、リムが“アニマルモード”を行ってから、制限時間の99分が近付いていた為のものだと考えられる為、やはり人間としての自我(思考諸々)が動物のそれに徐々に融合してしまう、といった可能性が出てきましたね。っていうか、こういう描写が無くても、おいそれと考え浮かぶ事柄ではありますけど(苦笑 そんなこんなで、出口を探している筈が何をしているのか忘れてしまったリムは在らぬ方向へ。

 “若年性健忘症”に陥ったリム(コラコラ ――は、冗談として、目的を見失い館の中を彷徨うリムを発見したリコ達。が、リムはリコ達の姿を目にすると逃げようとする。しかしナギサが捕まえた事でリムは無事に救出。また、アキトがリムを探しに行った際、ゲージの扉を開けたままにして居た為、ショパンがゲージを出て洋館の外に出てしまう。アキト宅の外で待機のタマオは、ふと中庭で小さな兎をアマデウスが追う姿を目にし、それをリムだと勘違いして中庭へ乗り込む。が、その小さな兎はショパンであった(アマデウスと仲良く眠る)。それに安堵するタマオに、背後にドラキュラ衣装に身を包み、手にはトマトジュースの入ったグラスを持った鬼崎が声を掛ける。驚いたタマオの絶叫が周囲に木霊する(笑
 さて、“吸血鬼”を探してアキト宅へと侵入のカノンは、アキトを発見した為に動物⇒人間へと変身をしてみせ、それを見たアキトがノーリアクションであった為、“アニマリアン”で間違いないと声を掛けるのだったが…バタンッ!と床へとぶっ倒れるアキト(笑 カノンは、“アニマリアン”ではないと早々に結論付けると、アキト宅から退散をする。

 次の日~。リコ宅の『神浜キルミンズ』の事務所で、“吸血鬼”の正体=鬼崎だったとリコ達に伝えるタマオ。口から垂れていたものは、当然、トマトジュース(鬼崎は野菜が好きな為…え゛ぇ...)。ぶっちゃけ、何故に“吸血鬼”のファッションで過していたのか、という疑問は回収されません(紛らわしい) またリムのバージョンアップの変身の件、99分以内に~という内容もちょいと会話。リムは、“ジャージーウーリー”に変身をしていた頃の記憶は曖昧だそうで、リコ達から逃げようとした件も『そうしなければならない』と思ってしまっての行動だったという。まぁ、取り合えず、タマオは全員に『“アニマルモード”からは99分以内に元に戻る~』の件の注意を促すのであった。
 リム、突然のアキトとのお別れ。リコ達の集会後、リムはアキト宅を訪れて、ショパンのストレスからの解放方法(ピアノの音等も)などを教え、アキトもゲージの外に出したショパンの活発な活動の様子に納得。またその際、アキトが「イギリスの家には、ここよりもっと広い~」という言葉を口にした為、呆然とするリムだが…。何とアキトは、両親の居るイギリスへ引っ越す(元々日本が定住の場ではなかった)事になってしまう。アキト宅の前で別れの会話を交わすリムは、アキトへの好意を口にしようとするものの、それを言い出せず仕舞いと見送る。去って行く車が見えなくなっても、手を振り続けるリムの目からは一筋の涙が流れ、それを拭うとまた手を振り続けるので~あった。ん~、正直、涙を拭う際にリムの瓶底眼鏡が取れて素顔が見れるかな~、と期待した私が居たが上手く腕と上着のジャケットで誤魔化されて残念賞orz

■エンディングテーマ曲 『Chuai Mad Noi』 歌:Neko Jump


『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』の粗筋レビュー関連記事は下記リンクから宜しければどうぞ。
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第19話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第18話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第17話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第16話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第15話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第14話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第13話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第12話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第11話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第10話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第9話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第8話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第7話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第6話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第5話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第4話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第3話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第2話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第1話


その他、あにゃまる探偵 キルミンずぅの感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
あにゃまる探偵 キルミンずぅ


アニメ 『あにゃまる探偵キルミンずぅ』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
StarChild:あにゃまる探偵 キルミンずぅ


 次回は、第21話 『湯煙の向こうに猫又の影!?』です。

   /)  /)
  /  ⌒  ヽ
  | ☣ฺ_ ☣ฺ  |/\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (〇 ~  〇 | / < アニメ 『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』 ご期待下さい。
 /       |く    \_________________
 |     |_/ |/

アニメブログ 人気BlogRanking丹下桜さん、万歳ッ! 宜しければポチッとお願いします~。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/41-ca145399

吸血鬼が出るというクラスメイトからの噂で屋敷に足を運んだリコちゃん&リムちゃん。リムちゃんはシルバーヘアをした少年を一目見て赤く染...
リコ&ナギサに続いてリムも新たな変身をする話。リムの初恋という感じ、もうどう見てもアキトにひとめぼれ状態で可愛かったです(笑)。なお、1週遅れの感想につき、簡易気味かもしれませんが失礼します。お化け屋敷に吸血鬼騒ぎは確かに面白そうな噂でしょうか...
[2010/03/04 07:35] パズライズ日記
街で噂のヴァンパイアを調査するため、探偵団出動です。
[2010/03/03 23:10] LUNE BLOG
・・・・な、何者???
[2010/03/03 22:24] 記憶のかけら*Next
リコたちが家族で、温泉旅行へと出かけるお話でした。リコたちは家族みんなで、山奥の温泉旅館へとやって来ました。しかし、旅館では次から次におかしな動物の姿を見かけるのでした。...
[2010/03/03 22:12] 日々の記録
※ネタバレ注意「桜屋敷」に吸血鬼が現れたという噂を聞いたリコとリムが旧市街の古い屋敷に行ってみるとアキトという不思議で神秘的...
カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。