VPS

君に届け 第20話 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > 君に届け 第20話ホーム > 君に届け > 君に届け 第20話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

君に届け 第20話

第20話 『プレゼント』


ストーリーは…。
 徹が婚約者・はるかを連れて帰った日の夜、誕生日プレゼントを持って龍のところに行った千鶴は、徹が来ることを隠そうとした龍の気遣いに腹を立てた。これに対し龍は、気など遣っておらず、こうなってホッとしている、これで千鶴が徹をあきらめられるから、と告げる。徹との恋が上手くいくことを心底願っていた千鶴は、龍の胸の内も知らず、叶わぬ恋だと思われバカにされたと思って怒りまくる。そして、持ってきたプレゼントを龍に投げつけ帰ってしまった。

 翌朝、通学路で顔を合わせた爽子とあやねの表情は暗かった。千鶴を慰めることも励ますことも出来なかった2人は、自分たちの無力さを噛みしめる。何もできなかったと無力さを感じ爽子の目からは涙がこぼれ落ちる。話を聞いた風早は、悩んでくれる人がいるだけで、千鶴にとっては心強いはずだと2人を元気付けた。

 教室で爽子とあやねが会った千鶴は、笑顔を見せるほど明るかった。だが爽子らは、その日千鶴と龍がひと言も話をしていないことが気にかかる。2人の心配は昼休みになって現実となった。パンを買って教室に戻る途中の千鶴に話しかける龍。とうとう2人はケンカを始めたのだ。

 龍に対し、徹への思いが本物だったと告げ、でも昨夜は気まずく思いつつも勇気を出して龍にプレゼントを渡すために家まで行ったのに・・・、と怒る千鶴。持っていたパンを龍に投げつけた千鶴は、そのまま廊下を駆けていった。龍は、誕生日プレゼントの礼を言う間もなく、その場に立ち尽くした。

 走ってきた千鶴を前に、2人のケンカを見ていた爽子の目から我慢できずまた涙がこぼれ落ちた。それが引き金になって、じっと泣くのを堪えていた千鶴は、セキを切ったように大泣き。千鶴は、昨夜の出来事と想いの全てを、爽子とあやねに打ち明けた。


前回の千鶴発案のあやねの『慰め会』から唐突な千鶴の“失恋”となった日の翌日。爽子は休日の日課の早朝散歩…ランニングを行う。
その最中にあっても、脳裏に過るのは千鶴の事であり、自宅に到着しても自分達と別れた後(徹に)会いに行けたのかな?と思案。
一方、真田家では、父親と龍が北海道に戻る事になった徹とはるかを見送る。徹は、里帰り初日以外、千鶴に会えなかったと口に。
徹は、また正月に帰省するという事と今度は千鶴も顔を出すようにと、全く悪気はない無邪気な笑顔で龍に伝えて帰って行くのであった。


その日の夜。千鶴は、“失恋”の痛手もあってか自室のベッドの上でクッションを抱えて思案。視線の先には龍への『誕生日プレゼント』が。
『思い立ったが吉日』…と思ったのかは知らないが(マテ、千鶴は意を決した表情で龍へのプレゼントをバッグに入れて自宅を後にする。
龍の自宅までやって来た時、ランニングを終えた(?)のか、はたまた千鶴を待っていたのか、玄関先に龍が立っており、千鶴を出迎える。


走って来た為、息を荒くしている千鶴に、龍は徹が帰った事と伝言の件を伝える。千鶴は、それを知っていると少々の怒声で返答。
龍「俺は…漸くこうなって、ホッとしてる」
「これで…千鶴がにーちゃんを諦められるから」

続けて、気を使って徹の帰省の件を言わなかったと言うと、龍は「気は使ってない」と返答し、言わなきゃ良いのに先の台詞を口にする。
しかし…だ。この龍の言葉には、直接的な意味を避けてはいるものの、『自分にもチャンスが来たから』という意味が多分に含有(笑
龍の言葉は酷い言い方に思えますが、“失恋”の痛手が無ければ、千鶴は龍がそういう事を安易に言う人間ではない、と判断出来た?
千鶴「龍のアホ!バカ!野球馬鹿野郎ッ!!」
ちょいと脱線しましたが、ショックの大きい千鶴にとって、龍の言葉は傷を抉るだけであり、千鶴はプレゼントを入れたバッグを龍へ投擲。
先の台詞を目尻に涙を浮かべた千鶴は口にして、脱兎の如く走ってその場を後にする。残された龍は、足元に落ちたバッグを拾い上げる。
その際、中身が零れて『龍へ』と書かれた包みを目にし、また『野球馬鹿野郎』と印字された“ミット入れの袋”を目にし、無言と思案の龍。


っていうか…キャプ画上段の爽子…。
怖ッ!!(笑
どう見てもヤンk(ry まぁ、思いッ糞に笑わせて貰ったシーンですけどね(笑 何気に気の抜けた能登さんの「ほはよ~」ってのがミソ(ぉ
次の日、登校の爽子は千鶴の件で一杯一杯と溜息が漏れ、自身の友人への助力不可という無力さを噛み締る。
ん~、『溜息は吐く毎に幸せが逃げる』という言葉があってだな。そんな感じで、学校の玄関…靴箱であやねと出会う爽子。
あやねも爽子と同じく、休日は千鶴の件で一杯一杯だった様子で、“失恋”をした直後の千鶴宅でのフォロー失敗(追い討ち)を後悔。
あやね「消えて無くなりたい...」
以上、自分の千鶴に対する“追い討ち”に後悔の念で一杯のあやねの真っ白な灰になった際の一言でしたっと。爽子はあやねをフォロー。
と、そんな二人に「何してんの?」と声を掛ける風早が現れ、あやねは「無力さを噛み締めて~」とボソリと返答。風早ドン引き(マテ


朝のホームルーム前、爽子・風早・あやねの三人は、屋上の入り口手前の踊り場の壁に寄りかかって座り、千鶴の件で少々会話。
あやねは、風早も千鶴の“想い人”を知っていたのかと尋ね、それを龍の“幼馴染”の立場として知っていたという。
千鶴の感情は分かり易いと理解をしているというあやねは、それでも今の千鶴の感情乃至心情が良く分からないと口にする。
これに爽子は、『慰め会』の別れ際の千鶴の笑顔を思い出し、無理している事だけは分かるのに…とまたも無力さを認識して泣き出す。
そうした二人のダウナーな雰囲気を見た風早は、「大丈夫か…?」と思ってしまうものの、千鶴は爽子達が居るから大丈夫だと口にする。
風早「そうやって自分の事で悩んでくれる人が居るのは…」
「俺が吉田なら心強いけど…何も言えないなら、無理して言わなくて良いんじゃないの?」
「そういう“役割”だって、きっとあるよ。吉田も今は、何も言えない状態かもしれないしな」

当然、あやねは風早の言葉に今までの話を聞いてたかと猛反発。が、これにも風早は、妙に説得力のある自論と先の台詞を口にする。
あやねと爽子は、風早の言葉に納得し、その場はお開きに。ちなみに、振られたクラスメイトの時の風早は『役立たず』で終わったそうな(笑


爽子達の会話中、教室では爽子達が来ていなと知る千鶴の姿。また既に席に座る龍と視線が合うも、千鶴は無言で自分の席へ着席。
そこへ風早との会話を終えた爽子とあやねが教室に入り、着席をしていた千鶴に気付く。千鶴は、爽子達に徹と会わなかったと笑顔。
この何時も通りの千鶴の笑顔に、少々戸惑いつつも何時も通りに振舞おうとするあやね。そして、泣きたい気持ちを殺す爽子…顔が(ぁ


あやね「ちづがぶっちゃけてきたら、いっぱい話聞いてあげよーね」
「そんで、いっぱいすねさせてやろーね」

風早も遅れて教室に入り、爽子の席に前に座るあやねから折畳まれた手紙が置かれる。その内容を確認する爽子。先の台詞が内容。
その内容に心の中で頷く爽子は、千鶴が“失恋”の痛手を自分達に話してくれるまで、普段通りの接し方を通すと決心をする。
お昼休みとなり、千鶴は昼食の購買のパンを買いに教室を後に。その際、龍に声を掛けずに通り過ぎる様子を目にする爽子は意外と驚く。
龍は、昼食に大きなオニギリを手にしていたのだが、それをソッと机の上に置くと、教室を出て行った千鶴の後を追う。
こうした一連の様子に、あやねは千鶴と龍が今日は全く会話をしていない・龍が千鶴の後を追った、と気になる様子。爽子も同意見。


千鶴「ハーフ&ハーフとエリザベスとそのチーズのとマヨと」
「ベーグルとメロンパンとナッツとドライフルーツのやつ、下さい!!」

あっはっは。え~、購買部でパンを購入する千鶴。だが、注文と先の台詞を勢い良く購買部のテーブルにお金を叩き付ける…買い過ぎ(笑
大量×2と嬉々として階段を昇る千鶴だが、昇った先の踊り場で龍が待ち伏せており、それを無視して教室へ向おうとする。
が、それを龍が阻止と千鶴の腕を掴んで引き寄せる。その行為に驚く千鶴は、昨日の件の謝罪かと尋ねるも、龍はそれをあっさりと否定。
千鶴「アンタ、ずっとあんな風に思ってたの…?」
「アタシが、望みも無いのに、徹のこと好きだって思ってたのは…」
「早く、“失恋”すれば良いって思ってた!?」

龍「…うん」

アッー!!(マテ 段々ややこしく(苦笑 千鶴は、龍が昨日言った「千鶴がにーちゃんを諦め~」の件を持ち出して先の台詞から一連の会話。
龍の肯定に激怒の千鶴は龍の腕を振り解き、自分の徹への好意は“失恋”の為じゃない・昨日は徹に会いに行ったんじゃないと猛反論。
千鶴の剣幕に周囲の生徒達も喧嘩かと出歯亀するが、そこへ千鶴と龍の動向が気になっていた爽子とあやねが二人の様子を目撃する。


千鶴の徹への“想い”の強さの吐露に、思わず気圧され何かを気付かされる龍。また爽子とあやねも、それに息を呑み見守る。
千鶴「けど、行けないから…もう帰ってる時間に、龍にプレゼント渡しに行ったんじゃん!」
「それを…このクソ馬鹿たれがぁー!!」

おぉぅ(汗 自身が徹の居ない時間帯に龍宅へ行った理由を先の台詞と口にする千鶴だが、最後には行き場のない怒りを残し去ろうとする。
そんな千鶴の背中に向け、龍が口にした言葉とは…「千鶴、パン」orz そこは違うだろ、と突っ込む視聴者の声が聞えてきそうです(笑
かなり間違った龍の声掛けに、千鶴も相応に喧嘩腰に応酬。「くれてやる」「暫く話掛けんな」と言い残して階段を降りて爆走するのだった。
補足…残された龍は、床に散らばったパンを拾い上げ、「(『誕生日プレゼント』の)礼くらい言わせろよ」とボソリ。その前に…なぁ(遠い目


爽子「も゛、も゛う駄目だぁ…」
ぉぅぃぇ!(マテ 爽子の余りにも酷い涙顔に噴いたのは私だけではない筈(笑 え~、龍の下から去った千鶴に追い付く爽子達。
千鶴は気丈に振舞おうとするも、ここで遂に爽子の感情やら涙腺やらが一斉崩壊し、先の台詞と共に険しい顔をしながら号泣。
千鶴「ムカつく!龍がムカつく!!」
涙を流す爽子に端を発し、貰い泣き…ではないが釣られる形で、何と千鶴が今まで押し込めていたものが堰を切ったかの様に大号泣。
思い切り泣きつつ先の台詞から、“失恋”に関した龍の一連の態度への不満を口にし始める。これに驚く爽子とあやね。
そうした千鶴の嗚咽しながらの言葉を、千鶴を追った過程の廊下に出る曲がり角付近で耳にした龍はソッとその場を離れて行くのだった。


爽子&あやね「「す、拗ねた…!」」
あやね「ちづが拗ねた…!」 爽子「うん!」

千鶴は、龍への怒りの言葉だけではなく、自分の龍への態度…『誕生日プレゼント』を龍に投げ付けた行為を後悔していると吐露。
ここで漸く爽子とあやねは先の台詞を口にし、意図が読めずに呆然とする千鶴に、改めて自分達を頼った愚痴を言え・龍は酷いと賛同。
あやね「ちづは、良く頑張った!」 爽子「うん!」
爽子、相槌しか売ってない(笑 あやねの千鶴とは違った姉御肌が魅力(笑 しかし…『痛みに耐えて、良く頑張った!』を思いd(ry
そして、先の台詞を千鶴に掛けるあやねと爽子。この言葉により、今までの“失恋”の痛手が柔らかく払拭されたのか、千鶴は二人を抱擁。
感謝感激と二人を抱き締める千鶴を、あやねはよしよしと宥め、爽子はその驚きと嬉しさ交じりに抱き締め続けられるので~あった。


千鶴「爽子に釣られて泣いたら、少しスッキリした」
下校時間の夕暮れ時、爽子・千鶴・あやねの三人は帰宅の途…ではないのだが、その途中、千鶴がふと爽子達に向き直り先の台詞。
続けて千鶴は、ストレス発散と昼食を食べられなかった事が重なり、ケーキ食い放題に行こうと爽子達を急かすので~あった。
補足…自分だけ役に立てなかったと思っていた爽子は、先の千鶴の言葉に意外な所で役に立てていた事を知って嬉しかった様子。
夜も更けた頃合、龍宅の龍の部屋の床には、千鶴が昼食として購入をし、自分にやると言った大量のパンが置かれて居たのだが…。
龍「あのさ…パン一杯あんだけど、食わない?」 徹「はい?」
龍「千鶴に貰ったパン…」
龍は、徹に電話を掛け、挨拶もなしに先の台詞を口にする。当然、徹はイキナリの誘いに呆然(笑 さて、迷走する龍の心は何処へ?


●宜しければ、『君に届け』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。お気軽にどうぞ。

また当アニメ作品に関係の無いコメント等は発見次第削除を行いますので、その旨、ご了承をお願い致します。


当『君に届け』の粗筋レビュー関連記事は宜しければ下記リンクからどうぞ。
君に届け 第19話
君に届け 第18話
君に届け 第17話
君に届け 第16話 (総集編)
君に届け 第15話
君に届け 第14話
君に届け 第13話
君に届け 第12話
君に届け 第11話
君に届け 第10話
君に届け 第9話
君に届け 第8話
君に届け 第7話
君に届け 第6話
君に届け 第5話
君に届け 第4話
君に届け 第3話
君に届け 第2話
君に届け 第1話


その他、君に届けの感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
君に届け


アニメブログ 人気BlogRanking今期最強のアニメ作品!!(個人的に。 宜しければポチッとお願いします~。

 次回は、第21話 『初雪』です。

さてさて、既に結果自体は見えているものの、千鶴は自分自身の“恋”の行く末にどう結論を出すのでしょうか。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/40-71382160

君に届け VOL.4 [DVD](2010/03/26)能登麻美子浪川大輔商品詳細を見る龍が素直に「俺はようやくこうなってホッとしている」と心情を吐いちゃったもの...
[2010/03/02 23:26] 破滅の闇日記
君に届け 第20話、「プレゼント」。原作未読です。失恋した千鶴との接し方。爽子と矢野ちんは無力さに悩み自分を責めるが、風早くんの言...
君に届け VOL.4 [DVD]クチコミを見る徹が婚約者・はるかを連れて帰った日の夜、誕生日プレゼントを持って龍のところに行った千鶴は、徹が来ることを隠そうとした龍の気遣いに腹を立てた。これに対し龍は、気など遣っておらず、こうなってホッとしている、これで千鶴が徹...
顔、合わせ辛い----------------。結局千鶴は徹に会いに来れないまま帰ってしまったよう。それでもやっぱり気になった千鶴は龍へのプレゼントを持って家を訪ねる。その間、徹は婚約者・はるかを連れて帰ってし
君に届け関連商品検索1024 x 768アニメ画像気に入って貰えたらクリックお願い君に届け オリジナル・サウンドトラック(2010/01/27)S.E.N.S. Proj...
[2010/02/28 17:53] アニメ画像ふぇちまる
すんなりいかなかったー!!龍の本音のほうに焦点がいくとは(ノ゚ο゚)ノ龍は千鶴に自分の気持ちを言ってないし、千鶴は龍が自分のこと好きだって気づいてない。恋愛に関しては二人ともすごく純粋な半面すごく不器用で。…土手で千鶴の頭なでなでしてる龍のシ...
[2010/02/27 21:27] のらりんクロッキー
『徹が婚約者・はるかを連れて帰った日の夜、誕生日プレゼントを持って龍のところに行った千鶴は、徹が来ることを隠そうとした龍の気遣いに...
[2010/02/27 21:07] Spare Time
何で龍はそんなこと言っちゃうかな…。徹に婚約者がいたって分かって、これで徹をあきらめてくれてなんて。千鶴は怒ってプレゼントを投げ...
[2010/02/27 20:24] SERA@らくblog 3.0
言葉足らずの想い。
[2010/02/27 17:45] ミナモノカガミ
君に届けですが、傷心の吉田千鶴にどう接したらよいか分からず黒沼爽子&矢野は悩み泣き暮らす日々を送ります。千鶴は真田との関係も悪化しますが、真田が自分のことが好きなのは気付いてないようです。何もできない二人は風早翔太に相談しますが、「それだけ心配してく...
  episode.20「プレゼント」ひそかに龍の誕生日プレゼントを用意していた千鶴。徹との一件で気まずさを感じつつも龍にプレゼントを渡そうとするが、あることをきっかけに彼とケンカをしてしまう。同じころ、千鶴に何もしてあげられないことを悩んでいた爽子とあやねは、...
[2010/02/27 16:19] 日々“是”精進!
いろいろと察しの良い龍にしては今回あまり気配りが良くなかった。ついに念願かなったりの状況がやってきて気持ちに焦りでもあったのかね?...
[2010/02/27 16:16] 蒼碧白闇
episode.20 「プレゼント」先週に引き続き、ちづがメインのお話でした。「今度はちゃんと顔を出せって、ちーに言っといて」ちづの気...
[2010/02/27 16:16] ワタクシノウラガワR
 ちづが泣き出したところが一番良かったですね。内に秘めたままですと、爽子もやのちんも何も出来ないですからね。
[2010/02/27 15:53] つれづれ
カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。