VPS

WORKING!! 第9話 (レビュー/感想) “男の娘”メインなのか“ボコデレ”メインなのか(ぇ 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > WORKING!! 第9話 (レビュー/感想) “男の娘”メインなのか“ボコデレ”メインなのか(ぇホーム > WORKING!! > WORKING!! 第9話 (レビュー/感想) “男の娘”メインなのか“ボコデレ”メインなのか(ぇ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

WORKING!! 第9話 (レビュー/感想) “男の娘”メインなのか“ボコデレ”メインなのか(ぇ

第9話 『ことりちゃん登場!!』


“男の娘”回かと思いきや伊波回。
ちなみに、『まひる回』とせずに『伊波回』としているのは、『思いきや~』の続きが平仮名だと区切りが悪い為です!(何それ。

まぁ、取り合えずイクZE!!!




;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ´  ノノ    i;;;;;;;ノ  _,,,.- ―=ヽ、    ゙i;;;;;;lヽ`ヽ;;;;;;゙ヽヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,:ィ'"_,,,.ィ'"′   /;;;/r=''""´~~`゙`''=:、;;;ヽ、   ,i;;;;;/ l  |i;;;;;;;;l  )
;;;;;;;;/|;;/''"´  ´      ,ィ"ィ''´  `ヽ== 、、    \;;;\  /;;;ノ i  !l;;;;/i  ′
;;;;;;/ レ′         "´''´      \  `'ヽ、   \:;;`''"く、:, l  リ;;/
;;;;;l                      `ヽ、  `゙>-、、 フ:べ;;;;;ヽ;, i ,//′
;;;;;t              ... ::: :::: :: .. 、 `ヽ.(`ブ゙ヾ,´ i `:、;ノ ハ/ノ
ゝヾ、           .:: ''         `ー-‐`゙´    ノ  ,/"´′
 'i, `゙゙           ::..            ゙::      rヾ
 ヽ.              ::.           .::'      l
  ヽ、             ::        .. ::''          l
   ゙ヽ、            .:      .. :: '"          !        サムワン♪サムワン♪
    ゙ヽ.          .:    ..::'"             =i           サムワンワン♪サムワンワン♪
      ゙ヽ         ::    :'         _ ;:;:::   、,,ヽ、
       ゙ヽ        ::..   :.        ,r'"´      ``ヽ
        ゙iヽ        ゙::..  ::       i′         ノ
        iヽ          '::..::       i,  ,rニヽ、、  ,,.ィ'"
        iゝ                  `゙'ー  f´`゙゙゙´
        !                       i
        i                           l
        i,                    _,,,...、 !
        ゙t,           ''^'ー‐-=-‐=ニ"、   ):′
         ゙!          ー―-- =、  `ヾ゙´
         ヽ               `ヽ、 ノ
          ヽ              ,,r ''"´`゙゙´
          ヽ             /′


…暫くはこれで(ぇー

という事で、取り急ぎちょいとしたネタから。

■“男の娘”へと原点回帰した宗太(マテ …佐藤命名:小鳥ちゃん

※クリックをすると別窓拡大。
小鳥ちゃん可愛いよ小鳥ちゃん。
はい、今回の主役級の扱いだった宗太が女装をした姿の小鳥ちゃん。流石、幼少期にしていただけあって堂に入ってますね。
こうした女装をする破目になった理由は、まひるの父親がまひると多く接点の在る『小鳥遊』(宗太)が男性ではないかと偵察に訪れる為。
というのも、まひるの父親は彼女を溺愛し、娘に近付く男性を駆除思考。その為にまひるが宗太に女装を嘆願した経緯があったりする。

 『小鳥ちゃん』の衣装類の提供は、カツラ&化粧道具=山田、ストッキング=百均、コンタクト=松本麻耶 所有のワンデイタイプ、胸パッド(大盛り/相馬の趣味)、制服=店のストック。という内訳になってます。あ、コンタクトを提供したのは、後述しますが松本 麻耶という『WORKING!!』番外編キャラ。公式HPにも紹介がありますので、そちらをご参照下さい。

■今回の伊波 まひる…宗太(小鳥ちゃん)の自分の父親への啖呵に“ヲトメ心”陥落す?

※クリックをすると別窓拡大。
まひる「もう…なんか…父さんとか…どうでも…いい...」
宗太の“女装”がメインになると思いきや、やっぱりアニメ版でもまひるに全部持っていかれた気がする今回のお話(笑
ん~、前述しちゃいましたけど、余りにもキチ〇゛イ染みたまひるへの溺愛を見せる父親に対し、宗太の啖呵一発で惚れるまひるに好感触♥
今回の一件でまひるの宗太への“恋心”は確立し、その為か彼女の父親に偉そうに説教した事を謝罪する宗太に先の台詞と反応鈍し。

■ょぅι゛ょ時代のまひる。

幼女まひる可愛いよ幼女まひる宗太的に。
まひる「初めての相手はお父さんでした」
こう書くと何か著しく誤解を生みそうだ(笑 え~、まだ“男性恐怖症”ではなかったまひるが洗脳されて初めて殴ったのが父親だというお話。
前述もしましたし、今まで散々ネタバレしていたのでご承知かと思いますが、まひるを極端な“男性恐怖症”にした犯人はまひるの父親です。
まひるの父親は、娘への溺愛心から『男=オオカミだから食べられてしまう』と植え付けるも、父親=男だとまひるの拳の最初の餌食に。


で。そのキチ〇゛イなまひるの父親。

■まひるの父親…モデルガンも度を越せば立派な銃刀法違反対象ですよ。

パッと見は温厚そうなまひるの父親。だが、よくよく接してみると娘・まひるに対する溺愛心は異常過ぎる事が判明(苦笑
笑いながらゴルフケースに入れてきた“ライフル”(モデルガン?)を、女装した宗太(小鳥ちゃん)にチラ見させるなど行動も異常。
っていうか、モデルガン?をファミレス店内で出した時点で店から退去勧告だの警察を呼ぶだのするでしょう。いや、するべきでしょう(遠い目
そんな身勝手なまひるの父親も、同じく幼少期に父親に女装させられていた過去を持つ宗太にキレられて説教を喰らって店から強制退去。
娘に嫌われているのも因果応報だし、宗太が言うように子供は親の所有物ではないですからね。流石に原作でも引いた私が居る(笑

■まひるの父親のまひる調教洗脳之図。

従順な娘に洗脳するつもりがトンでもない凶獣を生み出す破目に。
山田「“鉄板”ですね…重い」 ぽぷら「軽いの?」
って事で~、まひるの父親の幼少期の娘(まひる)への洗脳一覧。『男=オオカミ』の植え付けでは今現在のまひるは成立せず。
まひるが初めての獲物が父親となる前、男が危険な生物である事を童話や怪談等を改変して洗脳するという周到ぶり…引くわ(苦笑

 怪談の話は、『トイレの花子さん』を『トイレの花男さん』という感じで、登場人物が女性であっても強制的に男性に改変。…お菊さん=菊夫さん、お岩さん=岩男さん?(マテ
 更に、まひるの父親がプレゼントをしたまひるの通学に用いる鞄の底に“鉄板”をコッソリ敷き詰めていたという、さり気ない日常を利用してまひるの腕力を上げていた事が判明。こうした内容は、宗太とまひるの父親の会話により判明し、宗太の衣装に盗聴器を仕掛けていた山田の機転(単なる出歯亀根性ありきでしょうけど)により、会話を聞いていたまひるも知る事に。で、まひるが「鞄は軽いし~」と、自分の通学用の鞄を逆さにして揺すり、中身をぶちまけてみると…最後にゴトン!という重厚そうな金属音を響かせて地面へ落ちる物質が。それはかなりの重さがありそうな“鉄板”で、それを拾った山田が先の台詞…ですね(笑 またまひるに気付かれない様に&腕力増強の為、その“鉄板”の重さを徐々に増やしていた事も窺えると八千代。盗聴した父親の言う事が本当だった事に衝撃と激怒の様相のまひるだが、それらを代弁したのが宗太(小鳥ちゃん)で…という流れ。いや、さ…まひるの母親も夫の所業を認識していたのであれば止めようよ、と切実に思ったり(原作漫画からですけど。

あ、そういえば…。

■松本 麻耶 (まつもと まや)…小鳥ちゃん育成プロジェクト(マテのコンタクト提供者。

今回の本編終盤のワンカットの出番でしたが、この人が女装する宗太へコンタクト(ワンデイタイプ)を提供した松本 麻耶。ホール担当。


ここからは微妙なキャラ紹介形式で少々。

■今回の山田 葵というより、セットでぽぷらと八千代(ファミレス的に(しつこい。

今回は、山田とぽぷらと八千代のスリーショットシーンが多かったですね。ので、山田の個別シーンを作るよりこっちの方が良いかな、と(笑
山田は宗太が『小鳥ちゃん』化する為の道具を提供し、また制服に盗聴器を仕掛けているという素人芸とは思えない手際の良さを披露。
ぽぷらは、まひるの『父親訪問』に関して宗太を女装への説得に一役を買う。更に、“男の娘”と成った宗太の容姿に惚れ惚れ(笑
八千代は…え~っと(マテ あ、宗太の女装のプロデュースを担当した佐藤に、「女性が『小鳥遊』役をやれば~」と鋭い突っ込み(笑

■今回の種島 ぽぷら。

ぽぷら「小鳥ちゃん…可愛い♥」
あっはっは。今回のぽぷらは――って、先に書いた通り、宗太の女装に一役買う役回りながら、『小鳥ちゃん』が大層お気に召したそうな。
その為、今回の宗太の女装以降、ぽぷらは事在る毎に宗太に『小鳥ちゃん』化を切望する始末。確か理想の女性像だから、だったかな?(ぇ

■閑話的にね、閑話的。

八千代「あの…私や他の子が、小鳥遊くんの代わりをすれば、それで良かったんじゃ....」
(ドンッ!!)
佐藤「…轟、男にはやらなきゃならん時があるんだ」
相馬「(佐藤くん、今気付いたのか。)」

相馬の「今気付いた~」という台詞から察するに、相馬は大分前…宗太が“女装”する破目になった当初から気付いていた様子(苦笑

 宗太の女装が済んだ後、八千代もその件を佐藤&相馬から話を聞いて知ったものの、少し考え込んだ八千代は先の台詞と宗太の女装に対する鋭い突っ込みを入れる。場の空気が一瞬凍り付くと、佐藤は強引に屁理屈的な物言いで八千代を強引に説得し、それを見ていた相馬は冷静にそれを分析(ぇ するのであった、という流れ。

■アイキャッチ(今回は一部違)。




え~、取り合えず――。
まひるの父親の外道っぷりに脱帽。
とまぁ、原作既読者の私から見ても、改めて映像として見るとイラッ☆としちゃいますね(苦笑 故に宗太の説教は心地良かったかな?

 :え~、申し訳御座いませんがー…睡眠を優先させていただきます(マテ ので、後程追記をばorz

その他、『WORKING!!』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
WORKING!!


 次回は、第10話 『疑惑の真相…、なずな働く。』です。


アニメブログ『WORKING!!』ご期待下さい(何様。 宜しければポチッとお願いします~。
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/01/01 14:19 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/01/01 14:26 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/02/02 14:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/219-db9ef44d

カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。