VPS

いちばんうしろの大魔王 第9話 愈々物語りは動き出すっていうか詰め込み過ぎな…感想? 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > いちばんうしろの大魔王 第9話 愈々物語りは動き出すっていうか詰め込み過ぎな…感想?ホーム > いちばんうしろの大魔王 > いちばんうしろの大魔王 第9話 愈々物語りは動き出すっていうか詰め込み過ぎな…感想?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いちばんうしろの大魔王 第9話 愈々物語りは動き出すっていうか詰め込み過ぎな…感想?

第9話 『とんだお見合い騒動』


何か1話に色々詰め込み過ぎ。
という印象の今回は、“お色気”描写は他所に置いて、アニメ内の物語設定云々を迅速・性急に推し進めちゃいましたね(苦笑

さて、取り急ぎ笑えるネタから順に~。

■「〇太郎!」と目玉の親…じゃねぇ!!?と、化け物勢揃い。

人外揃い踏み。
何て“魔獣”が存在するファンタジーな世界観に突っ込んでもっていうね(笑 でも、宗派によって人間⇒人外化しちゃう種もいるみたいで。
まぁ、見た目通りの“やられ役”な訳で、すぐにバッサリと望一郎にたたっ斬られてしまいましたね(苦笑 しかも死に際はグロ表現(苦笑

■化け物惨殺シーンは磨りガラス処理(ボカシ)的規制。

♪邪魔する奴は指先1つでダウンさ~♪
『北〇の拳』は今思うと雑魚キャラの基本的な死に方の描写が直接的だよね(汗 頭部破裂とか。昔はその辺りの規制は緩かったよなぁ。
しかし当アニメは、全くのボケボケで意味不明。AT-X放送版では、この磨りガラス処理的規制は解除?…嬉しくはないけどね(苦笑

■今回のアイコン規制。

たった1シーンだけ…だと…?
って事で、はい。上記、絢子がお風呂に入っているシーンだけ。いや、アイコン規制を解除しても、お尻丸見えになるだけでしょう?(汗笑
若しかして、アイコン規制は無いシーンでの乳首追加とかが、AT-X放送版にはあるのだろうか…な~んて勘繰りをしたくなる程に微妙(ぉ

■阿九斗、気分はDBキャラ?

何、このピッ〇ロ大魔王。
上記キャプ画の通り、物語進行上で阿九斗の左腕が望一郎の剣の一撃で肩口からバッサリと斬られて切断。トボッと地面に落ちる腕。
それでも全く動じず痛みも感じてない阿九斗は、『DB』のピッコロばりの再生・『BLEACH』の大虚ばりの超速再生で左腕が完全復活(汗

■売り出し中の“アイドル”星野 ゆり…絢子の妹かい!

前回、色々と思わせぶりな彼女の振る舞いと“魔獣”嫌いの理由とは――。
家柄と幼少期に“魔獣”に噛まれた為の体質変化でした!
人騒がせな(マテ 安易にダウナーな方向にならなくて良かった。成る程、家柄らしく幼少期に“魔獣”と相対して噛まれた事が理由と。
そして、噛まれた傷口から“魔獣”の血が体内の血と混合。近くに“魔獣”が居ると鋭敏に反応し、気が触れそうになるらしい。
その割には、前回の野外での撮影中、急接近をする“魔獣”には全く気付かなかったのは何故でしょうかー(ぁ色々謎過ぎる(マテ

 いやはや、髪の色繋がりというべきなのか、絢子の妹であったゆり。先にも書きましたが、“魔獣”が近くにいると鋭敏に反応する体質な為、“魔獣”の活動を生きているだけで活発にしてしまう“魔王”の阿九斗に畏怖&倦厭の態度。終盤では、“魔王”キャラを出し捲くりの阿九斗が身体の内から発するマナの波長に中てられ、体内に流れる“魔獣”の血が異常に反応して苦しんでましたね(汗
 あ、ここで補足するのもなんだけど、“魔獣”は異常なマナによって変質した生物で、“魔王”が体内から垂れ流すマナの“波長”によって刺激されて活性化をするのだそうな。なので、前回の“魔獣”の卵を阿九斗が持ったら発光し出して巨大化、果てはキン〇゛ギドラ的雄鶏にまで急激に成長したという事柄の説明が付いたみたいですね。

さて、ここからはキャラ紹介形式で~。

■今回の服部 絢子…序盤の壊れ方は異常(マテ

※上記画像をクリックすると別窓拡大。
絢子可愛いよ絢子
という事で、今回のお話のメインヒロインっぽかった絢子。序盤の阿九斗への結婚話をどう切り出そうかと思案する中での妄想的言動に噴く。
良い感じで壊れたなと思いきや、阿九斗の前では芯に“ツン”を残しつつも“デレ”っぷりを発揮していて、ちょっと可愛かったですね、うん。
しかしまぁ…終盤の絢子から阿九斗への“夜這い”失敗は可哀想でしたね。まさに阿九斗に「阿九斗ェ...」と突っ込んでやりたい(笑

■今回の服部 絢子…お風呂。

うん、言う事なーし!と、既に前述しましたが、この絢子のお風呂シーンにアイコン規制が1つだけ。お尻…見えてんじゃん....orz

■今回の服部 絢子…夜這い。

※クリックをすると別窓拡大。
阿九斗「覗いてたのか!!?」
え~(笑 自分の実家に阿九斗を連れて来たは良いものの、“結婚”(お見合い)の話を伝えていなかった為、夜這い的行動を執る絢子。
しかしすっかりそのつもりで阿九斗へモーションを掛ける絢子だが、全くその意図の片鱗すら掴めない天然をかます阿九斗に呆然と涙。
かなり可哀想な絢子ではありますが、行動的に自業自得な部分が多分にあったので、正直、「阿九斗ェ...」と言いたいがプラマイ0で。

■今回のころね。

ころね「“性欲”を隠したくなるのは、人間の特徴だと理解していますので」
今回は、ころねが世界観に於ける神々の一人、“マークト神”に使える人物である事が判明。しかし阿九斗教でもあって?(何
一応、『リラダン』と呼ばれる存在は、“マークト神”に仕えるものなのでしょうかーっていうか、今一つ『神』と言われても未だに微妙過ぎ(笑

■今回の曽我 けーな…片鱗はあったものの地味に重要人物化。

今回のけーな…う~ん、誕生日を一人で過していたシーンは、ちょっと可哀想でしたね(汗 でも、ケーキじゃなくてオニギリにローソクて(笑

 え~、けーなは、実は“自動律”と呼ばれる存在で、単一者としてけーなと“契約”を交わすと神々を支配する事が可能な“筐体”を手に入れられる、のだそうだ。そういう意図もあり、前回、望一郎がけーなを監視していた理由は、詰まるところソコにあったようです。
 あ、また阿九斗が幼少期にプレゼントをしたという“髪飾り”。これは望一郎がプレゼントをした可能性もあるのだそうで、本人がけーなへと主張。しかしその事をけーなは覚えていない様子。う~ん、突然、別の話になりますが、けーなは既に『神』と呼ばれる存在と、意図せず常にコンタクトを取れていたりするのでしょうかねぇ...(何

■大和 望一郎…少しだけ素性が明らかに。

突然、学院を訪れた望一郎。学院長とも知り合いらしく、現在の政府での役職は『内閣魔術情報官』だそうで上層部っぽい?

 望一郎の目的がチラッと判明。どうやら望一郎は、以前、神に成りたいとしたものの、神々に拒絶をされてしまったそうな。しかし私利私欲の為に神に成りたいという訳ではなく、神々を解放する事が目的らしい。そこで、“自動律”であるというけーなを利用して、神々の解放を達成したい意図もあり、その為ならば彼女に降り掛かる災厄を排除する事は厭わないという。今回のお話で栄子の家柄がけーなへと差し向けた暗殺者達(前述した化け物達)をアッサリと惨殺(苦笑
 望一郎が用いる剣術は、『保持性式完全切断』=『次元切断』というもので、ある程度の距離を離れていたとしても、望一郎の振るった斬撃は敵に正確に届き仕留めるというチート性能みたいで(笑 次元を操る力でもありそうですねぇ....。

■今回の江藤 不二子…“魔獣”の従属化方法を確立!

パンツを餌に従属化成功。
ごめん、噴いた(笑 しかしながら、今回の不二子は終盤チョコッとの出番でしたが、“魔獣”を従えて主の阿九斗の窮地を救うという大役へ。
下級の“魔獣”なのでしょうが、前回のカタツムリ型のエロ“魔獣”や、ちょっと上等なそれこそキング〇゛ドラの様な“魔獣”も従属化に成功。
まぁ、いいんだけどさ。そろそろピーターハウゼンの出番はまだなのでしょうか?キングギ〇゛ラを使うより、そっちを使った方が(爆


最後に~。


■その他のキャラ…照屋 栄子/学院長/絢子の父親

栄子――。
何 し に 出 て 来 た ? (笑
って位に登場した瞬間、阿九斗と会話して素直に立ち去るって…(苦笑 阿九斗を殺すと言ったり、けーなが狙われてますよ~と助言したり(ぁ
まぁ、助言というよりは『どうせ間に合わないのだし』という思惑ありきで言い放ったのでしょうけどね。ところがどっこい…って展開でしたね(笑
で、望一郎と話し込んでいた学院長。まぁ、学院の卒業者だから顔見知りというお話なのでしょうけど、言動から望一郎を警戒していた?
最後に、絢子の父親。阿九斗と“お見合い”の件を勘違いの掛け合い言葉(会話)でトントン拍子に進めた人(マテ 次回以降の出番は?(ぇ




急激な設定追加で目まぐるしいが面白い。
ですね?(笑 今までの過剰な“お色気”描写から一転しての大量の造語といった設定追加に噴くが、これはこれで面白いから困る(笑

 :え~、後々にまた簡易的に追記する予定です。という事で、お休みなさいzzzZZZ

その他、『いちばんうしろの大魔王』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
いちばんうしろの大魔王


アニメ『いちばんうしろの大魔王』公式HPは下記リンクからどうぞ。
いちばんうしろの大魔王


 次回は、第10話 『阿九斗の帝都大戦争

『帝都大戦争』…ねぇ。確実に『帝都物語』のパロタイトルだろうね(苦笑 加藤保憲!…ベガのモデルの“魔人”。懐かしや。


アニメブログふぅ~じこちゃぁ~ん(笑 宜しければポチッとお願いします~。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/218-d15c2dd1

カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。