VPS
ホーム > スポンサー広告 > いちばんうしろの大魔王 第8話 触手回…と思わせといて至って普通のお話だった気がする感想。+AT-X放送版との比較。 ホーム > いちばんうしろの大魔王 > いちばんうしろの大魔王 第8話 触手回…と思わせといて至って普通のお話だった気がする感想。+AT-X放送版との比較。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いちばんうしろの大魔王 第8話 触手回…と思わせといて至って普通のお話だった気がする感想。+AT-X放送版との比較。

第8話 『あの子にご執心?』


触手回のようで小休止回?
うん、改めて前回の諸々の物語描写等の異常さが、今回のお話が普通過ぎた件で余計に際立った印象ですね(笑 って位…閑話的お話?

:地上波版とAT-X放送版の規制の差異比較を追記完了です。
★追記:AT-X放送版と地上波版の比較。
■例の如く、左側がAT-X放送版、右側が地上波版。

※クリックをすると別窓拡大。
こ れ は 入 っ て な い か ?
あっはっは。アウト~!(笑 やっぱり予想通りに、“触手”が不二子のパンツをずらして、“秘所”へと不法侵入を試みたようで(苦笑

■をまけGIFアニメ(AT-X放送版Ver.)

どう見ても入ってます。本当にあr(ry 勢いで作ったものの、その後の虚しさは半端なかったのは内緒なんだぜ...orz





さて、取り急ぎ笑えるネタから順に~。

■阿九斗が“魔獣”の卵を投擲した瞬間、夜になっちゃったで御座るよの巻き。

何 だ こ れ 。
え~、上段左側が“魔獣”の卵が発光をした為、慌てて阿九斗が部屋の窓から外へと投擲をしたシーン。どう見ても日中。発光物体が卵。
上段右側が、阿九斗が投擲した直後の場面転換後…何 で 夜 中 に な っ て る の ? もう激しく違和感が酷過ぎる(笑
更に、投擲した後の”魔獣”の卵は巨大化をしており、どうやら投擲後に数時間経ったかのような描写。だけど流れ的に非常にオカシイ(汗
完全に脚本だの演出だのが、かなり薄っぺらく感じてしまった残念な所。投擲後、誰かが“ラナルータ”(昼夜逆転呪文)でも唱えた?(マテ

■う、う~ん(何

何、この王蟲(オーム)。
勿論、そのままではなく、フォルムが違ったり前足以外に横から細長い節足も確認出来ます。あぁ、不二子を襲った触手はコイツのもn(ry
あ、不二子を襲った“触手”の主は、巨大なカタツムリ型のエロ“魔獣”ですが、王蟲にも治癒能力のある“触手”がありますし。

■不二子、“妄想”と“触手”と。

※上記画像をクリックすると別窓拡大。
♪ラン・ラン・ラララン・ラn…じゃねぇ!!?(何
え~、はい。今回の目立ったお色気要員は不二子ちゃん。久々の目立った登場な回故に、自身の“妄想”と従える予定の“魔獣”に弄ばれる。
しかし、不二子をイジっていた“魔獣”は、調子に乗り過ぎて彼女の逆鱗に触れたみたいですがー…余り反省の色は皆無でしたね(苦笑
ちなみに、今回のアイコン規制は不二子ちゃんのこの一箇所のみ(多分。 アイコンには『オイタが過ぎましてよ』と記述されている(笑

■をまけGIFアニメ
 
勢いで作tt(ry と、毎回の事を書いておきつつ――アイコン規制だけど、触手が不二子ちゃんのパンツをずらして奥に侵入してそう?(汗笑

■曽我 けーな…パンチラまとめ~。空飛ぶ下着…『そらの〇としもの』で見たな(マテ

※上記画像をクリックすると別窓拡大。
阿九斗、真顔で女性のパンツビローンすな!(笑
しかも「逃げられたか」という台詞と同時に。完全に阿九斗の『逃がしてしまった』という残念さの心理描写もあったものではない(苦笑
え~、という事で、地味に“謎”がまた増えた印象のけーなの“お色気”…パンチラとか空飛ぶ下着とかのまとめ。…何やってんだろうorz(ぉ

■新キャラ…なの?売り出し中の“アイドル”星野 ゆり。

あ~…。
もうヒロシに売約済みですか(マテ
何か妙なキャラクターを投入して来たよ~(笑 ちゃんと名前があるし、新キャラで良いんだよね?な、売り出し中の“アイドル”の星野 ゆり
今回は、上記キャプ画の通り、“魔獣”に襲われた所をブレイブに助け――られた訳じゃないんだけど、何かブレイブ=ヒロシに唐突なキス。
また新キャラ予想の理由に、ゆりが“魔獣”に過剰な嫌悪感を抱いていた為。まぁ、“魔獣”は基本的に忌み嫌われるものだろうけど。



え~と、ここからはキャラ紹介形式で~。


■久々登場の照屋 栄子と…白ラン男の大和 望一郎。

ん。久々に登場の栄子だが、やっぱり不二子の兄を殺害した望一郎との繋がりがあったようですね。だけどすぐに栄子はご退場。
栄子自身も望一郎に、絢子との家柄の件で何か“頼み事”をしたかったようですが、それを望一郎はアッサリと拒否。
それは些細な問題ではなく、栄子が去った後、望一郎は服からペンダントを取り出し、それを開くとけーなと思しき姿が立体映像で展開。
しかしその映像の焦点は、けーな自身を含めつつも、彼女が見に付けている阿九斗が与えた“髪飾り”にも何かがある様子で…。

 ん~、今だ謎の多い望一郎は、『未来予測』だの「阿九斗がマナの未来を書き換えた」と語る辺り、彼はマナの何たるかに触れ得る力をお持ちのようで。というか、運命や因果律に干渉可能な程の阿九斗の力は凄いのだろう(いや寧ろ、運命に逆らった・因果律に干渉した切欠…“影響”を与えたのはけーな)。けれども望一郎は、先のペンダントに立体化されたけーなを目にし、懐かしさ交じり(?)に「そろそろ決着を着けても良いんじゃないかな…“魔王”とさ」とボソリ。色々と考察という名の妄想は可能だけど…謎は深まるばかりですな(笑

■幼少期のけーなと阿九斗との出会い?

今までにも何度と無く短いながらも回想が挟まれてきたシーンの最長Ver.(マテ あの“髪飾り”は阿九斗の生活費で購入された高価な物。
というか、望一郎がこの“髪飾り”に何らかの興味を示していた辺り…いや、阿九斗と別れた後のけーなに望一郎が接触して何かをした…?
まぁ、それは兎も角、阿九斗的には「どうせ働くから貰っていた生活費は要らない」という思いがあり、泣いていたけーなに“髪飾り”を贈呈。
阿九斗「君は高い物でしか泣き止まなかったんだから、凄い娘かもしれないな」
「“魔王”とだって張り合えそうだ」

そう発言した自身が“魔王”(予定)となってしまい、成長したけーなと対等な親交を深めているのだから、運命とは皮肉なもの(苦笑
また、「“髪飾り”を持っていれば自分は君を忘れない」「また会えるかもしれない」の発言は非常にベタで王道的ですよね、うん。

■今回の曽我 けーな…現在の。

今回は、前述をした幼少期の夢を見た阿九斗が、けーなに「以前会ってない?」と改めて尋ねるも、返答は「阿九斗が絢子との戦闘時」。
けーなが意図的に惚けている可能性もあるけど、それ以外の可能性としては望一郎に記憶・人格操作をされている可能性もあるのかも?
また今回の騒動の発端を作ったのも、けーなでしたね(苦笑 “魔獣”の卵をかっぱらって食べようとか…幾らなんでも手癖が酷い(笑
そういえば、今回のけーなは前にも増してご飯(白米)を食べ捲くってましたね。おかずなしでご飯13杯て…。新陳代謝良すぎ(ぇ

 けーなは、学業自体は非常に優秀らしいものの、学院では魔術を扱う為に必要な“マナの強さ”が学業のソレ以上に重要(優劣的な意味合い)らしく、彼女はマナの力が極端に弱い事柄が周囲との壁を作っており、阿九斗達以外の目立った友達を作れずにいる様子。学院を卒業する者達は、将来が“高級官僚”の役職が約束されている為、能力弱者といった他者を虐げてナンボ的なプライドの高い連中が多い事も原因みたいですね。
 で。またちょっとズレますが、この世界での“魔術”は、体内に在るマナを大気中のマナに反応させて現象を起こす事で、そうしたマナの“振る舞い”を決定付けるのは『神』なのだそうだ。『神』とは、人間の脳内のマナを通じてモニタリングし続ける“巨大なコンピュータ”で、その中に記録された個々人の“行い”によって恩恵を与える者、なのだそうだ。故に、魔術の力が強いほど『神』に認められたに等しいと同義で、それは『神』を中心とした信仰の必然ともいえるという。――って事を、割烹着を着たころねが阿九斗に説明をしていましたよっと(笑
 だけど阿九斗は、そういったシステムが気に入らないという意を唱えるものの、ころねは「『神』に触れ得る力を持つ“大司教”を目指しているのに現行のシステム離反を?」(若干要約)とピシャリ(笑 まぁ、でもそうしたシステムとやらも、『神』に触れられる“大司教”なら根底から変えられる可能性もある気がしますねぇ...。まぁ、どの程度触れ得て影響を及ぼす事が可能…権限が“大司教”にあるのかは不明瞭ですけどね(苦笑

■今回のころね。

割烹着萌え♥(マテ
といえば~…いや、昭和の漫画のキャラに割烹着を着用したキャラは多いか。割烹着ってだけで“昭和の善きお母さん”のイメージが。
それは兎も角、今回のころねは先の割烹着やけーなと一緒に胸が強調されるアンミラなウェイトレス姿を披露。やっぱり胸が残念(ぁ

■今回の服部 絢子。

最近…。
出番薄いよ!何やってんの!
って印象ですよねぇ...。第1話の“ふんチラ”が懐かしいorz 以降はサブキャラ的な役回りが大半だったもんなぁ。だけど次回は絢子回な…筈。
しかしながら、地味に阿九斗に“デレ”た様子は良かったなぁ。阿九斗にベッタリなけーなにさり気なく“嫉妬心”を垣間見せたりとかね。
前回、ころねが阿九斗との“結婚”を取り計らう意図があった事で、その件をコッソリところねに「本心か?」と尋ねるのもえがった。
でもそれでも、絢子の出番的には薄い気がします。確かに前々回の顔〇等の“お色気要員”のインパクトは強かったけど…なぁorz

■今回の白石 リリィと愉快な生徒会役員達(後半マテ

相変わらず飄々とした態度のリリィ。今回のブレイブ絡みのキン〇゛ギ〇゛ラっぽい雄鶏の“魔獣”の件は不問に伏すと報告に来た阿九斗へ。
誠実な阿九斗の態度に、副会長・書記・会計の三人(名前は割愛(ぉ )は、“魔獣”の活性化が阿九斗のせいで『危険』だとリリィに進言。
しかしながら、リリィは自分がこの一件を不問に伏した所で、政府側のお偉いさんの耳に入り、相応に対策を講じ始める筈だと返答。
ん~、アルヌールの中の人、『ぐが』という台詞だけを収録しにスタジオに来ているのだろうけど、もう1日で纏め撮りが済んじゃうよね(爆
ピーターハウゼンの一件で、生徒会役員達の手を抜いた戦闘シーンがありましたけど、もっと彼女達にも光を当てて欲しいなぁ(笑



最後に…。



不二子、従属(させたと思っていた)した“魔獣”からパックンチョ!
このシーン、今回で一番笑ったシーンに間違いない(断言。 これで即死せずに且つ無傷(服は破かれたけど)なんだから流石としか(ぇ
阿九斗が“魔獣”と対峙中、颯爽と不二子が現れた時点で「攻撃されそう」とは思ったけど、突然、頭部からパクッ!という展開は斬新(苦笑

■アイキャッチ




主人公的キャラは阿九斗で十分?
と、何気にヒロシ=ブレイブがプッシュされた回で目立ち、更に新キャラのゆりが登場早々に売約済み化されちゃったりと…う~ん。
まぁ、“魔王”が居れば必然的にそれを打倒する者が“勇者”だけれど、座敷を広げ過ぎてグダグダになるよりは(ぇ 原作通りか…。

 はっふ~ん(何 さて、今回のお話も前回のお話から引き続き、“お色気描写”の酷い回かな~といった淡い期待を持って視聴しましたが、序盤の不二子のエロ“魔獣”からの“触手攻め”がピークでちょいガッカリ?(ぇ 最近、“パンチラ”(というかモロ)の方も当アニメからすれば飽和した印象で有難味も欠如。というより、“パンチラ”要員がけーなやころね限定になってきているのが…いや、けーなは兎も角(マテ ころねは良いか(ぉ 出来る事ならば、第1話以降に目立った絢子の“ふんチラ”が激減しているのが非常に目立っているので、彼女のものをもっとアグレッシヴに展開して欲しい気がしますし、見た目的にも露出キャラを地で行きそうな不二子のものも微妙ですしね(苦笑 今回は、“触手攻め”にあって画的よりも、中の人(伊藤静さん)の“色声”が良かった気がしますし、尚且つ、“色声”から一転してのエロ“魔獣”に対する怒声には噴いてしまいました(笑

 相変わらず謎の多い天然というかKY自己中キャラなけーな。望一郎がモニタリングをしていたりと、彼女の出生以前にも何らかの“秘密”がありそうで、そういった意味ではかなり興味深いキャラだと思いますね。そういう設定を考察という名の妄想は大好きなので(爆 ま、兎も角、自分的な思う所は上記のけーなの欄に記載済みっと。
 望一郎…う~ん、こちらも目的が謎。不二子の兄を殺害した張本人っぽいですが、彼自身が善なのか悪なのかは今だ計り知れず?『未来予測』だの阿九斗がマナが定めた未来を書き換えただのと発言している辺り、彼も“大司教”と言われる役職に近いのでしょうかねぇ....。あ、そうだ。何気にころねが説明をした『マナとは何ぞや』といった一連の説明はあり難かったかな…ちょっと急で遅い印象もしましたけど(笑 望一郎についても、思う所は上記の望一郎の欄に記載済みっと。

 そんでもって、新キャラの星野 ゆり。本編中のさり気ないCMシーンで登場を匂わせるシーンはベタでしたが振りは良かった…?ただ、その後の登場直後の忙しないブレイブとの絡み方が唐突過ぎて(苦笑 仕舞いには、どういった思惑があるのかは不明瞭なブレイブへのキスですよ。『“魔獣”から助けて貰った事(結果的に)で一気に感極まってそうなった』とかって感じとも取れますけど…もう少し“慎み”や“羞恥心”をある程度は見せてから(頬を染める=“羞恥心”という意味ではなくて)そうした行為に及ぶのが道理で、視聴者的にもその方が萌えr(ry ま、キャラクターの“個性”という考え方もあってもよさ気?(笑
 あ、当ページのコメント部分にも妄想勢いで書いちゃってますけど、ゆりのブレイブへのキスには、自身に惚れさせて打倒“魔獣”の使命感を煽りたいという意図的な思惑があったり…何て(笑 そうした物語展開に一役買うような“火種”になるキャラになる予感はするんだけどなぁ。でも一方で、今回は物語に妙なチグハグさ(阿九斗の卵投擲の件)もありましたから、かなりあの部分は駆け足的だっただけ…だったりとか?(聞くなよ。

 あ、AT-X放送版とのお色気描写の比較は、当記事に追記する形を執らせて頂く予定…は未定(マテ

その他、『いちばんうしろの大魔王』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
いちばんうしろの大魔王


アニメ『いちばんうしろの大魔王』公式HPは下記リンクからどうぞ。
いちばんうしろの大魔王


 次回は、第9話 『とんだお見合い騒動

まぁ、恐らくは絢子が自分のお見合いの相手=阿九斗だと勘違いした事が切欠で起きる騒動だろうなぁ...(遠い目 知らないけど(ぉ


アニメブログふぅ~じこちゃぁ~ん(笑 宜しければポチッとお願いします~。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/214-5fe5db36

カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。