VPS

WORKING!! 第7話 (レビュー/感想) 山田の中の人は広橋涼さんでしたよっと。 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > WORKING!! 第7話 (レビュー/感想) 山田の中の人は広橋涼さんでしたよっと。ホーム > WORKING!! > WORKING!! 第7話 (レビュー/感想) 山田の中の人は広橋涼さんでしたよっと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

WORKING!! 第7話 (レビュー/感想) 山田の中の人は広橋涼さんでしたよっと。

第7話 『久しぶりの音尾と、新しいバイト=山田(!?)』


山田ウザ可愛いよ山田。
地味に人気の高い山田の登場回。記事タイトルでバレバレですが、今回のお話があるまで公表されなかった中の人は広橋涼さんでした


まぁ、取り合えずイクZE!!!




;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ´  ノノ    i;;;;;;;ノ  _,,,.- ―=ヽ、    ゙i;;;;;;lヽ`ヽ;;;;;;゙ヽヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,:ィ'"_,,,.ィ'"′   /;;;/r=''""´~~`゙`''=:、;;;ヽ、   ,i;;;;;/ l  |i;;;;;;;;l  )
;;;;;;;;/|;;/''"´  ´      ,ィ"ィ''´  `ヽ== 、、    \;;;\  /;;;ノ i  !l;;;;/i  ′
;;;;;;/ レ′         "´''´      \  `'ヽ、   \:;;`''"く、:, l  リ;;/
;;;;;l                      `ヽ、  `゙>-、、 フ:べ;;;;;ヽ;, i ,//′
;;;;;t              ... ::: :::: :: .. 、 `ヽ.(`ブ゙ヾ,´ i `:、;ノ ハ/ノ
ゝヾ、           .:: ''         `ー-‐`゙´    ノ  ,/"´′
 'i, `゙゙           ::..            ゙::      rヾ
 ヽ.              ::.           .::'      l
  ヽ、             ::        .. ::''          l
   ゙ヽ、            .:      .. :: '"          !        サムワン♪サムワン♪
    ゙ヽ.          .:    ..::'"             =i           サムワンワン♪サムワンワン♪
      ゙ヽ         ::    :'         _ ;:;:::   、,,ヽ、
       ゙ヽ        ::..   :.        ,r'"´      ``ヽ
        ゙iヽ        ゙::..  ::       i′         ノ
        iヽ          '::..::       i,  ,rニヽ、、  ,,.ィ'"
        iゝ                  `゙'ー  f´`゙゙゙´
        !                       i
        i                           l
        i,                    _,,,...、 !
        ゙t,           ''^'ー‐-=-‐=ニ"、   ):′
         ゙!          ー―-- =、  `ヾ゙´
         ヽ               `ヽ、 ノ
          ヽ              ,,r ''"´`゙゙´
          ヽ             /′


…暫くはこれで(ぇー

という事で、取り急ぎ今回もメインな人達のキャラ紹介形式でっと。

■山田 葵 (やまだ あおい)。苗字だけ仮称。

旅から久々に帰って来た音尾が、旅先で出会い『ワグナリア』に連れて来た『記憶喪失』を自称する素性の怪しい山田 葵。年齢不詳。
年齢不詳ながらも宗太が『16歳』と答えた為に自称・16歳という事に。性格的には、マイペース且つ我侭で甘えんぼ気質…か?(何
宗太が一番に山田の怪しさにピンと来ていた事を鑑み、山田がどこぞの“家柄の良いお嬢様”と思案した為、意外とそうなのかもしれない(笑

 え~、実際に宗太がバイト内容で缶詰を開けるように指示するも、缶詰の開け方さえも知らずにキッチンのテーブルに何度もぶつけるといった常識的な行為も出来なかった様子。その他、業務内容で皿を扱うと高確率で割ってしまうという、まるで家事一切を経験した事がない振る舞いもあったりするので、強ち宗太の山田=“お嬢様”というのは意外と…。あ、そうだ。山田には兄が居たりするのだが、アニメ版に登場するのかは…怪しい(マテ まぁ、それは兎も角、記事タイトルにも書いてしまいましたが、本編が始まるまで非公開だった山田の中の人は広橋涼さんでした。…意外でもなんでも(ry

■音尾 兵悟と山田の出会い。

音尾と山田の出会い。音尾が夜も更けた駅の前で佇む山田を目にし、迷子かと心配になって声を掛けた事が切欠だったという。
山田は、貧乏の身で家が火事になって逃げた際に家族が離散し、その後、盛大に頭をぶつけて記憶喪失になった、と饒舌に音尾へ語る。
それを聞いた人の良い音尾は完全に信じ込み、『ワグナリア』へと連れて来てしまったそうな…いや、ある意味で『誘拐』なんだけどなぁ(笑
ってな感じの出会いだったらしいのだがー、それにしては大きい旅行鞄に荷物を詰めていたり、『高級菓子折り』を用意してたり周到過ぎる(笑



ちょっとここから山田関連のイベント(マテ


■『山田 葵 被害者の会』…音尾編。

山田「音尾さんが『お父さん』なので、音尾さんと結婚して下さい」
音尾編というべきか(何 え~、山田は自称・天涯孤独の身だからと、『ワグナリア』内で“家族”を作ろうと勝手に決める(笑
まずは自分に声を掛けた音尾を『お父さん』にし、また自分に優しく接した八千代を『お母さん』と位置付けて頼むのだが…。

 丁度、八千代と杏子が会話をしている最中、山田が用件と共に先の台詞を伝えるのだったが、その言葉を聞いた八千代は当然の様に内心で激しい雷光と共に、音尾に対する憎悪の念が渦巻く。また運悪く音尾が通り掛かった事で、よせば良いものを山田が更に煽り、八千代は徐に帯刀していたポン刀を抜刀し、音尾を威圧する。そこで杏子が、「(八千代の)“所有権”は自分にある」と発言した事により、その言葉を聞いた八千代はアッサリと機嫌を良くしてしまう。そして、八千代は山田に「その通りだから」と空腹を訴えた杏子と共に去って行く。八千代の怒り具合を見た当初の山田は驚いたものの、普段は優しく怒る時は怖い八千代を『理想のお母さん』だと、ますますその願望を強いものとするのであった。…あれ?音尾は?(爆

■『山田 葵 被害者の会』…相馬編。

山田「かわいそうまさん…」
山田の性格上、すぐに相手に率直な意見や感想を口にして出してしまうらしく、ある意味で相馬よりも性質が悪かったりするのだが――。

 ふと山田は、相馬の事を知りたい(事前に自分のバイト業務の失敗や隠しておきたい事を喋り捲っていた為)と佐藤・八千代・ぽぷら・まひるに尋ねるも、全員が相馬の事を何も教える事が出来ず仕舞い(佐藤が口にした唯一の『性格悪い』とは知る)。その為、相馬に直接会った山田は、佐藤達の相馬に対する印象の欠片も無い事を伝え、先の台詞と涙ながらに同情心を露にする。泣き始める山田を制する相馬だが、その様子をぽぷらに見られて「泣かした」と勘違いされ、相馬は「初めて弱みを握られた」とショックを受けて膝を折る(笑
 涙を流し続ける山田は、相馬に「自分を妹と思って…」と申し出るのだが、相馬はというと当然のように拒絶反応を見せるのだったがー…山田の泣き顔についついそれを了承してしまうので~あった。相馬の山田に対する危機回避能力の故の妥協なのでしょう?(ぇー

■『山田 葵 被害者の会』…佐藤&八千代編。

山田「佐藤さん、八千代さんのこと好きなのに」
…ぉぅぃぇ(苦笑 え~。キッチンにて佐藤が八千代から杏子との惚気話を聞かされた姿を目撃し、その際の佐藤の様子を逸早く察する山田。
そして何を思ったのか、八千代を呼び出した山田は、率直に先の台詞を伝え、更にその理由までも推察ながら証拠的に付け加える。

 八千代は、気まずそうにその件をキッチンで作業中の佐藤に尋ねると共に、自分に対する好意ならぬ体調を心配した佐藤の行為に思わず過剰に拒絶反応を見せ、『佐藤の好きな人=自分(八千代)』という事を否定的な発言をし、ブチッ!と佐藤にキレられてしまうのだが…。佐藤はというと、キレた弾みで『好きな人はお前だ』と八千代を指差し、喋ろうとする八千代を一方的に「喋るな」と遮ってその場を後にし、休憩室に逃げ込んだかと思うとそのまま自主的にバイトを切り上げて帰宅へ(笑 この一部始終を見ていた宗太と相馬は驚愕。ちなみに、上記キャプ画では分かり辛いけど、佐藤が休憩室のテーブルで顔を押さえているシーンでは、意図せず八千代に“告白”してしまった為に耳まで真っ赤にしていたりする。

■『山田 葵 被害者の会』…佐藤&八千代編~その後~。

佐藤「お前の後ろに…幽霊が見えるんだ」
宗太「(佐藤さんが壊れた―!?)」
相馬「(轟さんも流石に動揺している―!)」

佐藤の八千代への“告白”から後日。八千代は、自分を好きな人の前で自分の惚気話を聞かせていた事に対し、「最低」だと落ち込み苦悩。
一方、佐藤はというと原作漫画では、包丁でザックリと手を切ってしまうのに、アニメ版では手の甲を火傷をしてしまう等と絶不調状態。
八千代は店長に慰められるも『介錯』を頼む等と迷走し、佐藤は何時ものぽぷらイジメに拍車が掛かって顔に「ちびっこ」と書き殴る始末(笑

 結局は、宗太&相馬から説得されたぽぷらが、佐藤と八千代の中を取り持つように休憩室で対面させる事に成功。佐藤は、八千代に声を掛けようとするも、ビクッ!と脅えた様子を目にした為、ふと先の台詞を口にし始め、宗太と相馬も「壊れた!?」と「何言ってんのあの人?」状態で驚愕。しかしながら佐藤は、続けて八千代に憑いている霊を「何時も一人の人にくっついて幸せそうだけど、もっと視野を広げて外の世界を経験した方が~」と、八千代の現在の様子を客観的に説明するのだが…正直、佐藤はこの自分の突拍子も無い話で、「バカだと思われたらどうしよう」と不安になるものの、八千代はアッサリと霊の話を信じてしまい、常日頃から思っていた彼女の馬鹿さ加減に感謝をするのであったとさ(笑
 この佐藤の霊感話により、これまたアッサリと以前通りに八千代との仲へと戻るのだが、その際、八千代が言い放った「私、男の人の中では佐藤くんが一番好き♪」という言葉に、吸っていた煙草を盛大に咳き込み狼狽する(笑 結果…あ~、またも佐藤は素直に自分の感情を表現出来ずに、バイトを自主的に切り上げて『ワグナリア』を去って行くので~あった。しかし作業服のまま帰宅って(笑

その他、今回のキャラ紹介形式で。

■今回の種島 ぽぷら。

いや~、相変わらずSDぽぷら可愛いよSDぽぷら(マテ SDという程のものでもないかな(笑 最近、滅多に等身化しないから(コラコラ
今回の役回りは――…完全にサブキャラ的で残念orz 八千代の一件以降の佐藤にイジめられたり、佐藤にイジめられたり、佐藤n(ry

■今回の轟 八千代。

八千代癒しキャラだよ八千代
と、勝手に造語を造りたい程、帯刀と百合思考を除けば天然系お姉様キャラの八千代。佐藤との一件での動揺や葛藤する姿が可愛い。
気付いた方も多いと思いますが、思い悩んでいる八千代の頭頂部からは俗に言う“アホ毛”と思しき髪の毛がピョンと出現(笑
まぁ、佐藤との付き合いは杏子を除いて『ワグナリア』で最長の為、八千代自身も佐藤の事を異性として好意的に意識している。
しかしながら、本人も気付かないごく自然な言葉で「私、男の人では佐藤君が一番好き」と言ってしまう辺り…佐藤の受難は続く(爆

■アイキャッチ。




もう最初に書いちゃってますが―。
山田ウザ可愛いよ山田。
だけど、まだまだ山田の真骨頂というか、“魅力”(?)的な面を全て発揮されたかというと微妙な所。これから思う存分…(ニヤソ

というかー…。

次回はアニメオリジナル展開!!
という事で、次回はアニメオリジナルで温泉回!!…な、予感。この作品でポロリなんてのは期待しない方が良いですが…。

 やぁ~まだぁ~!!…という最後の宗太の叫びに、凄まじく何らかの懐かしさを感じた私が居る(笑 それは兎も角、新キャラの山田の登場回という事で、中の人が漸く今回の第7話の本編で発表され、広橋涼さんという事が判明しました。原作の山田のイメージとしては、まぁまぁ普通のマッチングで良かったと思いますが、妙に可愛くない?ね?可愛過ぎない?という印象もあったり(笑 でも何故に今の今まで未公表だったのかは、ちょっと納得が行かない感じもしましたが、第7話の放送終了後に『WORKING!!』のWebラジオ『YAMAKING!!(ヤマーキング!!)』が発表され、そのメインパーソナリティを勤めるのが山田…広橋さんだからという事で、一気に盛り上げる方法を模索した結果がそうなったのかもしれませんけどね(笑
 しっかし、広橋さんかぁ…あの喋り方だと最近のアニメでは『バンブレ』のタマちゃんを思い出しちゃうなぁ。そういえば、現在放送中の『いちばんうしろの大魔王』ではボクッ娘会長・白石リリィも担当してましたか。まぁ、何はともあれ、個人的にはそこまで驚くキャスティングではありませんでしたが、以降のお話でどう無駄に個性の強い山田を何処まで演じ切られるのか…楽しみですね(笑

その他、『WORKING!!』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
WORKING!!


 次回は、第8話 『伊波、はじめて?のお・で・か・け!』です。


アニメブログ『WORKING!!』ご期待下さい(何様。 宜しければポチッとお願いします~。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/210-017b8489

カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。