VPS

B型H系 第13話&第14話 (レビュー/感想) 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > B型H系 第13話&第14話 (レビュー/感想)ホーム > B型H系 > B型H系 第13話&第14話 (レビュー/感想)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

B型H系 第13話&第14話 (レビュー/感想)

第13話 『スク水で大決闘!アンタにだけは絶対負けない!』


第14話 『夏の日の思いで・・・山田、野生に帰る!』


ストーリーは…。
プール開きの季節がやってきた。
みんなと同じスクール水着を着れば、自分のスタイルの良さが一目了然と張り切る山田。
しかし、水泳の授業になると意外な出来事が。山田のライバル・金城はナイスなプロモーションだけでなく、中学時代に全米大会に出場したこともある泳ぎの持ち主だったのだ。
女の意地とプライドを賭けて、金城に泳ぎで挑むことにした山田。
勝利の女神は、山田と金城、どちらに微笑みかけるのだろうか!?

■対京香用対策案を練る山田…竹下と。

最寄のジャンクフード店に竹下を呼び出し(というか買い物のついで?)、そこで京香との対決に備えて対策案を模索していると山田。
訳の分からない竹下は、対決以前に「戦わない」と返答。しかし山田は、竹下の言葉を無視して、セレブ感強化=『楽器』と位置付けて…。
山田「縦笛なら昔よく練習したけど」
竹下「違う目的の練習してたんじゃ…」

…といった会話コント(ぉ 縦笛の時点で庶民的な件。竹下は山田の案に、小須田は求めていない・人には其々良い所がある、と諭す。
竹下が例に挙げたのは、金城は『上品・謙虚・教養』、宮野は『料理上手・控えめ・女らしい』といったものだが――山田に対しては沈黙(爆
『沈黙』というよりは、答えを華麗にスルー…はぐらかした感で「きっと良い所がある」と優等生的回答(笑 それに山田は思案するが…。



ここから、第13話 『スク水で大決闘!アンタにだけは絶対負けない!』のレビュー/感想。原作漫画第2巻の内容から。

■唐突に明日はプール開きだぜ!剃毛だぜ!(マテ

山田「(プールといえばスク水!)」
「(全員同じ格好だから、素材の違いも一目瞭然!)」

まぁ、確かになぁ(ぉ でも高校となると、共学の殆どが水泳の授業は男女別が多いと思う。昔はそうでもなかったけど、今は多いと思う。
次の日。学校で赤井先生が、ホームルームで「明日がプール開き」と発表した為、山田は「これだ!」と怪しく先の台詞を心中で吐露する。
ん~、『プール開き』は行事日程表に前以て記載されて…と、細かい事に突っ込むだけ、こういうアニメでは野暮。いや生徒達の反応が(何
また脳裏に過った“巨乳”の竹下&宮野に、山田は少しドン引きつつ、慰めるように長い手足や引き締まったお尻こそ女性の魅力と主張(笑
山田「な゛ぁ~!?」 山田エロ神『オーマイガー!!』
あっはっは。その日のお風呂。山田は、プールに備えて全身の無駄毛処理。脇・脛…順当に済み、そして股間の毛も一応と剃刀を入れ…。
“羊の毛刈り”のイメージ通り、どうやら山田は下の毛…“陰毛”を過度に剃って(無毛恥帯へ?)しまい、山田のエロ神も驚愕(苦笑
山田「当分、小須田には迫らない」
竹下「どうした?雪降るよ?」

次の日の昼食時、自分のミスは告白せずに先の台詞を口にする山田に、事情を知らない竹下は山田の珍しい言葉に怪訝の突っ込み(笑

■プールの授業。山田の鑑定眼によると宮野は『マウント・“F”uji』で京香は…。

山田「巨乳でこそないけど、胸の形綺麗…足も」
…だ、そうです。まぁ、OP映像でバレバレですが、京香の胸のサイズは『C』。この時点で山田は色々と負けている罠(笑
え~、女子更衣室で山田が着替えていると、遅れて宮野が山田の下を訪れ、スタイルの良さを褒めると、すぐに調子に乗る山田。
着替え始める宮野に対し、スタイルチェックをする山田だが、そこで見たのは彼女の常軌を逸した“巨乳”具合でイメージは富士山が2座(笑
驚愕する間も無く、京香のスタイルチェックに移動すると、心中で先の台詞とゴクリ(マテ ちなみに京香の水着は、スク水着ではなく競泳用。
補足…京香の競泳用水着は、アメリカではそれしかなかったという理由で着用。山田の「買えよ!」という鋭い突っ込みが入る(笑

■山田達のスクール水着姿披露~。…三郷ェ...(苦笑

三郷の色気の無さは異常。
三馬鹿(秋山・黒川・工藤)も華麗にスルーする程(笑 え~、左右順から京香・宮野・竹下・片瀬・小林・坂井…三郷・山田。三郷ェ...。
どうでも良いのだろうけど、三郷の胸のサイズは『A'』に間違いない(笑 ブラをする必要性が無い程らしいからなぁ....千夏にも負ける(ぉ
工藤「竹下は、何か後姿もエロいよな~」
ごめん、工藤の中の人=竹下の“彼氏”松尾なので、違和感なく作為的なキャスティングという事がこのシーンでちょっと納得した(爆
山田「でもさぁ、何といっても一番は山田だね(男性声)」
「その姿、まさにビーナスが如く~♪」
竹下「何でアンタだけ自己評価なの?」

三馬鹿達が宮野・竹下・(略)・片瀬・小林・坂井のスク水姿の評価の後、山田だけ先の台詞と自己評価。竹下の突っ込みが冴えます(笑
補足…原作漫画では、竹下が男女合同の水泳の授業に愚痴。そして三馬鹿の評価に「聞えてる」と嫌悪感を示すシーンあり。

■山田の誘惑的ポーズに小須田の股間がおっき&水泳の上手い下手には『胸』の大きさが…?

え~、山田はプールサイドで、この日の為に特訓をしたという悩殺ポーズを披露。男子生徒達の歓声が挙がる中、小須田の股間もおっき(マテ
当然、赤井先生に行動を口頭注意される山田だが、小須田が見ているかとチェックすると、小須田は股間のおっきを隠す為にプールへ(苦笑
山田「そう。竹下と真逆で水泳得意――ッ!?待て!!」
「若しかして、胸の差ッ!!?」

山田と小須田の行動は赤井先生の怒号で鎮火。その後、山田・竹下・小林の会話の中で、竹下が「泳げない」ことを受けて小林が意外がる。
そこへ宮野も会話へ参加し、1年の時はクラスで一番がクロールが早かった」という話題に及んだ事で、山田は先の台詞と自慢げに語る。
が、山田は脳裏で竹下との“差異”を思案。胸に当たる水の抵抗が大きい=泳ぎが下手だと解釈して驚愕。強ち間違いでも(ぉ

■金城 京香、中学時代に水泳の全米大会に出場経験あり。

黒川「三郷の三十倍のスピードだぞ!!?」
ごめん、黒川。目立たないキャラだから台詞を取り上げたけど、非常にその例は比較し辛い(マテ 極端な低速との比較はどうかと(ぇ
え~、山田達との会話を耳にしていた京香が、何気なくスタート台に立ってプールへと飛び込み、華麗なクロールを披露する。
その余りにも早いクロールに対し、横のコースで泳ぐビート板使いの三郷と比較した黒川が先の台詞。ここの三郷が可愛く見えた件(爆
アッサリとゴールにタッチした京香に体育教師の赤井先生も大興奮(笑 京香は、中学時代に水泳の全米大会に出場経験があると口に。
モブキャラ達「お~、さっすが『帰国子女』!!」
…しつこいよ!(苦笑 この事実に山田は「反則だ!!」と言うものの、やっぱり手厳しく竹下から冷静に「水泳の授業」だと突っ込まれる(笑
補足…原作漫画では、京香の『全米大会』発言は『全国大会』という事になっている。これはアニメ版の方が適当な台詞かな。

■ちょっと“巻き”で、山田 vs 京香 の水泳対決。その勝敗は…。

竹下「(ちょっと位、泳ぎが上手くても、全米大会には敵わないんじゃ…。)」

      /  , -''"´     \
  / /  /  ,. ‐'''""~´ ̄ ̄\
 V /   /  /             }
  ∨ /  / ,,.. -一ァ',二二二{
   V  ,..,/ ,.ィ彳 f==<r'二二二{、    | ̄ ̄              __|__ |
   ∨| ヘ`<=''~   弋ッ-ミ'''テ~ナ/    |ー― \/ ´ ̄| 「 ̄`  |   | \/
    〉'| | ト、   i{   ,..`二/ =|/''′     |__ /\ 匚]__ !__,  |_ |  __/
   //ヽヽぅ   ヽ     {   =|
   //匚 ̄]〕       丶,-‐ ,>      ( そ の と お り でご ざ い ま す )
  /´r┐|__,|ト、       、____`7´
__人..二.」'   l>、    ヽ`,二/
     ´"''ー-∟_\  ∠三ノ
―-、__        ``ヾニ='′
     `ヽ      /、
       |‐- ...__   /ヽ\_
         \    ̄   `ヽ \

え~(笑 赤井先生から「タイムを計ってみないか」と言われ、それに応じて再びスタート台に立つ京香。そこへ隣のスタート台に立つ山田。
すぐに火花を散らす山田と京香――…なのだが、何故かスタート台の上で、『美』をアピールするポージング勝負へ。赤井先生、キレる(ぉ
と、結果的に水泳勝負へとなってしまうのだったが、山田の背後に居た竹下は冷静に先の台詞を心中で吐露し、勝負の行く末を見守る。
そして、赤井先生のホイッスルがその直前、飛び込む構えを執る山田は怪しく微笑むと、京香へ「あ、UFO」と小学生的姑息な騙まし討ち(笑
竹下「ずっるぅ!アンタの方が反則じゃん!!」
しかし吊られてしまう京香の隙を突いて、意気揚々と飛び込む山田。京香は、状況を把握して飛び込む。竹下は山田の行動に先の台詞。
勝利は確実と喜び泳ぐ山田だが、流石は全米大会出場経験者の京香はグングンと山田との距離を縮めて行き、僅差のデッドヒート状態。
京香「でもね…私に勝とうなんて10年早いの…フン!」
結果、残念な事に我らがヒロイン・山田は僅差で京香に負け、京香は「流石、山田さん」と褒めるのだったが、ズイッと山田に顔を近づけると。
周囲には聞き取れない小声で山田を少々威圧しつつ先の台詞を口にし、言われた山田は京香の素の悪態に口をあんぐりさせるのであった。
補足…原作漫画では、このプールの回時点ではまだ山田は京香宅を訪問していない為、山田の口をあんぐりが生きているのだが…。

■勝負に敗れた山田。♀度を上げる為に試行錯誤す?

千夏の顔がパタリロ風に(笑
あっはっは。噴いた(原作にもあります。 え~、水泳勝負で敗れた山田は、自宅で自己トレーニングをしつつ、『♀度』アップを思案する。
『♀度』と書いて『おんなど』と読むらしいけど微妙(ぉ そこで山田は恥をしのみつつ、イケメン常備状態の千夏に教えを請うのだったが…。
山田「(この女に対してどう戦えば良いのか教えて!!)」
京香「宜しくね♪」 千夏「こちらこそ」
山田「え゛ぇ!?何で!!?」

次の日、学校で自分のクラスに千夏を連れて行き、京香と対面をさせる山田は、心中で先の台詞と成り行きを見守るものの――。
千夏と京香は、互いに女性としての評価をした上で、先の台詞の通り、親睦の和平の道的態度を執り、山田はショックを受けるのだった(笑

■夏休み突入直前。…あれ?プール回はもう終わり?(原作通り。

山田「夏は解放的な気分になるし~」
「小須田んちの窓も開放されてるかも~?」

モブ竹下「ホントにやりそう!」

という事で~、夏休み直前という時期で浮き足立つ山田は、心中で先の台詞を口にして、小須田宅へと家宅侵入の想像…モブ竹下が(ry(笑
小須田「山田!夏休みなんだけど…二人でどっか行こう!!」
きゅん♥(山田ヴォイス)。
山田「…う、うん(『うん』じゃねーよ、アタシ!)」

小須田は、もっと自分から積極的に誘おう奮起し、山田が休み時間に廊下を歩いていた時を見計らい、先の台詞と夏休みデートに誘う。
この意外な小須田の行動に、思わず山田は『ドキン☆』と心臓の鼓動共にヲトメ心を『きゅん♥』とさせ、小須田の誘いを了承する――のだが。
山田「予定が全く合わない…。何というか、流石小須田....」
終了~。いざ互いのスケジュールを照らし合わせてみると、デートが出来る日程が合わず仕舞いで山田は先の台詞と愚痴り、小須田は涙orz
補足…山田のメモ帳には『エフシタとショッピング(水着)』やら『今年の水着はフリル系』と書いてある様子(苦笑

■アイキャッチ(一部違)。

■小須田の健全な夏休みと山田の不純な思惑の末の楳図かずお(何

小須田とのデートの日程が合わず仕舞いで夏休みに突入し、原作漫画なら暇を持て余してのヲナニー回数急増の山田は自室で意気消沈。
しかし思い切って外に出て行き着いた先は、双眼鏡を用意する程の周到さで小須田宅付近。電柱の影から小須田宅を窺う。ス、ストーk(ry
そんな山田の背後から、小須田の姉・香月が声を掛けて来る。香月との会話の中で『小須田を含めた家族は不在』だと知る山田。
香月は、毎年恒例の家族行事で『牧ノ原キャンプ場』へ旅行に行くらしく、自分もバイクで今から向い合流をする予定だと言う。
山田「ふふっ、いい歳して家族旅行なんて小須田らしい。ほのぼのしてて…」
香月「ご近所の宮野さんちと合同でね」


※楳図かずおセンセの絵。上記画像は『拾い物』。
山田「ほのぼのじゃねぇ~!!」
…と、単なる家族旅行で納得しかかっていた山田に、香月が付け加えた一言でアッサリと楳図かずおセンセの作風の表情で驚愕する(笑
補足…原作漫画では、「ほのぼのじゃねぇ~!!」の台詞は「ほのぼのな話じゃねぇ~!!」となっている…微妙~(ぉ


ここから、第14話 『夏の日の思いで・・・山田、野生に帰る!』のレビュー/感想。原作漫画第2巻の内容から。

■“裏切られた”と思っている時点で…。取り合えず、山田のあり得ない妄想。

香月と別れて自宅に戻った山田は、自室で家族旅行(しかも宮野付き)を聞かされていないだのと、“裏切り行為”とばかりに勝手に憤慨(笑
山田「裏切り者には死を…」
更には、小須田と宮野が旅行先で良からぬ関係を築いているのでは?的な妄想をしてしまい、思わず口から零れる先の台詞(苦笑

■小須田を追った先に在ったものは…。

山田は何と小須田を追ってキャンプ場のあるド田舎を訪れるのだが、駅から車で30分掛かる場所まで徒歩で移動の為に四苦八苦。
そこでヒッチハイクを思い付くのだが、山田は乗せてくれた相手(男性)に襲われたら~といった妄想を繰り広げつつ、実行に移す事に。
山田「車が…来ない…」
相当な田舎という事ですね(汗 いざ、ヒッチハイクをしてみるも、通る車がなく炎天下の中、死にそうな表情で自分の行動で葛藤の山田。
しかしそこへ一台の車が通り掛かった事で、いざヒッチハイクと親指を立てる山田に対し、少々行き過ぎて止まる車から出てきた人物は…。
野戦服を着込んだ厳つい男性で、山田は同乗者を見ても同じ服を着ていた事と、更に車内に自動小銃数丁を発見して驚愕する(笑
当然、山田は「結構です!」…とはいえず仕舞いで、男性の車に同乗をし、向うべき場所へと相乗りをする事になるのであったが――。
“戦場の狼”が一人。
と、山田が怪しげな男達に連れ去られたと車で向った後の場面転換後、何故か山中で野戦服を着込み、サバゲーに参加する山田の姿。
本人も訳が分からないという感じではあるものの、隊長と思しきヒッチハイクの際に車外に降りてきた男性に煽られ、そのまま参加続行(笑
しかし山田も意外とノリノリ状態らしく、敵に向けて「オラオラァ!」と自動小銃を撃ち捲くる。そこには一匹の“戦場の狼”の姿が(ry

■サバゲー無事卒業。しかし何だこの温度差。

山田「(力こそ正義ぃ....待ってなさい、小須田ぁ...。)」
夕暮れ時、先ほどの森を利用したサバゲーとは一転、死屍累々と荒廃した野に一人立つ山田。瀕死の隊長が記念にと自動小銃を贈呈(笑
息絶えた(マテ 隊長に敬礼をする山田は、改めていざ小須田の下へと間違った方向を極めたとばかりに、心中で怪しく先の台詞を口にする。
宮野「星に…なりたい....」
小須田「えっ?何だ!?何か悩み事があるなら言ってくれ!」

一方、夜も更けた頃合、キャンプ場から少し離れた場所で、星空の写真を撮る小須田の下に、宮野が声を掛けてやって来る。
宮野は、小須田が「昔から星が好きだった」と切り出し、小須田も「昔は宮野宅に行って望遠鏡を覗いていた」~と思い出話に花を咲かせる。
小須田のそういった真剣な表情で夜空を見上げる姿を目にする宮野は、ロマンチック的ながら自然に先の台詞を呟く…が、小須田は鈍感(ぉ
山田「わぁ~♪エロ本だぁ~!!」
「雨に濡れて捲りにく~い♪」

山田エロ神『じゃがそこがまた何ともエロい』

男子中学生か!(笑 多分、こういう光景は今の若い子は理解し難いに違いない。アナログ世代は山田のこの感覚は理解可能な筈(爆
再度、山田側に戻り、目的地まで歩く山田だが、その途中、道の脇に雨で濡れてカビカビになったエロ本が落ちているのを発見。
山田は嬉々として先の台詞を口にするや否や、別途付近に落ちていた棒を用いて、そのエロ本を捲って遊んでしまう....駄目だこいつn(ry

■山田、漸く小須田と合流するも…。

夜道を歩く山田は、遠方に小須田の姿を目にした為、表情を明るくして走り寄るが、小須田の隣には宮野の姿があり思わず身を隠す。
その動作で芝がガサガサと鳴った為、宮野は小須田に寄り添うように身を寄せ、山田は何故かニワトリの鳴き真似でやり過ごす(笑
山田の鳴き真似で漸く警戒を解いた小須田と宮野だったが、ふと自分達の寄り添う状況に慌てて身を放し、宮野は先に帰ると去って行く。
そこで嫉妬に怒り狂う怒涛の山田の自動小銃の集中砲火が、何気に宮野の胸に視線が行っていた小須田へと襲い掛かる。
山田「この辺、猪が出るって言うから、牡丹鍋が食べたいと思って…」
苦しい!苦し過ぎる!!(笑 え~、ドドドドと失踪して小須田との距離を縮め、地面へ土下座を強要させて事情を説明させる山田。
しかし小須田も質問と「何故この場所に?」と尋ねると、山田は自動小銃を手に取り、先の台詞と苦し紛れの言い訳をする(苦笑
小須田は山田の言い訳に「(エアガンで猪を?)」と疑問に思うも、ハッと「若しかして自分の為に」と問い詰めるが山田は“ツン”爆発で否定(笑
山田「宮野の胸見てニヤケていたくせに…」
小須田エロ神『それは誤解じゃないよな~?』

もう帰ろうと踵を返す山田に、小須田は慌てて宮野との一件は誤解だと声を掛けるも、山田の先の台詞に否定出来ない小須田。エロ神ェ(笑

■小須田、ナチュラルに“ツボ”を抑えたロマンティスト。だけどこの星座はどうだろう?

山田は、宮野を相手に写真を撮っていたと誤解をしており、小須田がカメラの用途を星空を撮っていただけだと知り少々気持ちが安堵する。
山田「アタシの写真は撮れないって言う訳!?」
そして、山田は「夜空の星より地上の星」と被写体アピールをするも、小須田が「えっ?」と鈍い反応を見せた為に先の台詞と詰め寄る(笑
星空に向けたカメラはセットしている為、小須田は鞄からデジカメを取り出し、それを山田に向けて撮り始める。山田は自然なポージング。
山田「(げ、芸術の為なら…アタシ…!!)」
自分に向けられるパシャッ!とフラッシュとシャッターの音を聞きながら、山田は何を思ったのか心中で先の台詞と自身の服に手を掛ける。
しかしバッ!とベスト型の上着を脱いだ瞬間、小須田のデジカメのバッテリーが切れて終了。山田の必死な行動の意味も終了(ぉ
小須田「うん、元々山田に見せようと思って、撮ってたんだから」
もう帰ろうと言う小須田に、山田は「星を撮らなくても~」と尋ねるも、小須田は先の台詞と返答。自分の為の写真だったと感動する山田。
小須田は、夜空を見上げて山田を視線誘導と声を掛け、夜空を仰ぐ山田の目の前には“星々の大海”が広がっており…。
山田と小須田は、遮るもののがなく空一杯に広がる無数の星を無言で感慨深く眺め続けるので~あった。何故か『H』型の謎の星座が(笑



:リアル多忙故、Bパートは後々に追記を致します。う~ん、同時並行作業は死ぬね(吐血:追記完了です。今回は総括を割愛!(マテ

当ブログ以外の『B型H系』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
B型H系


アニメ 『B型H系』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
TVアニメ『B型H系』公式サイト


 次回は~…。

次回は修学旅行回!そして、小須田が愈々山田に“告白”を――!!みたいな~。まぁ、山田の一人上手は異常(マテ


アニメブログ 人気BlogRanking山田可愛いよ山田。 宜しければポチッとお願いします~。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/208-0ad242d8

カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。