VPS

kiss×sis 第5話 (レビュー/感想) ぢたま(某)センセの真骨頂爆発回! 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > kiss×sis 第5話 (レビュー/感想) ぢたま(某)センセの真骨頂爆発回!ホーム > kiss×sis (TV版) > kiss×sis 第5話 (レビュー/感想) ぢたま(某)センセの真骨頂爆発回!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

kiss×sis 第5話 (レビュー/感想) ぢたま(某)センセの真骨頂爆発回!

第5話 『ゴメンナサイ!』


三国 美春回ならぬ“失禁”回(爆
いや~、酷かった、色々と(褒め言葉。 ヤバイですね…流石にちょっと特殊な性癖が絡んだお話だけに、視聴者的には賛否両論はある筈(笑


ストーリーは…。
圭太のふりあげた手が、またも偶然通りかかった三国の胸にあたってしまった。
あことりこは平手打ちを食らい帰宅した圭太を心配するが、圭太は理由を言えるわけもなく、そっけない返事をするばかり。そんな圭太の様子をみたあことりこは「ラッキースケベ(事故)があったのかも」と推測する。
翌日、圭太は自習しようと図書室に向かうと、カウンターには三国の姿が。昨日のことを謝ろうとタイミングをうかがうが、三国は三国でエロ大魔王と噂のある圭太を警戒していた。スキを見てトイレに立つ三国だったが、生徒手帳を落としてしまう。それに気づいた圭太が追いかけるが、三国は走って逃げていく。追いかけっこが始まったその時、傘を届けにあことりこが圭太の中学校に到着する。

ほいじゃ、まずはちょっとした意外なネタから。

■ぢたま(某)センセ作品故かカメオ出演…“友情出演”でぷらぐが登場!

ぷらぐ「浮気なんかに負けちゃ駄目ー!!」
え~と、「『弱気』なんかに~」の『弱気』が『浮気』に聞えた私が居るorz ので、上記台詞もそういう風に書いてます(笑
という事で、ぢたま(某)センセの作品でアニメ化もした『ファイト一発!充電ちゃん!!』の主人公・ぷらぐが“友情出演”しましたよっと。
ちなみに、シビビビビ…とぷらぐに“充電”される閃登らしき男性キャラもチラッと映っていましたね。しかし「うっひょ~!!」て…(遠い目
あ、そだ。当然なのかもしれませんけど、この“友情出演”のぷらぐの中の人は、本放送版の方ではありません。声色を似せてましたが。


さて、ここから今回のお話のメインキャラ紹介形式っと。

■三国 美春。

今回のお話は、前回まで度々圭太にイジられてきた三国 美春がメインヒロインな回…なのだが、色々とんでもない事に…(汗笑

■圭太、あり得ない状況からの“ラッキースケベ”で美春の胸を揉みしだく。

圭太、最低ぇ....。
という言葉しか浮かんでこなかったんだぜ...。え~、悪友の三馬鹿が圭太のフェチを尋ねた際、圭太は『巨乳』と答えるのだが――。
身振り手振りでアピールしようとした瞬間、圭太の前をノートだかを持った美春が通り掛かり、圭太が美春を抱き付く様に胸を鷲掴み。
それに気付かない(訳が無いのだが)圭太は、両手に納まった美春の胸をモミモミ(苦笑 当然、圭太は美春からナイス☆ビンタ。
まぁ、因果応報・自業自得というお話で、圭太は頬に“紅葉”を残して帰宅。この一件をあこ&りこが怪しみ“浮気”と勘違いして物語が進行。

■胸を揉まれた美春は悶々?

ミントグリーンの下着か…良いですなぁ(マテ って事で、自室で圭太に胸を揉まれた事を回想させ、「忘れなきゃ」と葛藤(違 する美春(笑

■美春、“失禁”す。

『これは』美春の妄想です♪
『これは』がミソね(マテ という事で、上記シーンは圭太があこ&りこをから逃げる際、ロッカーに共に逃げ込み、難を逃れた後の美春の妄想。
この時点でも美春の膀胱のダムは許容値ギリギリであった為、一瞬の脱力と共にそう“錯覚”という名の妄想に思考が飛んでしまっ…た?(ぇ


■今回のお話の流れの要約(左右順に楽しく見て行ってね♪(ぉ )。

『おしっこ』…それはぢたま(某)センセの“本能”。
はい、「理解が出来ません」…何て方が多いのは間違いなさそうですが、ぢたま(某)センセは至って真面目に語られる方ですよ、本当に(笑

 今回のお話の流れとしましては~、先にも少々書いた通り、美春の胸を意図せずに揉んでしまった圭太が、学校の図書室で勉強をしようと向うと、そこには図書委員の美春が居た為、勉強をしながらも謝ろうかと思案。一方、美春はというと図書室で勉強をする圭太を、あらぬ彼の“噂”を耳にしていた事や今までの行為によって、身の危険性を鑑みるように警戒。そんな時、極度の緊張で美春の膀胱が限界近くになってしまい、圭太に構わず図書室を去ってトイレへと向う。ふと美春が居ない事に気付いた圭太が、図書室の入り口に生徒手帳が落ちて居た事に気付き、美春の後を端って追いかけて声を掛けるも、彼女は“色魔”だと思っている圭太が迫って来ていると勘違いし、慌てて二人は廊下を鬼ごっこ。

 また、外は雨が降っていた為、圭太の“浮気”が気になったあこ&りこが『姉として』という建前を並べた上で、傘を圭太が居る母校へと持って行こうと向う。到着後、幾ら母校とはいえ勝手に校内を歩き圭太を探すあこ&りこに、美春と鬼ごっこ中の圭太が気付き、何故か彼女を強引に最寄の部屋へと連れ込み、共にそこにあったロッカーの中へ隠れたり――脱出したりと繰り返す内に、何故か校舎外に設けられていた体育用具室へと逃げ込むのだが…。

 体育用具室で身を潜めていた圭太と美春だったが、開けっ放しだった入り口のドアを体育教師が鍵を掛けてしまった事から、圭太は少々高い場所にある窓からの脱出を図ろうと、美春を肩車した状態でバランスが取り難かったのかえっちらほっちらと左右に振れ、その挙動のお陰で美春は今の今まで“妄想”を経てまで我慢をしていた尿意…『おしっこ』を塞き止めていたダム(括約筋)が崩壊。盛大に激しく勢い良く、圭太の後頭部から制服の背中に掛けて美春の『おしっこ』が大量に伝ってしまう…書いててしんどい(マテ

 え~、ま、そんなこんなで、俗に言う“お漏らし”をしてしまい羞恥心で一杯の美春であったが、圭太は床に溜まった尿を倉庫に置いてあった雑巾を用いて掃除。その最中、一通り尿を拭き終わった圭太が、美春の尿が付着したであろう自身の手を徐に顔…鼻に近づけて“くんくん”と嗅ぐ始末(滝汗 え~…特殊性癖ってレヴェ(ry 流石に尿のスメルティングはどうかと思う、いや本当に(苦笑 当然、美春はその行為に驚愕して、圭太をバシッと引っ叩く。床に這い蹲る圭太だが、“怪我の功名”と這い蹲った先に見えたのが地面に設置された小窓。その小窓から見事に脱出に成功をした圭太と美春。圭太は、“お漏らし”の件を「絶対に言わない」と男らしく言うと、美春も「ありがとう」と安堵をするのだったが――。
 少し状況を戻し、美春は体育用具室で圭太に「『おしっこ』で濡れた下着は大丈夫か」と(変な意味ではなく)聞かれ、その指示に従って脱いでおり“ノーパン”状態であった為、彼女が体育座りのように座り込んだ状態となった際、目の前に居た圭太に思い切りスカートの中…“秘所”である自分の『ナニ』を見られてしまい――二人の空間がピシッ!と静止した後、またも当然の様に圭太は美春からフルボッコにされて終了となるので~あった(笑

 結局、圭太を探せないままのあこ&りこは、雨も止んだ夕暮れ時の河川敷を歩いていると、川を眺める圭太の姿を発見して走り寄るのだが…。振り向いた圭太の顔は、あこ&りこが判別不能な程に晴れ上がった状態であった為、思わず二人は「どちらさま?」と口にしてしまうので~あった。ちゃん☆×2。…あら、結構普通にストーリー書いちゃったorz 申し訳候(吐血 疲れていると違った意味でテンションが上がって書いちゃうな...(遠い目

■美春の“お漏らし”。

※クリックをすると別窓拡大。ちょっと拡大可能な仕様にしてみたり(ぉ
これぞ、ぢたま(某)テイスト!
だと思ふ(笑 そういえば、『快楽天』時代からこうした『おしっこ』を題材にしたカップルのお話だったり、りこの原形みたいな風紀委員が(ry
兎も角、これをAT-X放送とはいえ、普通に描写しちゃうのだから、凄まじいったらありゃしない…ってのが基本的に率直な感想でしょうね(笑



■あこ&りこ。

当アニメのメインヒロインなあこ&りこながらも、今回は美春に主役を譲って脇役化。しかし、圭太の“浮気”疑惑の妄想を頑張ってました(マテ

■で。そのあこ&りこの圭太の“浮気”疑惑に対する妄想(笑

美春から平手を喰らった圭太を目にし、その理由を尋ねるも素っ気無い態度をされたあこ&りこが、勝手に“浮気”を疑い出しての妄想。
りこ「クンクン…女子のにほい(匂い)がする」
「クンクン…“ラッキースケベ”の匂いがする」

流石、スケベ度はあこより高いりこ(笑 圭太に振られ互いに見合うあこ&りこ。そこでりこが先の台詞を圭太の通った道筋を匂い発言。
しかし“ラッキースケベ”という俗語や中学での圭太と女子との接点を、卑猥に妄想するその思考力には脱帽してしまいますね(苦笑



最後にやっつけで…。


■姉達への煩悩を払拭した結果がこれだよ!!(笑

圭太の中では、姉のあこ&りこは天女扱いで、同級生は美春は菩薩扱い。と、あこ&りこに対する煩悩の退散を試みる圭太。
何か『かめ〇め波』の構えから放つ動作が両手を突き出す構えで噴くが、そのお陰で美春菩薩の両胸に手を置く妄想に達して終了(笑



美春可愛いよ美春
いや、今回の“お漏らし”とか関係無しで。まぁ、眼鏡&巨乳を地で行っている典型的キャラですが、ぢたま(某)作品では珍しい...(マテ

 ふ~。いや~、本当に酷い回だった(褒め言葉。 今回のお話は、視聴者のみならず若しかしたらばぢたま(某)センセも、『ここ(失禁描写)までやる』とは思っていなかった筈。と、思う一方で、アニメ化するならばぢたま(某)センセが、『おしっこ』の件を伏せずにアニメ化の許可なんて出すはずない!と思えるから不思議(笑 まぁ、“失禁”の点でいえば、既に『ファイト一発!充電ちゃん!!』で描写されていますから、そこまで大騒ぎするほどでもないの…か?(ぇ しかしあっちは尿の配色が“黄色”という演出でしたが、当アニメでは割と優しめに配慮されたのか水と同等の配色でしたね。…ぢたま(某)センセ的にはどうだったのだろう?(やっぱりそれかい。

 ぢたま(某)センセの作品故か失禁回だからなのか、何故か“友情出演”として『ファイト一発!充電ちゃん』からぷらぐ・クライオスタットと近江 閃登が登場。まぁ、“失禁”の件だけを挙げるとするならば、ぢたま(某)センセの『快楽天』時代の作品には溢れかえってますけどね。っと、脱線をしましたがー…上記にも書いてはいましたけど、残念な事に今回登場のぷらぐの中の人はTVアニメ版の福原 香織さんではなく、寺本 夾可さん(クリックをするとブログへ)という新人声優さんだったみたいですね。しかもまだ高校生。閃登の中の人も違った…筈。「うっひょ~」ってのが気になる(何

 ん~、相変わらず圭太の挙動が気持ち悪い訳だがー…いや、声かな。もう誠を想像しちゃってげんなし。いや、中の人が悪い訳ではないけれど、どうもこの癖のある声色が気になるというか気に入らない(ぉ でも良く考えれば、まだ中学三年生であり、こういうスケベ心真っ盛りだから、リアルな描写といえばそうなのかもしれない…か?(ぇー

OAD&TVアニメ『kiss×sis』公式HPは下記リンクからどうぞ。
kiss×sis(キスシス)禁断のアニメ化プロジェクト始動!
バンダイチャンネル<オンライン先行試写会> 「kiss×sis」第1話
(視聴は出来ませんが放送情報等があります)。


 次回は、第6話 『胸騒ぎのアキバ』です。


アニメブログ 人気BlogRankingぢたま(某)センセの持ち味を遺憾なく発揮した回でした(笑 宜しければポチッとお願いします~。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/197-1ff53874

カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。