VPS

けんぷファー 第12話 (番外編/最終話) 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > けんぷファー 第12話 (番外編/最終話)ホーム > けんぷファー > けんぷファー 第12話 (番外編/最終話)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

けんぷファー 第12話 (番外編/最終話)

第12話 (Extra Show/最終話兼番外編)『Weihnachten ~臓物たちの奇跡~』

前回以上の――
超絶カオス回。
に、間違いないでしょう。というか予測通りの内容で、かなり声優さんの無駄遣い。でもある意味、最後に持ってきたのは正解かも?(ぇ
何といういうかね、「こういう『けんぷファー』あってもいいんじゃね?」レヴェルの物語構成感が酷すぎる訳で(吐血

ストーリーは…。
無限に広がる大宇宙。この宇宙にあるものは、原子で構成されています。
つまり、全ての存在が生きているといってもいいでしょう。
小石だって、草だって、アメンボだって、臓物アニマルだって、全てが生きているのです!

星よ、私たちを照らしてください。
鳥よ、私たちのために歌ってください。
森よ、私たちの命の糧を与えてください。
闇よ、私たちに輝く夢を見させてください。
サンタクロースよ、私たちに、たった一日の奇蹟を――。


どうみてもナツル(♀)「むかぁ~しむかぁ~し、『臓物アニマル』がおりました」
もうこの時点で凄まじく微妙な訳ですが(苦笑 どこぞの一家で眠ろうとする子供に本を読ませようとする女性が本を開いて先の台詞。
で。『けんぷファー』本編というか、ナツルの時代へとタイムスリップ(違 …まぁ、本の物語として『けんぷファー』が始まる訳ですね。
朝起きたナツル。しかし自身の身体が何とハラキリトラに!そして、自分の身体がナツル(♀)化しており、同時に起きたナツル(♀)は…。
見事にナツル(♀)の中には、ハラキリトラが入っており、共に驚愕をするが、基本的にナツルの衝撃が強く、呆然とするのであった。


ナツル(ハ)「あらあら、何とたわわな脂肪分。臓物何個分でしょ?」
身体を返せと迫るナツルだが、ナツル(ハ)にも意味が分からないと返され、ハラキリトラはノリノリで自分が作ったという派手な服を着用。
そして、ハラキリトラは自身(ナツル(♀))の胸を持ち上げながら、先の台詞を口にし、ナツルの顰蹙を買うのであった…書き辛いなぁ~(爆
ナツル(ハ)「『此処ではない、何処かへ』的な」
またコートを羽織って部屋から出て行こうとするナツル(ハ)に、ナツルは制止を呼び掛けて肩に乗るが、ナツル(ハ)は先の台詞。
そして、更にナツル(ハ)は、何時もは自分がやられているゴミ箱投擲処分を、ナツルがヌイグルミの身体を良い事に実行する(笑

■をまけ。-スクロール画-

※クリックをすると別窓拡大。


雫(カ)「臓物で言う所のハツ(心臓)の高鳴る音で御座います」
水琴(チ)「あぁ...これが命の鼓動」
ナツル(ハ)「生きてるって…」
全員「素晴らしいぃ~」

ナツル宅から外界へと脱したナツル(ハ)は、在り得ない格好で商店街を軽い足取りでスキップをし、人間の身体の運動性能を堪能(マテ
と、そこへ自分と同じ足取りで仲良くやって来る雫(カ)・紅音(セ)・水琴(チ)が現れて、そっちもそうなってた~云々と挨拶を交わす。
そして、雫(カ)が徐に自身の胸に手を当てて、ヌイグルミ時には聞えないハツ(心臓)の鼓動を聞いたかと先の台詞から一連の会話。
雫(カ)「オホホホホ。臓物で言う所のミノ(胃)・テッチャン(小腸)辺りから発せられた音ですわ」
そうしたハツの鼓動に生きている実感を感じるナツル(ハ)達だったが、その時、「ぐぅ~」と空腹を訴える音が鳴り、雫(カ)は先の台詞。


完全に共食い感。
空腹の音を受け、ナツル(ハ)達は『もつ鍋屋』に来店し、勝手に注文を済ませて鍋を食す。…お金は?という疑問が浮かぶよね(笑
で、それを食する事でさえ、生きている感動を覚えてしまうナツル(ハ)達。また、雫(カ)は猫の為に『猫舌』ネタが炸裂する。
でもさ、実際は動物をモデルにしたヌイグルミってだけだから、そこまで動物の特性を生かす演出の必要性を感じ無い罠(爆

■アイキャッチ



やっぱり無銭飲食。
もつ鍋を完食して満腹と店を後にしようとするナツル(ハ)達。しかし、そこで食事代をと声を掛ける店員だったのだが…。
何とそのお店で働いていたのは、ナツル・紅音のクラスメイトの委員長達であったー…え゛ぇ...。何、この余った声優さん使っとけ的な(笑
で。やっぱりお金を持っていなかったナツル(ハ)達は、会計が電卓で打ち出した38万円というボッタな金額を払えず、身体で払う事に。
何故か店内に大規模な落とし穴があり、委員長の怪しいボタン一つで店の地下深く(?)へ突き落とされるナツル(ハ)達であった。
補足…委員長達は、当初お客がナツル(ハ)だと思っていたが、副委員長が匂いや耳・尻尾で赤の他人判定。


ますみ「時間だよぉ~、4人集合ぉ~!」
ザ・ドリフターズ』に謝れ!(マテ と言う事で、学園の『新聞部』の西野ますみが、ナツル(ハ)達の舞台MC担当で登場。
舞台の観客は、何故か『臓物アニマル』シリーズのヌイグルミ達で、本物のナツルではないとしながらも、盛大に歓声を浴びせる。
これにヌイグルミ時では味わえないと、逸早く味を占めた紅音(セ)が脱ぎ出した事を始め、次々とコスプレを疲労するナツル(ハ)達。
え~、以下、説明するのも面倒になってきたので、上記キャプ画でダイジェスト的に視覚のみでお楽しみ下さい(ぁ


舞台で歓声を浴びて気持ちE~的な解放感のナツル(ハ)達は、もうどうにでもなぁ~れぇ~と着用の衣服をスポーン!と脱ぐが…。
そこに真性百合根性の楓が現れ、ナツル(ハ)達に毛布を掛けて裸体披露を阻害し、舞台を強制中止にさせて外へ連れ出す。
楓は、視聴者へ向けてまたもやナツル(ハ)達がナツル達ではないと口にし、ナツル(ハ)達に何か言い知れぬ気持ちになると身を捩る。
更に続けて、自分とデートをして欲しいと申し出、ナツル(ハ)達はそれに笑顔で快諾をするのであった~…どんな展開だよ(吐血


『臓物ランド』…行きたくNEEEEE!!!
行きたくないっていうか、行こうという気を削がれる名前だよね(笑 いや寧ろ、死亡事故多発の記録更新してますよ、的印象の名前(爆
またもヌイグルミでは(ry と感動のナツル(ハ)達が鋭く寂れていると指摘すると、楓はマニアには人気・自分は年間パスポート所持と主張。
紅音(セ)「“磔”最高~」
水琴(チ)「“ギロチン”最高ですぅ~」
ナツル(ハ)「“感電”楽・し・いぃ...」

解説をすると、紅音は擬似“磔”車輪、水琴(チ)は擬似“ギロチン”フリーフォール、ナツル(ハ)は擬似“電気椅子”(電流有)メリー。
いや~、紅音の意外は楽しく無いだろ、このアトラクションの数々(苦笑 “ギロチン”フリーフォールとか死者続出だろうしね(爆
あ、擬似“電気椅子”も下手すれば死ぬか。こうした良く言うと『世界の死刑模擬体験アトラクション』…いや、やっぱ駄目だわ(ぉ
それにしても、“電気椅子”をカンデンヤマネコの雫が体験していなかったのは何故だろうね?そこが疑問でならない(マテ


一方で、どうやってヌイグルミの姿で来たのか謎過ぎる中身は水琴のチッソクノライヌや、以下省略の紅音と雫はナツルに詰め寄る。
結局、ナツル宅の自室に戻っていたナツル達。と、ふと雫に言い知れぬ羞恥心という名の悪寒が走り、ナツルにどうしたのかと問われ…。
それを答えたくないと拒絶の雫に、解決の糸口がと詰め寄るナツルだったが、雫は逆切れを起してナツルを足蹴に罵る。
あ~、この番外編は、雫がナツルを『名前』ではなく『苗字』で呼んでいる為、水琴が登場した回の次辺りの時間軸になるのかも?
ま、そうだとしても、ぶっちゃけどうでも良かったりはするのですがー(コラコラ そんなこんなで、ナツル達はこれで出番終了(ぉ


ナツル(ハ)達に戻り、着々と良く分からんアトラクションをこなして行く一同。最後と言う事で、ナツル(♂)の同級生も登場。
そういえばさ、何故に楓の中身はヒアブリライオンの内海さんじゃなかったのか。そこだけ、ど~しても納得がいかねー(ぇ
まぁ、このカオスな状況を制止する相手が誰か一人は居なければならないから、なのでしょうけどね。…どうでもいいか(ぉ


な ん だ こ れ 。
はい。え~と…『関口ひろしの東京フレンドパーク』のパクりアトラクションですね(笑 しかも『ウォールクラッシュ』(苦笑
え~っと、壁にSF的スーツを着込んだ楓が壁に張り付き、籤で引かれた身体の部位をナツル(ハ)達が噛み付き競うという内容。
もうね、上記キャプ画でお楽しみ下さい(苦笑 またこのアトラクションが終わった後、何故か楓はその場を後にし、教会で懺悔行為。
補足…何故、懺悔行為かというと、ナツル(ハ)達と楽しい一時で味わった快感が癖になる云々(曲解)という意味で。百合根性然り(ぉ


その教会でまたもや修道服の委員長達が現れ、楓を淫売だのと罵って(違 その罪を注ぐ為には働けと厳命。またも落とし穴落下の楓。
以下、上記キャプ画でご参照の上、お楽しみ下さい(マテ 楓を道具として扱う委員長達の不敵な笑みを背景に、楓は労働しまくりんぐ。


で。見兼ねたナツル(ハ)達が乱入し、楓には分からない自分達だけのヌイグルミ時代の思い出を語り、互いに親和性を高めるが…。
そこで登場の委員長達が交戦状態へ持ち掛け、ナツル(ハ)達も意欲をみせ、戦いが勃発――と思いきやナツル(ハ)が大転倒。
この転倒時に得た『痛み』に、またもや唐突に「生きてるって~」と口にし、ナツル(ハ)達は互いの殴り合いを機器として始める始末。
これに呆然の楓、そして委員長達。また委員長達は、興醒めという事で、楓を解放とその場を離れて行くのであったとさ、おすまい☆(マテ


メリー・クリスマス♪…が言いたかっただけ。
別れ際にナツル(ハ)達と楓はナイス☆シェイクハンド(握手)をし、別れを惜しむ。と、その時、雪が降り出した事で空を見上げる楓。
しかし次の瞬間、ナツル(ハ)達は楓の前から消えており、空には雪を降らせるサンタコスプレのナツル(ハ)達の姿が。
そんなこんなで、こうしたお話を、序盤に戻ってのナツル(♀)が子供に読んでいた本を読み終え、隣に現れるナツル(♂)。夫婦かよ(ぉ
ナツル「な~んなんだよ、このオチはぁ~!」
雫「くだらないわね」
はい、視聴者の9割以上がそう思うであろう気持ちの代弁、ありがとやんした。こういう話に使われる声優さんって大変だ(仕事だしね。
最後の最後の〆と、ナツル(♀)・ナツル(♂)の世界に、サンタコスプレの楓が空から、『臓物アニマル』…ナツル達をばら撒く。
空中を落下しながら、ナツル達は各々愚痴ったり喜んだり(苦笑 取り分け、先の台詞とナツルと雫は、見事に今回のお話に突っ込み終了。
夜空に浮かぶ『メリー・クリスマス』…ただ、そうただ…これが言いたかっただけの内容だったんぜ(吐血 いや~、強引×2(苦笑

■をまけ。-スクロール画-
 
※クリックをすると別窓拡大。
 



 え~っと、申し訳ありませんが、リアル多忙分もありますが視聴的に疲れたので(コラコラ、後々に追記をさせて頂きますよって(マテ
 追記更新完了でぃす。只管に疲れたのは内緒なんだぜ(ぇー

当『けんぷファー』の粗筋レビュー記事等は下記リンクから宜しければどうぞ。
けんぷファー 第11話(最終回?)
けんぷファー 第10話
けんぷファー 第9話
けんぷファー 第8話
けんぷファー 第7話
けんぷファー 第6話
けんぷファー 第5話
けんぷファー 第4話
けんぷファー 第3話
けんぷファー 第2話
けんぷファー 第1話
けんぷファー OP&ED背景画のまとめ。


その他、けんぷファーの感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
けんぷファー


アニメ 『けんぷファー』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
StarChild:けんぷファー
TBSアニメーション・「けんぷファー」公式ホームページ


アニメブログ 人気BlogRanking宜しければ応援ポチッとお願いします~。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/190-40faf54c

前回が実質の最終回で今回は特別編というか蛇足にならなければ良いけどの「けんぷファー」。ある日突然、ナツル達けんぷファーの四人が臓...
[2009/12/20 18:09] ゆる本 blog
アニメ けんぷファー 第12話(最終回) 『Weihnachten~臓物たちの奇跡~』 の感想です。このアニメの最終的な結論は、生きてるってス...
[2009/12/20 13:38] 自堕落アニゲー生活
けんぷファーVOL2(初回限定生産) [Blu-ray](2010/01/27)瀬能ナツル(CV:井上麻里奈)美嶋紅音(CV:堀江由衣)商品詳細を見る本当に意味不明なカオス展開。臓...
[2009/12/20 10:07] 破滅の闇日記
オワタ\(^o^)/
 番外編でした。ちょっと意外な内容でしたね。
[2009/12/19 23:44] つれづれ
けんぷファー〈1〉 (MF文庫J)/築地 俊彦¥609Amazon.co.jpけんぷファー 1 (MFコミックス アライブシリーズ)/築地 俊彦¥500Amazon.co.jpけんぷファー〈2〉 (MF文庫J)/築地 俊彦¥609Amazon.co.jpけんぷファー 10 (MF文庫 J つ ...
[2009/12/19 22:33] 空の下屋根の中別館
何も考えないで見ましょうwww意表を突かれた感じでした~ナツルたちと臓物アニマルが入れ替わった!?…臓物組はお耳としっぽがそのままなのがw目が点のすさまじいお話でしたが、これって、女ナツルママが我が子?に読み聞かせしてた本の内容なんですよ...
[2009/12/19 21:43] のらりんクロッキー
最後は番外編?臓物アニマルとナツルたちが入れ替わってしまうってカオス展開。で、もつ鍋を食べに…臓物だけに?(^^;楓とデートで...
[2009/12/19 21:00] SERA@らくblog 3.0
カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。