VPS

けんぷファー 第11話 (最終回?) 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > けんぷファー 第11話 (最終回?)ホーム > けんぷファー > けんぷファー 第11話 (最終回?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

けんぷファー 第11話 (最終回?)

第11話 (最終話?)『Wählen ~歓喜の歌~』

『超展開』というか――。
単なるカオス回。
…かな?個人的には。といっても、そこまで過剰に反応をする事も無かったりしますけど。しかし結局、楓の正体は闇の中…か。

ストーリーは…。
夏休みです。蝉が鳴いてます。蝉っておいしいんですかね。
せっかくの夏休みだというのに、ナツルさんが珍しく悩んでいるようです。
どうやら白のケンプファーについて悩んでいるようですよ。
雫さんから、白のケンプファーを操っている人が誰かを聞かされたみたいですね。

いよいよ、真実が明らかになるのでしょうか!
黒幕は誰なのか、モデレータとは何者なのか!
ケンプファーはなぜ戦わなくてはならないのか!
蝉はおいしいのか!


楓が一番最初に購入し、『臓物アニマル』シリーズで最初のヌイグルミで、一番特別だという『ヒアブリライオン』…。
内海さん(ラオウ)かい!!(爆
え~、冒頭の雫の独り語りの内容なんてどうでも良いとばかりに、『原初の一匹』ことヒアブリライオンの中の人が何と内海 賢二さん。
本当に声優ネタには困らないアニメだ(苦笑 っていうか、野村さんと夫婦共演(笑 確かにラオウ=ライオンという北斗ネタだろうけど。
え~っと、雫の独り語りは、以前雫の回想に出てきた人の事かな。この事柄は、以降の内容にちょびっと出てきますので参照を。
で。夏休みの内の一日、雫がナツルを自宅へ呼び出し、楓宅から借用をしたヒアブリライオンに『ケンプファー』の存在理由を吐かせる。
何でも『ケンプファー』は、遥か遠い宇宙にある『青』と『赤』の惑星同士の戦争が未決着の為、仲介人の『モデレーター』が思案。
『青』でも『赤』でもない惑星の住民同士で戦わせて勝敗を決する方法を思い付いたそうで、詰まりナツル達は代理戦争人というお話。
かなり突拍子も無く、取って付けたかのような設定がポンッと出てきて噴いた。『遥か遠い宇宙の惑星同士の代理戦争』て(苦笑
っていうか、『ケンプファー』が何故に日本人限定なのか。何故に『メッセンジャー』媒体がヌイグルミ?これアニメ作品オリジナル物語?(ぁ
補足…雫の両親の職業は実業家。ヒアブリライオンは、『臓物アニマル』シリーズでは最古の“お爺ちゃん”なのですぐ寝てしまう。


雫「楓は“宝物”が無くなっている事に気付いている筈だわ」
「だけど何も言わない。それにルールでも・・・」

え~、ヒアブリライオンからの『ケンプファー』の存在理由を聞いたナツルは憤慨。雫は、これで楓が『モデレーター』との関連性濃厚と見る。
雫は、暫し思案の後に先の台詞を呟き、『ルール』という言葉に疑問を抱いたナツルを、何と自宅の自室まで誘導し…ベッドへ押し倒す(笑
『ルール』は思い出させるとし、押し倒したナツルに自分の事を呼び捨てで呼ばせ、自然にキスをする雫。それに受けるナツルも自然(爆
ナツルは雫とキスをした瞬間、前回のテーマパーク遊覧時(花火大会時)に楓に操られ、ホテルで雫に強引に迫った事を思い出す。
それを知った雫は、自分が『モデレーター』に反抗する最たる理由は、先の独白回想の中に登場をした女性の復讐を兼ねていると告白。
補足…女性は雫が“赤”の『ケンプファー』となった時に知り合った先輩で同じ“赤”の仲間。しかし“青”に敗れてしまい…死亡?
こうした雫の“秘密”の告白を聞いたナツルは…?場面転換すると雫宅を去るナツルの姿。それを二階の自室の窓から眺める雫であった。


♪入ろっか止めよか考え中♪(某倒産英会話教室CMより(古ッ!
といった感じで、雫宅から去ったナツルが訪れたのは楓宅…のマンション前。そこで事の真相を確かめようと建物に入るか悩む挙動。
で。見事にマンションの別の住人に挙動を怪しまれるナツルは、意を決して楓宅の扉を叩き、割と普通に出迎えた楓はナツルを自宅へ。
楓「ナツルさんも役に立ちませんね」 ナツル「えっ?」
楓「女の子一人、抱く事も出来ないなんて」

「折角、雫ちゃんを腑抜けにして、こちらへ引き抜こうと思っていたのに」

リビングでお茶を差し出す楓は、至って普通にナツルと応対をしていたのであったが、突然、サクッと先の台詞を口にし始める。
楓「私、男の人は嫌なの。欲しくない、要らない…!だからズッと女の子のままでいて」
楓の突然の変貌に驚き、思わず身を楓から距離を取るナツルに、楓は何時もの“裏人格”(寧ろ主人格?(ぁ )を発動し迫る。
そして、アッサリとナツルをナツル(♀)に変化させると、楓は先の台詞と共にナツルの目を見詰めて例の洗脳を行う。
楓は、予定変更とナツルに友人である紅音・水琴を倒すと言い、それに協力をするように求め、洗脳ありきで頷くナツルに頬へキス。
ん~、前回“白”の『ケンプファー』が言っていた『ご褒美』ってこのキス?楓も「(作戦が)成功したらもっとご褒美」と言ってましたが。
まぁ、単なる洗脳・催眠に導入する際の“キーワード”的暗示なのかもしれませんが。百合王国か…ゾッとしないねぇ(遠い目


変身シーンの“桃色吐息”は何なのか。
と、思わず理解不能な紅音達の変身シーンに挟まれた“桃色吐息”的な短い台詞(笑 ん~、若干、声優ネタのあざとさは残ったな。
っていうか、アニメ放送期間終盤で初の水琴の変身シーンが出て来て噴いた(爆 今更かよっていう(苦笑
え~、次の日?ナツルから放課後に屋上へ呼び出された紅音・水琴、そして雫の三人。各々が屋上へ呼び出し=告白と騒ぎ立てるが…。
当然、屋上で待っていたのはナツルではなく、突如現れた“白”の『ケンプファー』の四人。すぐに応戦と変身をする紅音達であった~。


(゜д゜)…は?
ごめん、妙な展開に素直にイラッとした(苦笑 かなり元ネタバレバレの台詞で各々改めて紅音達へと自己紹介する“白”勢。
紅音達は“白”勢の黒幕は誰だと問い掛るも、“白”勢は自分達を倒したら教えてやると、王道的台詞で返答…既にこの時点で微妙(ぉ
“白”勢、交戦描写皆無で沈。
はぁ…。え~っと、“青”と“赤”連合と“白”勢の交戦開始~と思いきや、アッサリと負けてしまう“白”勢(吐血 …屁も出ねぇよ(遠い目
で、情報を吐けやと紅音が銃口を向けるものの、そこで雫が自分達へと歩み寄る“レイプ目”をしたナツルを目にして…。

■近堂 水琴 『ケンプファー』変身シーン。

水琴、穿いてな~いッ!
…はい、以上、水琴の変身シーンでしたよっと。ん~、暫定最終話で漸くだよ…(苦笑 途中参加の水琴は基本的に優遇されないねぇ。

■アイキャッチ

ハラキリトラ(右/野村さん)「『けんぷファー』」
ヒアブリライオン(左/内海さん)「『けんぷファー』」
あ~…ハラキリトラとヒアブリライオンのヌイグルミ時と擬人化のギャップが酷い件(爆 っていうか、女性の外見で中が内海さんとは(ガクガク
いや、ネタ的には笑わせて頂きましたけど(笑 この大御所声優さんの無駄遣いは酷いね。『お仕事』ではあるのだろうけど。


“レイプ目”ナツルと交戦の紅音達。ナツルの洗脳の件を知らない紅音と水琴はナツルの行動に驚愕し、雫によって洗脳状態だと知る。
ナツルの“魔法”の攻撃を果敢に避ける紅音達であったが、遂にはその攻撃を防御しつつ被弾をしてしう。…ダメージは皆無だけど(ぉ
これに雫は、ナツルを拘束するだけだと前に出るが、そこへ相棒だからと自分にやらせろと紅音。雫は紅音のサポートに回るが…。
紅音がナツルの動きを止める為に撃った弾丸が謎の一刀の元に切り裂かれ、また雫の短刀を弾き飛ばす。そこに現れたのは楓。


“白”勢、完全百合反応過多。
しかもM的に(笑 両手に刀と銃を持つ楓は、敗北をした“白”勢に向って『役立たず』『お仕置き』と口にし、その言葉に頬を染める“白”勢。
また唐突な楓の出現に驚く紅音達。これに紅音は、前々から怪しい・気に入らなかったと楓へ発砲。しかし、楓は弾丸をアッサリと切り裂く。
雫は、楓に『ケンプファー』ではない(腕輪をしていない)と『モデレーター』なのかと尋ねると、楓は自分を倒して聞き出せと挑発し…。


何、この無駄な強さ。
一気に臨戦態勢と速攻で紅音・水琴を倒してのけ、更に雫までもナツルのフォローがありながらも倒してしまう楓。
楓は、紅音達を気絶させると、三人同時に縛り上げ、学校の屋上から付近の林だか森の中(?)へと連れて行き…。


ナツル「…『ご褒美』は要らない」
三人纏めて拘束されていた紅音達が気付き、楓は当初の計画が狂った~雫の知り合いの先輩の様に(消す)と紅音達へ伝える。
しかも、その処刑執行人を洗脳真っ盛りのナツルに任せると、ナツルは“魔法”を用いて身動きの取れない雫達へ…。
と、その時、雫のスカートのポケットからはみ出た、自分が雫とのデートで買った『ウミウシ』のストラップを目にし、ナツルは我を取り戻す。
攻撃の手を止めてしまうナツルに、困惑する楓は『ご褒美』を建前に呼び掛けるが、ナツルは先の台詞と紅音達への攻撃を拒絶。
ナツル「沙倉さんの事は好きだ」
「でも、沙倉さんを選んだら、大切な物が消えてしまう気がする」

「だから…俺は雫と紅音と水琴を選ぶ!!」

と言う事で、先の台詞の通り、ナツルは楓が好きだと宣言(告白?)しつつも、今の楓を選べば何かを失うとし、楓と袂を別つ事に。
このナツルの判断に、内心ドッキドキ☆の紅音達であったが、紅音達はそれでも各々の喜びの表情。が、逆に楓は驚愕の表情。


スー○゜ーサ○ヤ人化でパワーアップ!(笑
ナツルが言う事を聞かなくなった為、楓が攻撃を仕掛けるも、何故か唐突に雫の“ブレスレット”が発光し、拘束していた鎖を断ち切る。
いや、もうそれ自体良く分からん突然の付加効果な訳だが。そうして、楓のナツルへの攻撃から救う雫に、ナツルも感謝の言葉を掛ける。
で、先の通り唐突な○ーパー○イヤ人化な訳だけど、これは“赤”と“青”が心を一つにした結果による共鳴パワーアップと考えて?
しかもその際に衣服が破れるというおまけ付き(笑 まぁ、元来“赤”と“青”は互いに争う存在だが、心を併せれば云々という理屈だな(爆


チッソクノライヌ「応援しましょう!」
何故かその場に現れるハラキリトラ達が、ナツル達の様子を目にした事で、チッソクノライヌが先の台詞と声を掛け…。
ハラキリトラ達は全身を発光させると、夜空に浮かび上がるハラキリトラ達の身体の巨大なレーザー光線的ライトアップショー(爆
いかん、横っ腹が痛い(滅 何か…うん、もうノリで行っちまえって感じで、紅音達は楓と“白”勢への総攻撃を決行するのであった。


何時もより雫を多めにキャプっております。
で。『交響曲第九番 歓喜の歌』を模したハラキリトラ達の応援歌と共に、紅音達はそれぞれの『臓物アニマル』をバックに攻撃。
これに楓や“白”勢もはフルボッkk…衣服しか切り裂いて無いッ!(爆 これを見た楓は、呆然と立っていたナツルに目を付け迫る。
自分が好きだという事実を建前にして、ナツルに迫る楓ではあったが、ナツルは危うく飲み込まれそうになるものの、意を決して元の姿へ。
するとそれに気付いた楓が、ナツルが男に戻った為にナイス☆平手(ビンタ)をし、更には突き飛ばす。そこまで男を嫌悪する理由が(ry


雫「戦いより、女の子にはキスの方が大切なのよ!」
え゛ぇ...(苦笑 男に戻ったナツルを突き飛ばした楓は、“白”勢に一声を掛けてその場からアッサリと逃走。何か妙な逃走シーン(ぉ
で。楓がナツルを誘惑したシーンを目撃していた紅音達が、一斉にナツルへと詰め寄り、ナツルは楓達が逃げたぞと返答をするが…。
雫は先の台詞と、『キス』が大事だと豪語する(笑 それに乗じて紅音や水琴からの罵詈雑言が飛び交うが…。
雫「ナツル。キスしたいのなら…何時でも私がしてあげるわ」
と、何と自然に雫がナツルへとキス。これから始まり――何と水琴・紅音と連続してキスされてしまうナツル(苦笑 …何だこの展開(爆
水琴「きゃ!お尻触られちゃった~♪これで一歩リードだね♪」
皆が同じ行為に走った為、水琴がナツルの手を引いて自分の臀部(お尻)を触らせ(手の甲でだけど)、先の台詞と自慢をする。
雫「何時もの事よ」
が、これに今度は雫がナツルの手を取って自分の胸を触らせると、先の台詞でさり気なく爆弾を落す(笑 言い争いは加熱。
紅音「あたし、平気ですから!!」
え~、水琴や雫に出し抜かれたのが気に入らない紅音も…って、何と自身の股間にナツルの手の甲で触らせ…流石にナツルも引く(笑


ハーレムアニメはハーレムらしく。
といった印象で〆でしたね。自分のボディーアプローチに加え、雫は『ウミウシ』のストラップを薬指に撒いて、婚約指輪までと口にし…。
そうした雫の挑発的言葉により、紅音は『ナツルの女性のタイプ』、水琴は『幼馴染』を主張し、ボディーアプローチに加え口撃(笑
三人に揉みくちゃになるナツルは呆然と夜空を仰ぎ、ハラキリトラ達は自分達が居なければ負けていたと自負し笑いあうのであった。



えっ、今回が最終話?
…みたいで?次回が『Extra Show』と『番外編』扱いになっていましたしね。う~ん、まぁ、“白”勢との戦いの決着展開は微妙でしたね。
“戦う存在”と銘打ちながらも、戦いの描写でいざ決着を付けるとなると、それなりの表現方法が大事という事が良く分かった回でした(爆


当『けんぷファー』の粗筋レビュー記事等は下記リンクから宜しければどうぞ。
けんぷファー 第10話
けんぷファー 第9話
けんぷファー 第8話
けんぷファー 第7話
けんぷファー 第6話
けんぷファー 第5話
けんぷファー 第4話
けんぷファー 第3話
けんぷファー 第2話
けんぷファー 第1話
けんぷファー OP&ED背景画のまとめ。


その他、けんぷファーの感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
けんぷファー


アニメ 『けんぷファー』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
StarChild:けんぷファー
TBSアニメーション・「けんぷファー」公式ホームページ


 次回、第12話(Extra Show/最終話) 『Weihnachten ~臓物たちの奇跡~』です。

あ~、多分、ナツル達とハラキリトラ達の中が入替るとかそういった類の物語になるの…かねぇ。ま、最終回で番外編をお楽しみに~。

アニメブログ 人気BlogRanking宜しければ応援ポチッとお願いします~。
こんにちは。はじめまして。最終回なんですかね?2期とかないですよね?
何か中途半端で終わりって感じもしますがまあ、しょうがないとして割り切ることにします。
今回初の水琴の変身シーンには注視しましたwww
短いですがこの辺で失礼します。
では。
[ 2009/12/13 13:56 ] [ 編集 ]
ども、初めましてrenさん。
>最終回なんですかね?2期とかないですよね?
ん~、最終回…みたいですね。だとしても、凄まじく巻いてますが(笑
第2期は…どうなんでしょうかね?私は原作既読者ではないので、原作のどの程度まで行ったのかすら。
これは第2期やDVD&BDで第13話とかって、決着編を付けるとかしないと…ね(汗笑
>今回初の水琴の変身シーンには注視しましたwww
や っ ぱ り で す か (爆 いや、私もかなりあざとく狙ってキャプりましたからね(笑
態々のコメントをば、ありがとう御座いました~。
[ 2009/12/14 01:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/184-5acefa83

こんばんは。幹事長のきなこです。記事が最近増え始めましたね。もっと頻繁に更新できるように我々も頑張らなくては。さてさて、そろそろ秋アニメが終わってしまいますね。続々アニメレビューを更新していきます。今回はけんぷファーについて。腕輪が光る...
{{{12話が特別編ということで、実質これで本編は最終回ということに、、。一気にけんぷファーに関する謎が明かされていきましたね。宇宙での戦争をとめるために、代わりに戦わせることが目的だったとは、、、。佐倉さんもやはり黒幕ではなかったですし、、、
真実へと近づいた三郷雫は誓いを新たに……雫の家にお呼ばれした瀬能ナツルだが、相変わらずの朴念仁ぶりを遺憾なく発揮。沙倉楓の家から持ってきたヒアブリライオンは一番最初のメッセンジャーでした。ようやく登場の内海賢二さん。これで夫婦揃い踏みです。しかしこれだ...
[2009/12/21 22:39] 無限回廊幻想記譚
けんぷファー、第11話のWählen ~歓喜の歌~を見ました。先週は、お風呂のシーン♀瀬能ナツル、美嶋紅音、近堂水琴、沙倉楓に三郷雫とみ...
[2009/12/15 23:42] 日々平々凡々
けんぷファーVOL1(初回限定生産) [Blu-ray](2009/12/23)瀬能ナツル(CV:井上麻里奈)美嶋紅音(CV:堀江由衣)商品詳細を見るなんじゃこりゃ!?今回で本編・...
[2009/12/14 21:04] 破滅の闇日記
第11話『Wahlen~歓喜の歌~』けんぷファーVOL1(初回限定生産) [Blu-ray]今回は・・・最終回ですか?
[2009/12/14 02:42] ニコパクブログ7号館
実質最終回。全キャラ制覇すると豪語したナツルが余りにもいえば余りにもだが本作らしく真面目に話を進行させる事もなく気持の良い展開...
[2009/12/13 18:16] 失われた何か
歓喜の俺。沙倉さん・・・楓様が真っ黒可愛過ぎて股間が けんぷった。冷たく罵られつつ性的御褒美を貰いたい!! 沙倉さん可愛いよ楓様。その可愛さは国宝級!!楓様のドSな色気にゾクゾクが止まりません。俺も白けんぷになって楓様に御褒美を 貰うんだ・・・第1話の沙倉
[2009/12/13 14:35] ナナミの雑記部屋
けんぷファーの11話となりました。今回は、熱かったですね。BGMも神でしたwww素晴らしい回でした。・前話へ 1話 2話 3話 4話 5話 6話 ...
本編は今回で最終話のようですね。予想はしてましたが、男ナツルハーレムエンドでしたwww主人公役得だよなあ。何でみんなナツルがいいの?白ケンプよわ杉www黒幕楓が一気に動いて決戦を仕掛けましたが、白ケンプが噛ませ犬以下で待って待って...
[2009/12/13 05:26] のらりんクロッキー
黒幕である楓が動き出したアニメ「けんぷファー」の第11話。確信に近付きつつある雫会長は決意の時。男ナツルを自宅に呼び出し誘惑楓の部...
[2009/12/13 02:05] ゆる本 blog
アニメ けんぷファー 第11話 『Wahlen ~歓喜の歌~』 の感想です。最後の最後にやらかしちまいやがった!!。
[2009/12/13 01:02] 自堕落アニゲー生活
「俺は雫と紅音と水琴を選ぶ!」覚醒した雫達の大活躍によって、楓の率いる白いケンプファーを撃退する話。前回に続いて、今回もシリア...
[2009/12/12 23:09] 日記・・・かも
もういろんな意味で驚いた最終回だった。まず12話で終りだと思ってたら今回で一応の最終回だってのに驚いた。さらに二股ENDどころか三股E...
[2009/12/12 20:58] 蒼碧白闇
これで最終回…なのかな?(笑)楓の家から持って来たヒアブリライオンが真実を明かに。別の宇宙で戦う種族の代理で戦うのがケンプファー...
[2009/12/12 20:42] SERA@らくblog 3.0
 まだ楓のことを好きだと言っているナツルがよくわかりません。
[2009/12/12 20:21] つれづれ
カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。