VPS

聖剣の刀鍛冶 第10話 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > 聖剣の刀鍛冶 第10話ホーム > 聖剣の刀鍛冶 > 聖剣の刀鍛冶 第10話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

聖剣の刀鍛冶 第10話

第10話 『殉情 -Tragedy-』


ストーリーは…。
過去の無念を悔やむルーク。罪を反映する事しか出来ないリサ。リーザの事を知り、力になれない自分に憤るセシリー。そして、ヴァルバニル会議でルークに向けられる代表たちの言葉と、それを贖罪として受けるルークだが…、自分の想いと共に、セシリーは過去の真実を見つける!

ま~ずはアバンから。


何という『操気弾』。
え?『操気弾』を知らない?DBですよ、DB。ヤムチャの数少ない必殺技のね(爆 いや、何となく似てたんで(笑
老騎士がリサに向けて放った『雷』の力を球状に凝縮させた一撃は、リサに直撃をする前にグニャリと曲がって軌道変更とあらぬ方向へ。
これにより、リサは無事であったが、自分の攻撃の軌道が逸れた事に驚愕の老騎士は、所持する“魔剣”エルザに困惑と疑問を口に。
どうやら、先の老騎士の攻撃は、“魔剣”であるエルザ本人の意思が、それを拒んだ様ですね。…一々、飛んで行くのか、エルザ(マテ
ルーク「自分の内臓を“贄”にしたのか」
エルザの突然の戦闘放棄に困惑の老騎士は、突然、その場で咳き込むと同時に吐血。これを見たルークは先の台詞を口にする。
あ~、この台詞のお陰で、ルークの“義眼”の理由が(爆 若しかして、リーザ死亡⇒左目を“贄”⇒“悪魔契約”⇒リサ誕生…とか?(汗
そして、捜索に出た父親達も“贄”に(マテコラ …これは無いかな。え~、ルークはそのまま老騎士へ身構えるが、老騎士はアッサリと逃走。
…えっ?という感じで、老騎士がのろのろと逃走するのに、追撃をしないルーク達に噴いたし、“魔剣”でないと交戦しないってのがなぁ(ぁ


次の日、ルーク宅へ訪れたセシリーとアリアに、“魔剣”所持の老騎士の襲撃を根掘り葉掘り聞かれるルーク達。
狙いは自分だと言うルークだが、リサの表情は暗い。また、人の容を執る“魔剣”に話題が及び、アリアは黒髪の少女がそれだと口に。
これにセシリーが、エルザの事かと自分がここに紹介したと言うが、アリアはその子が“魔剣”であると言い、驚愕のセシリーと…リサ。
そういえば、アリアって少々特殊?同類のエルザは、アリアが“魔剣”である事を横を通り過ぎた時には感じ…単に消沈していたからか(爆
まぁ、一応、リサを“ヴァルバニル”の血が流れている存在だと察知自体は出来たみたいですからね。やはり、怨恨の度合いかなぁ(何
ルーク「それは多分、俺が『ブラック・スミス』だからだ」
セシリーは、エルザが“魔剣”として、どうしてルークを狙う必要性が…と疑問を口にすると、ルークは先の台詞で返答をするのだった。


何か久々だ。このお歴々。
ハウスマン「初代ハウスマンが予言した通り、最近、霊体濃度が高くなって来ています」
アーサー「ふん、『霊体』か。この席で態々言葉を選ぶ必要も無かろう」
ダグラス「左様、ハッキリと言えばいいのだ。『“ヴァルバニル”の呪い』とな」
何やら各国の首脳会議?(投槍(マテ あ、アーサーは帝国の戦士団総団長で、ダグラスは群集列国の代表の老人…ですね。
首脳会議…また『ヴァルバニル会議』という奴でしょうかね。え~、“ヴァルバニル”を封印ずる“聖剣”の寿命が1年もないそうだ。
で、そうした事柄や霊体濃度…先の台詞を初代ハウスマンが残したと言う『預言書』通りだと口にする現ハウスマンから一連の会話。
セシリー「『“ヴァルバニル”の呪い』だと…!?」
ルーク「俺達が日々“祈祷契約”に用いるエネルギー…」
「その正体は、奴が吐き出す“呪い”だ」

というか――。
トップシークレット的内容をルークがセシリーに大暴露(ぁ
これは『ヴァルバニル会議』に召集される立場のルークの対応ってどうよ?視聴者への分かり易い状況説明ってレヴェ(ry
一介の騎士に過ぎないセシリーに言っちゃ駄目だろ(吐血 守秘義務は?(何 さて、ルークの言葉に驚愕のセシリーですが…。
ルーク「つまり、『人間の血肉を使わない“悪魔契約”』だ」
初代ハウスマンが“ヴァルバニル”の吐き出す“呪い”を住民の生活に利用・考案したのが“祈祷契約”。つまりはと先の台詞のルーク。
また“ヴァルバニル”は、人間に復讐したい為に、“呪い”を用いて住民の心臓に“死言”を刻み互いに争わせる様に仕向けたという。


その目論見通り、“悪魔契約”で人間同士が戦争を開始。が、滅ぶ直前で自分達の愚かさを悟り、各国同士の和平を築いたそうな。
しかし、封印が破られれば、“悪魔契約”はおまけ程度になり、“ヴァルバニル”本人の手によって世界は滅亡するのだと言う。
そうした会話がルークの言葉と首脳陣の会話で語られる訳ですが、“聖剣”の完成を期待されるルークはというと…。
“聖剣”を打つ事が自分の使命である事を理解しているルークであったが、それには“何か”が足りないのだと苦渋する。
たかだか17歳の“刀鍛冶”に“聖剣”を打てって。
と、突っ込みたくなる私が居るし、何故“聖剣”を打つのがルークではないと駄目なのか。“刀鍛冶”だからなのかねぇ....。
やはり、“ヴァルバニル”の血を分けたリサと共に行う“魔方陣の炉”といったあの特殊な鍛練法がルークに可能だからなのか。
え~、まぁ、ルークは自分が“聖剣”を打てない事に苦渋し、セシリー達の下から少し離れた場所に建つ工房へとリサと共に去って行く。
セシリー「(違う。貴方が憎しみを向けている先は“ヴァルバニル”ではない…。)」
「(貴方の憎しみはきっと…。)」

『自分自身へ向けられている』と言いたいのでしょうね(笑 ルークが立ち去った後、セシリーはルークの苛立ちを察して心中で先の台詞。


アーヴィ「“ヴァルバニル”を封印する事が出来るのは“聖剣”のみ」
「しかし、それを作り得る者が一人とは限らない訳でして」

え~っと、アーヴィはシャーロット達が亡命をした軍国のお偉いさん。別にトップ…女王が居るみたいですけどね。
会議の場でアーヴィは、徐に一振りの刀を取り出し、先の台詞を口にする。進行役のジャスティーナ女史は完成したのかと感嘆の一声。
しかし、アーヴィの持った刀を一瞥しながら失笑するシーグフリードは、何と会議の場を上司のアーサーの制止にも無言で退室。
会議を中断し、馬車に乗り込むシーグフリードは、アーヴィが持っていた刀を“聖剣”とは程遠いが、“魔剣”とならば相対せると称する。
何でも軍国側の刀は、良質(純度の高い)の“玉鋼”を使用して作られた刀なのだそうだ。しかし、先の通りの評価。
先の事柄を、馬車の中で待機をしていた全身フード付きマントで身を包む少女が会議の内容について尋ねた事で、返答のシーグフリード。
“聖剣”に関してその少女がルークの名前を口にした所で、シーグフリードは少女をギロリと睨み、少女は消沈(笑 …禁句か(ぉ
ん~、このアニメって、フード付きマントか何かで身を包んで正体をギリギリまで明かしませんよ~的演出が多過ぎるなぁ。


アリア「この世には、知らない方がいい事が沢山ある」
「ルークはきっと、セシリーを巻き込みたくなかったのさ」
「知ってしまえば、後戻りも逃げる事も出来なくなる」
「否応無く、“運命の輪”に巻き込まれる」

「それが『知る』ということ」
「知って、もし耐えられなければ、ルークの傍には居られなくなる」
「それでもいいの?…良く考えるんだね」

セシリーは、工房に篭って刀を打ち始めるルーク(とリサ)に、自分がルークに頼られる対等な存在では無いのかと歯痒さと苛立ちの色。
勿論、セシリーの自分への苛立ちやルークに対する“想い”も、ルークが内に秘める“重荷”等を考慮した上での事ではあるのだが…。
そうした地団太を踏むセシリーの様子にアリアは、先の台詞とルークの気持ちを代弁し、また物事を『知る』ことで負う責任を問い、去る。


絵に描いたような骨付き肉に噴いた。
しかも特大サイズ。これはありえんな(ぉ え~、市場でエルザは老騎士の為と思われる睡眠薬と痛み止めを購入。
その帰りにふとセシリーを元気付ける為に食べ物を大量に購入をしているアリアを目にする。またそんなアリアと目が会った事で…。
エルザ「憎しみから生まれしもの。それが“魔剣”です」
アリア「憎しみ?」

エルザ「『生み出された者も生み出した者も等しく嘆く…。』」
「『何故こうも苦しみ続けねばならないのか』」

「『何故生んだ?憎むぞ、“悪魔契約”を生みし者』。憎む×∞」
アリア「その憎悪の塊が…あたし達…?」
エルザ「“魔剣”は、“ヴァルバニル”の憎しみから生まれました」

「自らを生んだ者を憎み・殺す。ただその為だけに…だから私達は唱えるのです」
アリア「『神を…殺せ』....」

老騎士からの入れ知恵かな?自身が憎しみと同時に得た知識が備わって…?え~、アリアとエルザはどこぞ建物の屋上?で会話。
アリアは“魔剣”同士だからという事で、自分達の存在理由を定義的なものではない言葉で知りたいとエルザに尋ねる。
するとそれを本当に知りたいのかと尋ね返すエルザに肯定のアリア。そして、先の台詞とエルザの答えに、アリアはただ驚愕をする。

■アイキャッチ



工房で“聖剣”仕様と打ったものを、リビングで改めて検品するルーク。その出来栄えを尋ねるセシリーに前よりはマシな出来だと返答。
また、リサの“魔方陣の炉”を用いた“魔剣精製”を、と言うセシリーだったが、リサを危険に晒せないと却下の意向。
アリアは脳裏でエルザとは戦い合いたくないと、先の会話を交わした内容を思い出して暗い表情のままであった。
ん~、ルーク宅が集会所――って前からか。でも夜遅くは初めて?ルークも心情変化と以前とは変わって「帰れ」とも言いませんし。
まぁ、ルークならずともセシリーにも、それなりの心境の変化があったようで、先の老騎士の一件と力になりたいのでしょうね。
“黒衣の男”現る。
というか、完全にシーグフリードな訳だが(苦笑 一方、エルザというとベッドでゴホゴホと咳き込む老騎士に敵討ちの中止を促すが…。
その言葉を制する“黒衣の男”が現れ、“ヴァルバニル”の件を感謝の言葉を口にする老騎士に、及ばず乍らと助太刀を申し入れる。


さて、凄く作中が夜間という事もあり、かなり薄暗すぎの描写が続きますが…。愈々、ルーク宅を強襲する老騎士とエルザ。
それに伴い、ルークはセシリーにリサを任せて外へ。老騎士へとここを通りたければ…と刀を抜くルークに“黒衣の男”が乱入。
すかさず刀で防御するルークは驚愕し、また成り行きを見ていたセシリーが“黒衣の男”だと驚愕。“黒衣の男”は老騎士を先へと促す。
セシリー達の下へルーク達の横を走り抜ける老騎士とエルザ。すぐにセシリーは、リサに家で隠れて居ろと大声で退避をさせる。


エルザ「眠りを解け。時は来たれり。『雷』の捌きを。神を殺せ」
お爺ちゃん、元気良すぎ。
まぁ、最早、痛み止めというよりも、仇を討ちたいが為の精神力だけで、肉体というか身体機能を維持しているようなもんかな。
はい、と言う事で、老騎士とエルザを行く手を妨げ、相対するセシリーとアリア。そこでエルザが、“魔剣”化への口上を口ずさむ。
仕方がないと、やはりセシリーはアリアの力を頼り、彼女もまた“魔剣”化。そして、セシリー・アリア vs 老騎士・エルザの交戦開始。
ん~、余談だがセシリーのパンチラって言うか、完全にレオタード型のインナースーツが見えているだけっぽいのが残念か(コラコラ
一方、ルークと“黒衣の男”の交戦は、取り合えず互角の勝負という感じではあるものの、“黒衣の男”は余裕とばかりに挑発。
“黒衣の男”は、「少しは腕を上げた」云々と口にした事から、ルークは何者かと尋ねるが、自分に勝った教えてやると返答。


“黒衣の男”「あぁ、『漆黒』の“魔剣”だ。何でも腐らせる、な」
怖ッ!と言う事で、何と“黒衣の男”は、手に持っていた剣から、禍々しいオーラを放ちルークを攻撃し、ルークはそれを回避するが…。
“黒衣の男”が放った“魔剣”の斬撃の跡には、地面を抉ると同時に雑草から気泡が浮かび上がり、溶かし続ける様があった。
“魔剣”かと驚き尋ねるルークに、“黒衣の男”は先の台詞を口にし、更にその力で攻撃を続け、回避が甘かったルークは背中に火傷。
老騎士と相対するセシリー側。先の様に火傷を負ったルークを見ていたリサが思わず家の外へ。それを好機と老騎士が攻撃を強める。
弾き飛ばされるセシリーに、老騎士は標的をリサへと『雷』の力で攻撃。が、間一髪の所でセシリーが『風』を用いて阻止するのだった。


どうしても仇が討ちたい老騎士は、吐血をしながらもこれ見よがしと、渾身の一撃で勝負に出る。当然、これにセシリーも負けじと応戦。
ぶつかり合う『風』と『雷』。と、その二つの力の衝撃一瞬、何とアリアとエルザが精神世界で会話(笑 ○゛イナックスも真っ青だZE(ヤメレ
アリアは、エルザにもう辞めようと説得を試みるが、エルザは頑なに老騎士に仕える使命を口にし続け…ふとエルザの姿が何故か消滅。
これは現実の『風』と『雷』のぶつかり合いにも比例し、老騎士が何と吐血して攻撃の手を止めた為、『風』の力が老騎士へ襲い掛かる。
と、それを何と“魔剣”化を止めて人型に戻るエルザが身を挺して守り抜く行為へ。驚愕するセシリー、そして人型へと戻ったアリア。


エルザ「…お父様…」
エルザに守られて力尽きた老騎士は、エルザを呼び、自身の胸当てを開き、「約束を…」と言う。エルザもそれに頷き短剣を引き抜く。
エルザは、短剣…『ミセリコルテ』の切っ先を躊躇いの色を見せつつも、意を決して老騎士の胸元へ深々と突き刺す。
老騎士は、絶命の寸前、目の前のエルザの髪をソッと撫でて死亡。それを見届けたエルザも、先の台詞を口にし“魔剣”の生涯を閉じる。
こうした遣り取りを目にし、驚愕のセシリー・アリア・リサ。老騎士の亡骸の上には、覆い被さる様にして、折れた“魔剣”エルザが在った。
アリアは、エルザがずっとこうなる時を待っていたのだと言う。リサはその場に駆け寄り、ガックリと膝を折って悲しみの表情。


セシリー「どうしてだ!どうしてこんな事になる!!」
“黒衣の男”「それが“魔剣”の宿命だからだ。『風』の“魔剣”は知っているようだな」
ルークと交戦をしていた“黒衣の男”は、老騎士が死亡をした事で興醒めと間合いを取る。セシリーは、先の台詞を投げ掛け一連の会話。
また“黒衣の男”は、リサの出生の秘密を知れば、『風』の“魔剣”もリサを殺したくなる筈だと口にする。それを否定のセシリーだが…。
“黒衣の男”「そのリサという小娘の身体には、“ヴァルバニル”の血が混じっている」
セシリー「なっ!?そ、そんな筈がッ!!」
“黒衣の男”「リサは『悪魔』だ」
「かつてルークが“ヴァルバニル”から逃げる為に」
「リーザという幼馴染を使って生み出した『悪魔』」

「それがリサだ」

ルーク「言うなぁぁぁぁ!!!」
はい、もう会話だけお楽しみ下さいってなもんで(マテ “黒衣の男”は先の台詞と、アリアがリサを殺したくなる理由を説明する。
しかし、その説明はルークの核心の部分…逆鱗に触れる内容であった為、当然、ルークは先の台詞と激怒して“黒衣の男”へ斬り掛かる。


ルークの斬撃は、“黒衣の男”が目深に着込んだフードを切り裂き、その中にある顔を照らし出す。その顔に驚愕のルークとセシリー。
また“黒衣の男”は、ルークの斬撃を回避しつつ、またもや“魔剣”の一薙ぎを目暗ましに用いて、その場を引き上げて行くのであった。
セシリー「う、嘘だよろ?ルーク。今のは…馬鹿げた嘘だよな?」
ルーク「…本当の事だ。…俺が…リーザを殺した....」
セシリーは、立ち去った“黒衣の男”が居た場所へと顔を向けたままのルークに、先の台詞と困惑した表情で問い掛けるのであったが…。
ルークは、“黒衣の男”の言葉とセシリーの問いに対し、肯定と先の台詞と重苦しい口どりながら返答をするのであった。
まさかのルークのリーザを殺害したという事実を突付けられ、ただただ茫然自失と驚愕をするセシリー。さて、事の真意は何処に。
っていうか、ここでのリーザを殺した云々は、意図的な殺害という意味ではなさそうなんだけど、どうなんでしょうかねぇ…?
リーザが殺された現場で“ヴァルバニル”がルークに暗示でも掛けて、“贄”を代償に~何て感じで誘導させたのでしょうか…う~ん。


ふぉぉぉぉぉ…。
戦闘描写(作画)秀逸回。
何か無駄に凄かった気が(爆 というか、セシリーは何時の間にアリア(レイピア)を利用した曲芸的剣舞を可能としたのだろう?(滅

 そういえば、エルザはご主人様の老騎士が死亡と同時に逝きましたが、アリアの本来のご主人様は何処に?以前、アリアは「気付いたら戦場に居た」といったニュアンスで出生を語っていましたから、人型の“魔剣”の中でも少々特殊なのかね?ご主人様の死亡=自らの死、かぁ。まぁ、それが“悪魔契約”によって生み出された者の宿命といえば納得は出来るけどね。

『聖剣の刀鍛冶』の粗筋レビューやOP・ED背景画のまとめ記事は宜しければ下記リンクからどうぞ。
聖剣の刀鍛冶 第9話
聖剣の刀鍛冶 第8話
聖剣の刀鍛冶 第7話
聖剣の刀鍛冶 第6話
聖剣の刀鍛冶 第5話
聖剣の刀鍛冶 第4話
聖剣の刀鍛冶 第3話
聖剣の刀鍛冶 第2話
聖剣の刀鍛冶 第1話
聖剣の刀鍛冶 OP&ED背景画のまとめ。


その他、聖剣の刀鍛冶の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
聖剣の刀鍛冶


 次回は、第11話 『真実 -Truth-』です。

アニメ 『聖剣の刀鍛冶』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)


アニメブログ 人気BlogRanking迸る肉ッ!(違 宜しければポチッとお願いします~。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/179-82a7917a

『何故、魔剣は生まれるのか?魔剣とは何か?自分以外の魔剣と出会い、自らの存在理由を探すアリア。エルザの正体に気付いたアリアは、彼女...
[2009/12/09 21:31] Spare Time
いまさらですが、今年の紅白、ヲタに媚すぎな気がwhttp://www9.nhk.or.jp/kouhaku/水樹奈々さんが出場するってだけでもアレなのに、公式サイトでもこんなに彼女が前面に押し出されてるとは…。 紅白ってのはジジババのために、普段TVに出れない“大御所”...
今回で一気に世界観とキャラの謎が解けましたねぇ。悪魔契約の憎しみから産まれたのが魔剣なら、魔剣は対バルバニルには有効ってことですな。きっとセシリー+アリアも戦うことになるんでしょうね。問題はリサなんだが・・・。リーザから悪魔契約で生まれた存在がリサらし...
[2009/12/09 11:25] 猫が唸る感想日記
聖剣の刀鍛冶 関連商品検索1600 x 1200 | 1920 x 1200アニメ画像気に入って貰えたらクリックお願い聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) Vol.2 [Blu...
[2009/12/08 22:18] アニメ画像ふぇちまる
カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。