VPS

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第4話 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第4話ホーム > DARKER THAN BLACK -流星の双子- > DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第4話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第4話

第4話 『方舟は湖水に揺蕩う…』

ストーリーは…。
ロシアを後にしたスオウは、日本へと渡っていた。たどり着いた先は、天国戦争の傷跡の残る街、札幌。そこでスオウは、ノリオという少年に出会う。「生きている実感」のようなものをスオウに感じ魅了されてしまったノリオは、彼女を執拗に追いかける。逃げまどうスオウは、寂れたおかまバーのママ レバノンに助けられ…。


ロシアから貨物船で北海道・札幌を目指す黒達。そんな中、船に並行する様にクジラが汐を吹き、それをペンダントを透かし見る蘇芳。
蘇芳は、この光景をすぐにカメラに収めたいと思案するも、すぐに「どうしてそんな事を?」という疑念が浮かび終了。
ん~、“契約者”化した蘇芳の合理的な考えの一端でしょうけど…悲しいねぇ。っていうか、“ペンダント”は半透明程の薄さだったのか(笑


霧原 未咲 改め『一ノ瀬 弥生』爆誕(マテ
総務省統計局統計調査部 第二査察課 第三課長補佐 一ノ瀬 弥生』。
それが警察を辞職し、新たに就いた未咲の職業と役職…そして偽名である(笑
そして、未咲に挨拶をする同課に表向きは勤務する『三号機関』の面々。耀子は丁寧、弦馬は軽挙、水無は無愛想に。
あれだ、弦馬はフレンドリーな挨拶じゃないよね、どう考えも(苦笑 “契約者”故か、かなり外面を取り繕ってる感じの演技はグッジョ(笑
弦馬は、未咲に蘇芳がウラジオストクでばら撒いた黒が写った貼り紙を提示。驚く未咲は、すぐに所在を尋ねるものの、行方不明だという。
調査により、黒の雇い主は『CIA』“だった”(過去形)らしく、今現在は同組織も黒を探しているのだそうで。
ロシアでの戦いの詳細を尋ねる未咲だったが、耀子が答える前にゴルゴが割り込み、黒と紫苑の身柄の確保が優先だと命令を下す。
ん~、やっぱり未咲の上司の小林 吾朗が○゛ルゴ13だ(爆 色んな意味で何気に濃い人物(苦笑


水無「アンタ、不感症だろ?」
え~、不感症にも色々ありましてー(マテ 休憩所で斉藤からの電話を受ける未咲。斉藤は、警察を辞職した未咲の身を案じ言動。
身を案じている…聞こえは良いけど、微妙にストーカーに片足突っ込んでる罠(未咲もある意味で大概だが(ぉ
自分の問い掛けに返答しない未咲に業を煮やした斉藤が、感情任せに電話口で声を張り上げた瞬間、未咲の携帯を取り上げて切る水無。
音も立てずに現れた水無に驚く未咲だが、奪われた携帯を取り上げて立ち去ろうとした後、背後から抱すくめられ、水無は先の台詞。
そして、黒(BK201)を恋人・操を捧げる云々に拘り過ぎだという水無に、未咲はその拘束を強引に解いてその場を後にする。
…あ~、やっぱり水無は、男性よりも女性への恋愛嗜好があるみたいで。別にゲイは良いけど、ドS思考気味なのはなぁ(笑


ヲカマバー・ママ現る。
無事に札幌入りをした黒達。街の商店街の一画で、トラックの荷台から降りた黒達に、ヲカマバーのママさん・レバノンが話し掛けてくる。
すぐに黒は警戒しつつも、第1期と同じ様に、愛想笑いを浮かべた表情で、レバノンへ気さくな挨拶を交わす。
黒「今度、近くに引っ越してきました、イ・ヒョムシクと言います」
レバノンは、黒の容姿に一目惚れ(マテ すぐに名前を尋ねるレバノンに、先の台詞で返答の黒。何、イ・ヒョムシクて(笑
今度は、中国人ではなく、韓国人に成りすましか。あ、ファンの方は知っていると思いますが、黒は元々中国人ではありません(苦笑
これらの会話をジッと聞き入る蘇芳とジュライ。黒は、蘇芳とジュライを“兄弟”として紹介し、早々にその場を後にする。
レバノン「随分と国際色豊かな兄弟ねぇ...」
ですよねー(爆 黒は国籍不明ながらアジア系、蘇芳はロシア・日本人のハーフ、ジュライはイギリス人 (?)…だからね(苦笑
黒「笑え、お前ら」
蘇芳「え?」 ジュライ「『笑顔』はプログラムにない」

レバノンを背後に置き、立ち去る黒は両脇を歩く蘇芳とジュライの肩に腕を回し、両者の口の端を指で広げつつ先の台詞と会話(笑
悲しいねぇ...“契約者”に転化したばかりの蘇芳には感情の起伏が少なく、ジュライは“ドール”として『笑顔』の訓練を受けてない(苦笑
黒は、『笑顔』に疑念を持つ蘇芳に、“契約者”として生き長らえたいのであれば相応の訓練を受けて貰うと、否応無に決定めるのであった。


天国戦争の傷跡で出来たと思しき湖の付近のあばら屋に身を潜める黒達。そこで早速、黒が蘇芳の“契約者”の能力…狙撃訓練を開始。
標的を湖に浮かぶビール瓶に狙いを定めるが、付近の工事中の音の合間に発砲すれば銃声を聞かれ易いと、黒は標的を鶴に変更。
生きた動物と知った蘇芳は、以前、父親と狩りに行った際には撃てなかった鹿を思い出すが、“契約者”となった今ならばとトリガーを引く。
轟く銃声だったが、標的だった鶴は銃声で在らぬ方向へ飛び去り、蘇芳は黒に標準がズレたと“嘘”と吐くも、黒にはそれはお見通し。
補足をすると、蘇芳の狙撃訓練は、全てジュライが能力で標的を観測・指示を出しており、従えばまずは外す事は無い為。
もっとマシな“嘘”を吐けと、横柄で冷淡な態度で部屋の奥へ歩いて行く黒に対し、手持ちの対戦車ライフルを構えて威嚇する蘇芳だが…。


黒のデートDVは異常。
まぁ、厳密には“デートDV”ではないけどね(笑 黒と蘇芳が交際している訳ではないし、かといってDVでもないしねぇ。
黒は銃を向けていた蘇芳の隙を突いて、アッサリと隠れ家の外に吹き飛ばしてしまう。一応、自己防衛の行為なのでしょうけどね…。
“契約者”とはいえ、転化したての小柄な女の子を4~5m以上蹴倒す(?)って…どんどんキャラ的な株を順調に落してますよ(汗
猫「あんなに大飯食らいだったのに、今やガソリンは酒だけ…か」
黒の暴力行為を見た猫(マオ)は、“契約者”でもまだ子供だと制すると、黒は食事は勝手に摂れと蘇芳に金を放り投げてその場をを去る。


チンピラ1「お前、“穴”さえあれば何でも良いんじゃねぇの?」
はい、アウト~(爆 って事で、札幌の街中の寂れた商店街通りに屯するヤンキー…は古いか…チンピラ…チーマー?(苦笑
その通りを軽い食事をしながら歩く蘇芳達に気付くチンピラ達。その中のリーダー格のノリオが蘇芳に一目惚れ。
そして、蘇芳を見たチンピラの一人が、まだ子供だと茶化しつつ、興味を持った別のチンピラに先の台詞。…完全に発言がアウトだ(苦笑
ノリオは、蘇芳の姿に『生きている実感』(単なる一目惚れ)を感じた様子に、彼に傍に寄り添っていたケバい女性は面白くなさそう(苦笑
自分達を奇異の目で見るノリオ達に気付いた蘇芳は、自分に照れを見せるノリオに対して、何やら感じ得るものがあった様子。


猫「餓鬼連れて、ラブホテルへご宿泊…か」
既に放棄されたラブホテルの一室を隠れ家にする蘇芳達。情緒や倫理観が欠如しているとばかりに、先の台詞を口にする猫(ペーチャ)。
黒の事を根掘り葉掘り猫へ質問する蘇芳。猫は、その質問には答えず、自分が蘇芳の監視は任務に無く、何時でも逃亡可能だと口に。
蘇芳は、自分の手に握られた食事代の残金を目にし、逃亡するにも元手が無い事を窺わせ、猫もこれを察して健気だと投げ槍りな口調。
また室内に備え付けの冷蔵庫を目にした蘇芳は、その中に未開封のインスタントラーメンを発見。これに腹が膨れると言う猫だったが…。
蘇芳「…賞味期限切れてる」
猫「えっ?」
何、このシュールな会話。カップ麺の賞味期限切れ…どの程度の期間過ぎているのか分かりませんが…。ってか、熱湯8分は拷問(爆


情報屋「伝説の情報屋ですよ。何でも、耳が常人の三倍はあるらしい」
大使館だかどこぞの建物無いで、情報屋と接触をしてロシアで起こった一連の件を聞き出す未咲。しかし、知りたい部分は掴めず仕舞い。
情報屋は、これ以上調べるのであればと、マダム・オレイユを紹介し、誰かと尋ね返す未咲に先の台詞で返答。…三倍なぁ....。
思ったんだけど、先の台詞だと、耳そのものの大きさが三倍(ry 当然、ここでの“耳”というのは独自のネットワークの広さの意。
あ、ネットワーク=情報ルート(情報源)、と言い換えた方が適当かな。求めたのは『MI6』や『CIA』が出し抜かれた“組織”の事。
その“組織”とは、自分の所属する『三号機関』の事で、情報屋から自分の所属する機関の事を調査したかったんですね。


黒「周りをよく見ろ。どんな物でも武器になる」
黒と蘇芳の白兵戦訓練。黒が蘇芳と交戦しつつ、様々な状況下に於ける対処を口頭と行動で指示。ん~、蘇芳の拳はボトルを粉砕(笑
また、戦闘に於ける筋力の増強と、片手で逆立ちの耐久訓練。確りと捲れるスカートの裾を押さえる点は、“乙女心”を残しているのか(笑
蘇芳にとっては過酷な訓練で、仰向けに倒れて息を切らす蘇芳に、黒はふと彼女の腰…腹部を目にした事で…。


黒「お前は、『インナーマッスル』が弱い」
インナーマッスル』は、読んで字の如く、身体の深層部にある筋肉の事。そこを鍛えると、多少過剰な動きをしても筋肉が痛み難くなる。
私は、伸縮性のあるゴム紐を利用して、このトレーニングを行っていた頃がありますが、日常生活でもかなり有効な筋力が付きます。
また『インナーマッスル』は、タンベルの様な反復動作で得られる筋肉が身体の表面に現れず、女性にも優しいトレーニング方法。
…脱線をしましたが、以前、ノリオ達が屯していた商店街の一角にある建物のガラスの前で、前後左右に腰振り動作を行う蘇芳。
蘇芳の嫌そうな顔ときたら(苦笑 このトレーニングに異を唱える蘇芳だったが、黒は淡々その理由を先の台詞と説明する。
暫くし、お腹に激痛が走った事でトレーニングを中断する蘇芳は、昨日食べたカップラーメンが当たったかも?と口にするが…。
またそこへ、先のチンピラ達が蘇芳の姿を発見。蘇芳に気付いたノリオは、すぐに赤面をしてしまい、隣に居たケバい女性は舌打ち。


チンピラ達が現れた事で、黒は蘇芳に訓練の成果とばかりに、能力を使用せずに模擬的な実戦を経験して来いと指示を出す。
それに疑問を抱く蘇芳だったが、結局、チンピラ達と接触をし、拘束しようとしてきたチンピラの腕を掴み上げて無感情に圧し折る。
圧し折る…筋を捻じ切る感じかな。切れる時、生々しく内側から「ブチッ」って音するしね。梃子の原理なので蘇芳の力でもイケる(ぉ
これを見たチンピラ2人が、蘇芳を挟み込み、1人が攻撃を仕掛け、それを避け続ける蘇芳。しかし、先の腹痛が隙を生み顔面に被弾。
ノリオ「バイオレンスじゃ、何も解決しねぇ!!」
いや、至極真っ当な事を口にするノリオに噴いたが、ツルむ友人が腕を捻じ切られた状況下、それを行った蘇芳を擁護って(苦笑
見事な位に“恋は盲目”を体現している訳だが、仲間達に先の台詞で制するノリオ。と、そこへ警察の車両が通り掛かる。
これに黒は、ジュライに蘇芳の逃げ道を指示させ、猫に警察を足止めしろとモモンガの身体を手にして放り投げ、猫も器用に飛ぶ(爆
結果、猫のサポートで蘇芳はその場を逃げ、チンピラ達は別の方向へ逃げるのだったが、ノリオだけは蘇芳が逃げた先へと走って行く。


蘇芳「やだ....何、この感じ…」
「なぁーにぃ?この愛しい感じはぁ?」と謎の言葉を書いてみる。元ネタ分かる人…居るかなぁ?(苦笑
え~、恐らく蘇芳の腹痛の原因は月経(生理。しかも初潮)です!(ドーン 野郎の私には縁の無い痛みですが…女性の方は毎月大変だ。
そうした痛みを堪えながら、ジュライ先導の元で逃げる蘇芳。しかし、逃げる先でノリオと遭遇し、しつこく言葉を掛けるノリオにキレた蘇芳。
蘇芳「どけ…!!」
先の台詞と共に『ランセルノプト放射光』を発し、能力を使用してしまう蘇芳は、対戦車ライフルをノリオへと向けて威嚇の一発。
当然、腰を抜かすノリオは、愕然としながら、蘇芳が“契約者”である事を知ってしまう。蘇芳は、その隙に逃げ遂せるのであった。
う~ん、“魔法少女”的な蘇芳の能力使用の際の演出はバンクだけど…もうちょっと色をつけて毎回変えて欲しいなぁ(ぇー


レバノン「アンタ、箱舟に乗る資格が出来たのよ」
腹痛も限界とその場にしゃがみ込む蘇芳。と、そこへレバノンが通り掛かり、蘇芳とジュライは、かなり無理がある作り笑い(笑
ジュライの口の両端を指で上げる仕草…キコに同じ事をされた銀のシーンのウケが良かった為、ジュライを使用してオマージュしたに(ry
自分の店で『ノアの箱舟』を例に挙げ、先の台詞をカウンターに座る蘇芳へ、月経痛用の鎮静剤と生理用品を差し出すレバノン。
蘇芳「立体…横漏れガード…ウィング付き…」
っていうか、よくそんなのがヲカマバーに置いてあったよな~って、蘇芳の症状を察して買ったのかな?
あ、『ノアの箱舟』の補足。箱舟には、動物の男女ペアで乗る訳だけど、それは新天地で子孫繁栄(子作り)をする為で…と、そういう事(ぉ


蘇芳「そっか…ニカに似てるんだ」
レバノンと会話の最中、またも偶然、ノリオが来店する。が、すぐに蘇芳の姿を発見すると、赤面をして去って行く。
どうやら、この店の常連らしく、ノリオの態度にレバノンは「思春期か」と苦笑。そんな折、ノリオの態度にニカを重ね理解する蘇芳。
猫「猫に追われるなんて、因果ってのは恐ろしいぜ、クソぉ~!」
ですよね~(苦笑 店の路地裏で野良猫に追われる猫は、必死に逃げながら先の台詞。路地へ勢い良く飛び出した所で蘇芳と合流。


蘇芳「ニカが告白した時、他人の事なのに、胸がキュンとなった」
「でも、今度は自分の事なのに、何とも思わない」
猫「それは“契約者”に…いや、“女”に成れば分かる事さ…」
蘇芳「あたし、もう女だよ」
猫「はい?」

そういう意味で言った訳じゃない猫と、素直に性別の意味で『女』と捉えた蘇芳の食違いの会話ね(笑 まぁ蘇芳もある意味『女』になtt(ry
っていうか、何時の間にやら、蘇芳の一人称が『私』になってますね(汗 と、夕焼けの湖付近を歩く蘇芳達。
ノリオの態度や表情を今は亡きニカを思い出し、先の台詞からの会話を猫と交わす蘇芳。蘇芳は、ニカへ潜在的好意を持っていた様子。
新しい隠れ家のラブホテルへと帰った蘇芳は、黒から能力を使った罰として平手打ちを受ける。黒には蘇芳が能力を使った事が判る…?
ん~、能力を蘇芳へと奪われた(?)黒ながらも、白(パイ)との“”(繋がり)はその身に感じ続けているのでしょうか…?


国立天文台』を単独行動で訪れる未咲。自分の行動に余り意味はないとしながらも、既に放棄された敷地内へ足を運ぶ。
マダム・オレイユ「こんばんは。良い夜ね、一ノ瀬 弥生さん」
すると背後から先の台詞を投げ掛ける女性の声。すぐさまその方へ拳銃を向ける未咲。まマダム・オレイユは未咲の本名をも口にする。
見知らぬ女性…マダム・オレイユと知らずに、自身の偽名と本名を口にされて驚く未咲であったが…。さて、この初邂逅が齎すものとは…。

■Cパート。

蘇芳「“契約者”になったら、感情が消えるんだよね?」
「僕は、貴方が嫌いだ」
黒「…そうか」

就寝時、蘇芳はソファーに寝そべる黒を見ていた事から、先の台詞からの会話を交わす。あれ?今度は一人称が『僕』になってますね。
蘇芳「(嫌いな男と一緒に居ても、それでも僕は……紫苑に会わなきゃいけないんだ)」
う~ん、蘇芳…女性としての身体への顕著な変化(成長)に、精神が追い付かないのか…一人称が『私』になったり『僕』になったり不安定。
“ペンダント”を握り締めつつ、先の台詞を心中で吐露して眠りに就く蘇芳。ん~、蘇芳の明日はどっちだ!(何

 これも紫苑が蘇芳へ用いているであろう能力の何らかの余波なのか…。あれだ。“魔法少女”にありがちな、月経時期(期間)になると能力や身体機能が低下して…駄目か(ぉ 判り易く言うならば、『スレイヤーズ』のリナみたいに、月経が来ると“魔法”が一切使えなくなr(ry そんな感じの不安定さが、 精神にも現れた~とかって表現なのかも…しれないねぇ…(遠い目(何様。

■エンドカード。

レバノンの後姿がキコに似ている…だと…?(爆

●宜しければ、『DTB -流星の双子-』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。お気軽にどうぞ。

ちなみに、「どうでも良い」から下の選択肢は、補助的なもの…というかネタです(笑


関連記事&OP・ED曲の背景画のまとめ記事は下記リンクから宜しければどうぞ。
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第3話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第2話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第1話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- OP&ED背景画のまとめ。


その他、DARKER THAN BLACK -流星の双子-感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
DARKER THAN BLACK -流星の双子-


アニメ 『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
DARKER THAN BLACK -流星の双子-


アニメブログ 人気BlogRankingDTBG最高ッ!!宜しければポチッとお願いします~。

 次回は、第5話 『硝煙は流れ、命は流れ…』です。

ん~、ノリオ…死にそうだなぁ~(マテ そして、水を操る“契約者”が黒達を強襲するようで。未咲も北海道へ…?

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/143-58a03fe4

DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)クチコミを見るロシアを後にしたスオウは、日本へと渡っていた。たどり着いた先は、天国戦争の傷跡の残る街、札幌。そこでスオウは、ノリオという少年に出会う。「生きている実感」のようなものをスオウに感じ魅了され
スオウとジュライがかわいい第4話「方舟は湖水に揺蕩う…」この2人いいコンビだね~能力の相性もばっちりだし同じベットで寝ているし...
 DARKER THAN BLACK  流星の双子 第04話 方舟は湖水に揺蕩う… 感想 次のページ
[2009/11/02 02:39] 荒野の出来事
あぁ・・蘇芳がどんどん契約者になっていく。先週の精神状態のギャップは契約者になったばかりだったからか。スカート押さえてる辺り、まだ恥ずかしい感情が残ってるんだなとも思うけど、そのうち裸になってもおkになっちゃうんだろうな(能力発動時的な意味で)。タイツだ...
[2009/11/01 16:24] 猫が唸る感想日記
ロシアを後にしたスオウは、日本へと渡っていた。たどり着いた先は、天国戦争の傷跡の残る街、札幌。そこでスオウは、ノリオという少年...
[2009/11/01 15:54] ひえんきゃく
DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)(2009/12/23)木内秀信花澤香菜商品詳細を見る「DARKER THAN BLACK -流星の双子-」の話題についていけるように、1...
[2009/11/01 13:46] 破滅の闇日記
蘇芳は黒とともに日本へ。天国戦争の傷跡の残る札幌…。黒は蘇芳をエージェントとして教育し始めるが…。写真を撮る意欲もなくした蘇芳...
[2009/11/01 10:08] SERA@らくblog 3.0
 ノリオが意外と純情で面白かったです。蘇芳の言うようにちょっとニカに似てる?
[2009/10/31 23:54] つれづれ
あんた、方舟に乗る資格ができたのよ DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第4話 「方舟は湖水に揺蕩う・・・」の感想です。DARKER THA...
DARKER THAN BLACK-流星の双子-の第4話を見ました。【送料無料選択可!】DARKERTHANBLACK-黒の契約者-Blu-rayBox[Blu-ray]/アニメepisode4 方舟は湖水に揺蕩う…――目が覚めたら、くじらがいたんだ。写真、撮ってみようかなって思ったけどやめた。どうしてそんな...
[2009/10/31 21:59] MAGI☆の日記
いやぁ、今週も面白かった。蘇芳の感情・表情がやっぱりいい。
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第04話の所感です。
[2009/10/31 21:16] アニメ与太話
ノアの箱舟にツインテ巨大眉毛オカマがいました俺なら乗船拒否します。
[2009/10/31 19:04] 荒川キャッチデイ
カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。