VPS

けんぷファー 第4話 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > けんぷファー 第4話ホーム > けんぷファー > けんぷファー 第4話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

けんぷファー 第4話

第4話 『Kriegserklärung ~戦う乙女たち~』


ストーリーは…。
悲しいことに、誤解が誤解を生んだのです。女のナツルさんが男のナツルさんに好意を抱いていると誤解した、女のナツルさんが好きな沙倉楓さんは、男のナツルさんに一方的に恋のライバル宣言をしました。楓さんに好意を寄せている男のナツルさんは大大大ショックです。ややこしいですねー。さらに女のナツルさんは、文化祭でミスコンに出場させられることになってしまいました。いやー、もてあそばれ放題で楽しそうですね!


あれだ。
女三人寄ればかしましい。
そんな回でした、きっと(マテ しかし、バトル展開が全く無いなぁ....個人的には少々残念であります。


珍しくナツル(♂)側から。ナツルの悪友は、近々行われる男女共同のイベントである“文化祭”を楽しみにしているという。
何でも、“文化祭”中は、学部の“垣根”が無くなり、女子生徒達と触れ合う事が可能になるそうだ。また『ミス・コン』もあるそうで…。
悪友は、『女子部』に編入をしたナツル(♀)の事も口にし、更に学校の三大美女の一人に加わったという校内新聞をナツルに提示する。
ちなみに学校の三大美女は、上記キャプ画にもありますが、生徒会長の雫と楓、そしてナツル(♀)である。楓…実情を知れば(ry
当然、何時の間にやら三大美女に加えられてしまっていたナツルは驚愕。更に、巷では『ミス・コン』にまで参加する噂まであるようで…。


ところ変わって…性別まで入替ってナツル(♀)は、“文化祭”の『ミス・コン』参加に異を唱えるべく、雫の元へと疾走する。
早速、雫に何の嫌がらせかと問い質すナツルであったが、雫は全生徒達のより良い学生生活の為の判断だとピシャリ。
真面目に“文化祭”や生徒達の事を考えていると知るナツルだったが、殊更、出たくない自分より真剣に参加する女子に悪いという。
これを聞いた雫は、ならばと“とある条件”をナツルに持ち掛けるのだったが…。


雫「気持ちよくしてくれない?」
…え~、当然の様に、この言葉だけでは、その意図にかなり語弊がある事は言うまでもない(笑 しかし、上記の言葉と共に項を見せる雫。
ナツル「これで…どうだ?」
ギシギシ…。
雫「駄目よ。男の子ならもっと激しく…!」

はい、言葉遊びではありますが、雫が持ち寄った条件とは『肩揉み』であった(笑 しかし、ナツルのテク(マテ は微妙な様だ(苦笑
『肩揉み』…雫の中の人、名塚さんの“字”故にコリ捲くりという事かー!!(謎爆 …はい、分からない人はそのままで宜しく(ぉ
ナツルは、『肩揉み』は母親以外は初めてらしく――。
雫「私の“初めて”は貴方」
ナツル「へぇ~、そうなのかー」

駄目だこいつ、早く何とかしないと(苦笑 …完全にナツルは、雫の微妙なアプローチを華麗にスルーというか、華麗なる鈍感で回避(苦笑


雫「瀬能君って…結構大胆なのね」
私は、胸を揉まれているのに赤面一つせず、淡々と上記の台詞を喋るあんたの方がよっぽど大胆だと思うわ~(爆 …不感症?(マテコラ
え~、『肩揉み』の手を止め、雫の成りたかった職業の話で、『噺家』(落語家)希望だったという意外な事実を知るナツル。
そこで、雫が手が止まっていると命令をした事で、慌てて『肩揉み』に戻るナツルであったが――先の台詞で雫に目を向けると――。
ナツルの両手は、『肩揉み』ならぬ『乳揉み』を実行中で、冷静に淡々と上記の台詞を言われるまで気付かない始末(苦笑
雫「目を瞑りなさい」
『乳揉み』事故でナツルの何で前を向いているのかという問いを物ともせず、雫は更に先の台詞をナツルに投げ掛け、今度はキス攻撃。


雫「『ミス・コン』、楽しみにしてるわね」
キスを迫りつつ、「そろそろ」と口にする雫。と、部屋に入ってくる『ケンプファー』化した紅音が、二人…雫目掛けて発砲(危ねぇ(笑
紅音は、ナツルの弱みに付け込んで~と雫を一方的に悪者にしようとするが、雫がナツルから胸を揉まれた事を聞き…ナツルへ発砲(ぉ
そして、発砲音に被さるように始業のチャイムが鳴った事で、雫は先の台詞と共に授業へと去って行く。
これに『ミス・コン』の雫との“条件”は?というナツルであったが、どうやら紅音が発砲した部屋の壁の修繕費で、それも却下と相成る。


しずかちゃんキタ━(゚∀゚)━!!!!!
もう定番ですな(笑 っていうか、何かハラキリトラ達をゴミ箱に投げ付けるのも定番化してますが…一応、楓からの貰い物なのに(苦笑
学校での出来事をハラキリトラ・セップククロウサギに話すナツルは、両者共から大爆笑されてしまい、先の通りゴミ箱投擲処置(笑
本当に“文化祭”の『ミス・コン』に参加しなければいけないのかと肩を落とすナツルに、紅音は先の発砲の件を謝罪する。


紅音「最近のアニソンは、アニソンらしくなくって、普通の人が歌っても平気です」
あ~、やっぱ紅音はアニヲタ系なのか(苦笑 いや、言っている事はその通りなのかもしれないけどさ(苦笑
と、『ミス・コン』では、ステージ上で何かをしなければならない・特技が無いと悩むナツルに、紅音が先の台詞と助言をする。
また、ハラキリトラが『ミス・コン』で着る衣装や下着の購入等を提案し、紅音もそれに賛同するが、ナツルには抵抗感があるらしく…。
ちなみに、自動的に『ケンプファー』化をする際に着ている制服…何と下着まで勝手に女性物に変化するそうな。微妙に難儀な(苦笑
セップククロウサギ「乳をぶらぶら揺らしながら戦うなんて…とんだ淫乱だぜぇ!」
…以上、田村ゆかりさんのお言葉でした(マテ 女性用下着購入に難色を示すナツルに対する言葉ね、一応(笑
ナツル「ねぇ、紅音ちゃん。俺と一緒にイってくれる?」
紅音「ッ!?(イくぅー!?)ナ、ナ、ナ、ナツルさん、リードしてくれますか?」
ナツル「うぇ!?で、出来れば、リードして欲しいんだけど」
紅音「あたしがぁ!?わ、分かりました、勉強しておきます」

…う~ん、書き出すのだけでも疲れた私が居る(なら止めとけよ。 こうした双方勘違いの言葉遊びを経て、この場はお開きに。

■アイキャッチ

う~ん…何かアイキャッチの楓が、ちょっと年を喰ったお水系にしか見えないのは気のせいか(お前だけだ。 最初「誰?」と思tt(ry


そういえば、ナツル(♀)の姿は、野郎Ver.と身長が変わらないんだったね。背が高くて美人風のナツルはモデル系なのか…な?(ぇ
しかし、ナツルの異性に対する鈍感さというか、完全に紅音を同性の様に接していますよね....。流石にこれは可哀想な気がするな。
まぁ、そんなこんなで、休日の日に紅音と共に街へ女性用下着の買出しと、『ミス・コン』で歌う歌唱の練習をカラオケで行う事に。
で。街中のランジェリーショップ…というか普通の女性用の下着売り場(店)に足を運ぶナツルは、紅音に選定を任せながら怒気毒気。
う~ん、まぁ、カップルだったら別に恥ずかしくない場所だったりするけど(私の主観)、流石に免疫が無いとキツさ爆発間違いなし(笑


雫「あら、偶然ね」
どう考えても“偶然”ではなさそうです。本当にあr(ry 女性の下着(ブラ)の種類の多さに呆然とするナツルに、並ぶように雫が襲来(マテ
そこで紅音と共に下着を探している事を知る雫は、自分が見繕おうかと提案し、これに反発の紅音であったのだが…。
雫「瀬能君と(胸の)サイズが近いし」
紅音「(ガガーーン!!)」

と、いう事で、紅音 vs 雫のナツルのブラ選定勝負が勃発(苦笑 そうか…雫とナツルの乳のサイズは近いのか…(遠い目


うん。デカい。
というナツル(♀)の胸。やはり紅音が選定したブラは、ナツルの胸に上手く入らず、そこで雫が介入し、大きいサイズのブラを提示。
雫が付けてあげるという申し出を、ナツルは自分でやると言い出すのだったが、そこで雫が徐に自分の服に手を掛けて手本を示し出す。
更に、これを見た紅音が対抗意識で自分もと、ナツルの前で服を脱ぎ出し…何つー展開だよ(吐血 しかし…デカいな(しみじみ(カエレ


楓、参戦。
下着選びも無事(?)に終了をしたナツル・紅音・雫だったが、歌唱の練習であるカラオケにまで雫は付いて行くと言い出す。
また雫は、自分も同行する駄賃として楓を招集(滝汗 出たー…前回で色々と痛い子だと分かった楓orz そんな面子でいざカラオケへ。
カラオケについて早々、ナツルに“可愛い声”で歌ってと所望の雫の言葉に悩むナツル。と、そこで楓がデュエットを希望し…。
やはり紅音が楓を制して対抗意識剥き出しの二人。これに雫は、各々歌って最後にナツルにパートナーを決めて貰う勝負事を発案。


何、このキャラソン販促。
まぁ、キャラソンになるかどうかは不明瞭ですが…う~ん。普通に歌唱力の点で言えば、楓の中の人に分がありそうだが…。


判定はドロー。
何という優柔不断のナツル(苦笑 え~、先の通り、勝負の結果を求める三人に詰め寄られたナツルが出した答えはドロー(引き分け)。
しかしながら、この微妙な判定に各人安堵の表情。と、そこで雫・紅音が部屋を退室。これに二人きりになれたと楓がナツルに迫る(苦笑
楓は、先の“告白”の返事を欲しいとナツルに詰め寄るが、その時、幸運(?)にも“ブレスレット”が発光し始め、ナツルは一目散に退室。
後を追おうとする楓を部屋に閉じ込める様にドアノブを掴み、変身の時間が迫る。そこへ雫が帰って来た為、ナツルは雫に変身を嘆願。
少々の問答があった末、雫が変身をした事で、ナツルの“ブレスレット”の発光は停止。安堵のナツルで~あった。


ナツルと楓の問答の内容を知った紅音は、断固として認めないと楓に直訴して対立。紅音は、自分が居ない間の“告白”を卑怯と発言。
それならばと、楓は自分も『ミス・コン』に出場して優勝し、その公衆の面前で“告白”をすると宣言。これに何と紅音・雫までも参加へ。
紅音の建前はナツルを守る事(何から!? 雫の建前は生徒達の歓楽行事に一役買う事(ぇー 学校の三大美女が一同に介するって(苦笑
これでダークホースとして、紅音が勝っちゃったら笑えるが、楓達の魂胆を防ぐには、当然、ナツル本人が優勝した方が早い訳で(笑

をまけ。

水琴「皆ぁ、あたしの歌を聴けぇー!!」
この台詞に、シェリルではなく、バサラが第一に脳裏に過る私は根っからのマクロスファン(ぉ
ナツルの“幼馴染”の水琴。チャド共和国のンジャメナに居るそうな。っていうか、この子の出番は何時よ?終わっちゃうよ?(爆



う、う~ん…。
少しはバトろうよ。
何か第1話と第2話だけだった気がする。こう...真面目に戦ってるの(笑 その調子でギャグを間にテンポ良く挟めばと思うのだけどなぁ。
まぁ、今現在は、一種の閑話時期なのかもしれませんけどね。これから、相応に魅せてくれるシーンを期待…できんのかッ!!(何


当『けんぷファー』の粗筋レビュー記事等は下記リンクから宜しければどうぞ。
けんぷファー 第3話
けんぷファー 第2話
けんぷファー 第1話
けんぷファー OP&ED背景画のまとめ。


その他、けんぷファーの感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
けんぷファー


アニメ 『けんぷファー』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
StarChild:けんぷファー
TBSアニメーション・「けんぷファー」公式ホームページ


 次回、第5話 『Komödie ~ファーストキス~』です。

さぁ~て、一体誰のファーストキスが奪われる事になるのでしょうか~…ナツルしかいないかってか相手は…?

アニメブログ 人気BlogRankingバトルが無いのは微妙に寂しい(笑 宜しければポチッとお願いします~。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/135-4f6b293a

「全校生徒の前で改めて、ナツルさんに正々堂々告白します!」文化祭のミスコンに備えて、ナツルが紅音と買い物に出掛ける話。今回もナ...
[2009/10/25 15:23] 日記・・・かも
けんぷファーとしての戦いはどうしたんだ?って感じの話が続くな。結局、ナツルだけじゃなくて沙倉楓も美嶋紅音もみんな雫の計算どおりに行...
[2009/10/25 10:04] 蒼碧白闇
あんりある パラダイス(2009/10/21)栗林みな実商品詳細を見る事実を知らずに、男子は男子で女子部を花園と信じているのか。ナツル達が文化祭で...
[2009/10/25 08:45] 破滅の闇日記
これほど敵同士が一緒にいるアニメも珍しいなあ。個人的には早いとこまみまみわんこに登場してほしい(笑)ナツルは地力で変身コントロールがいまだに出来ないのか~こういう生活が日常になると疲れるだけのような気がする。体だけおにゃのこですからねえ(^_^...
[2009/10/25 08:00] のらりんクロッキー
男のナツルにライバル宣言をした沙倉さん。よほど女のナツルが好きなんだね(^^;けんぷファー〈10・1/2〉 (MF文庫J)(2009/09)築地 俊彦商品詳細...
[2009/10/25 01:56] 新しい世界へ・・・
ミスコンに出て、女ナツルの高校デビューでしょうか?
 戦う乙女といってもバトルはありません。けんぷファーは戦わなければいけなかったのでは?
[2009/10/24 07:20] つれづれ
『バトル・アクション系?』とかけまして『いやいや萌え・バトル?』とときました。そのココロはもちろん!けんぷファー第4話「戦う乙女た...
[2009/10/24 05:26] ごーいん!アメイジア
今週は会長と百合百合~ミスコン出場を嫌がるナツルに、会長は「気持ちよくしてくれたら、出場を見送ってもいい」という。気持ちよ...
[2009/10/24 00:08] リリカル☆スアラ
カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。