VPS

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第1話 無明の隠れ家

アニメ・漫画・ゲーム等の情報をたまに綴る某ブログの保管庫的場所です。

ホーム > スポンサー広告 > DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第1話ホーム > DARKER THAN BLACK -流星の双子- > DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第1話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第1話

第1話 『黒猫は星の夢を見ない…』

ストーリーは…。
「トーキョーエクスプロージョン」があった夜・・・ロシアのシベリア平原で、パブリチェンコ博士とその双子の子供、蘇芳(スオウ)と紫苑(シオン)は隕石の落下に遭遇した。2年後のある日、親友ターニャとの学校生活を楽しんでいたスオウの周辺で突然、異変が起り始める。契約者たち、そして『黒の死神』と呼ばれた男BK201がシベリアに現れたのだ。が、全てはこれから起こる、もっと大きな変化への前触れに過ぎなかった。

 さぁ~、始まりました個人的に期待をしていたアニメ 第2弾 『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』。いや~、疲れた身体を引きずりながら、眠気眼で見ましたよ~(コラコラ …本気(マジ)で(苦笑

導入部から。2年前 『トーキョー・エクスプロージョン』時、シベリアの地にて――。

■蘇芳・紫苑・パブリチェンコ博士一家

一家で狩りに来ていた蘇芳紫苑パブリチェンコ博士の一家。夕食と火を囲みキャンプ。
そこで“仮初の夜空”に一筋の流れ星が降り、紫苑を始めとして蘇芳が騒ぎ出し、紫苑は流れ星に願い事をしようとする。
博士は、今は亡き日本人の母親の国に伝わるお呪いとして優しく教えるが、その後大量に降り続ける流れ星に「始まったか」とボソリ。
呆然とする蘇芳と紫苑の前に、一つの流れ星が急速接近し大爆発。紫苑は重症を負い、蘇芳の身を案じつつ、“青白く光る影”を見る。
また、この流れ星の直撃により、重症と引き換えにして、紫苑は“契約者”として生まれ変わってしまうのだった。
ん~、パブリチェンコ博士も、事前に『トーキョー・エクスプロージョン』(名称は後付)の大規模な出来事が起こる事を認知していた様子。

そして、現在の時間軸へ――。

■『MI6』所属 エイプリル / オーガスト7

第1期をまたいでのご登場、エイプリル。ロシアの『ウラジオストク』の酒場で、自身の“対価”であるお酒を一杯。
また、酒場のマスターが吸うお酒に、第1期で散ったノーベンバー11の口癖(?)だった煙草の有害さを言い聞かせる(笑
そこに第2期からの新キャラである同じ『MI6』に所属するオーガスト7が来店。酒場のマスターに年代物のワインを注文する。
マスターがカウンターから去ったと同時にエイプリルは席を立ち、オーガスト7とすれ違った際、互いにコード名を確かめ合う。
そして、ロシア当局に情報が漏れ、2日後にガサ入れがある事を、オーガスト7から情報を貰うエイプリル。また外ではジュライが待機。

血生臭さのある場面とは打って変わり――


今作の主人公兼ヒロインの蘇芳・パブリチェンコ。学校の木の上で、本格的なカメラを覗き込みながら、野鳥を撮ろうとするのだったが…。
「好きなんだ!」という突然の声に赤面し驚く蘇芳。また狙っていた野鳥はあらぬ方向へ飛び去る。
その声の主は、ニカと呼ばれる少年のもので、言われたのは当然蘇芳ではなく、ターニャ・アクロウという大人っぽい少女。
これにシャッターチャンスとファインダーを向ける蘇芳。ターニャは、ニカの告白を受け入れ、喜び校庭を走り回るニカ。いいはなしだなー(ぇ
と、その時、蘇芳が乗っかっていた木の枝がボキリと折れ、盛大に落下をしてしまうのだった。う~ん、“明”がここまでだと“暗”は…(何


ターニャは、蘇芳に今の告白諸々を~と、ちょっとしたコント(笑 当然、蘇芳のカメラにその旨が記憶されており、ターニャは画像を凝視(笑
カメラにしか映し出されないニカの表情や自分の表情を見て何かを感じた様に赤面。こういう面でのカメラは真実のみを映し出すしね。
と、そこで教室の友人達から掃除当番だと声を掛けられる。ターニャの“”を応援する蘇芳は、自分にはそれがまだ分からないと独白。
ん~、蘇芳から比べてターニャや上記キャプ画には映ってませんがエレーナという少女も、かなりグラマーな体形をしt(ヤメレ


帰宅時、約束通り、校門でターニャを待っていたニカ。これにターニャを「お待ちですぜ、旦那」的に肘で茶化す蘇芳とサーシャ
しかし、こうした明るい日常が、DTBに掛かれば、あっという間にドス黒く変色orz こういう部分は割りと痛いですよね。


蘇芳「タイツ履いてるから恥ずかしくないもん!」
(゜д゜)…。
勿論、ストパンのあの台詞が元ネタだよね?(爆
エレーナ・サーシャ「「恥ずかしいって!!」」
と、ターニャ達と別れた後、蘇芳・エレーナ・サーシャの三人は、街中をウィンドウショッピング。そして、アイスクリーム屋で休憩。
アイスを食べるエレーナとサーシャにカメラを向ける蘇芳。何気にエレーナが「パンツ丸見えだよ」と言った事で先の台詞(笑
勿論、女の子としての自覚はあるらしく、すぐさまスカートの裾を押さえ、赤面で反論の蘇芳(笑 羞恥心があるだけ良いよ、うん(何それ。


自宅に戻った蘇芳。と、家の木の上に野良猫が居た事で追っ払う。どうやら、家の中で飼っているペットを狙っていたと思った様子。
また、家から出てきた父親の助手と思しき女性・ベラが現れて暫し会話。ベラっていうか…どう見てもエイプリルである(笑 潜入調査中?
蘇芳は、ターニャがニカから告白された事を話し、ベラはてっきり蘇芳の彼氏だと思っていたと茶化す。当然、蘇芳は赤面して反論(笑


ベラが作った食事を、弟である紫苑の部屋へと持って行く蘇芳。紫苑の部屋は、外からしか開錠不可能な電子ロック錠を使用。
恐らく博士の“契約者”になった紫苑への配慮なのでしょう。蘇芳は、紫苑の部屋で食事を摂り、またターニャが“恋”をしたと報告。
紫苑は、“恋”の感情を“契約者”らしく、合理的理論に基づいて解釈し、それを蘇芳は素敵な事だと反論。
そして、母親が出版した写真集の事を教える。あ、写真集は蘇芳が自腹でエレーナ達とのショッピング時に購入した物。
「何時か母親に会いに行こう」という蘇芳に、紫苑は冷たく「何故?」と返答。
食事を終えて紫苑の部屋を後にする蘇芳は、そこでパブリチェンコ博士と鉢合わせ。そこで蘇芳は、長居をするなと厳しく叱られてしまう。
博士は、紫苑(家族であろうと)に関わるな・子供っぽい夢を見続けるなと、蘇芳を気遣う言葉だが、その理由を察する事が出来ない蘇芳。
相変わらず食事の画が美味そうですなぁ....(うじゅる(汚 っていうか、紫苑もちゃんとこの食事を口にするのだろうか(しないと死ぬって。


これが噂に聞くモモンガバリアーか(カエレ
お風呂にペットのペーチャ(モモンガ)と入る蘇芳。“契約者”が夢を見ないという件を、ペーチャに語り掛けるの様に口にする。
しかし、当然、人間の言葉が理解できず、そのままバスタブの角で餌を食べるペーチャに、蘇芳は湯船のお湯を水鉄砲で飛ばすが…。
驚いたペーチャが、バスタブの周りを回り始め、更には湯船の中に落下。慌てた蘇芳が救い出そうと騒動開始。
しかし、次の瞬間、ピタリと蘇芳の無い胸にペーチャが止まり…。夜のパブリチェンコ家と周囲に、蘇芳の悲鳴が轟くのでしたっと(笑
うーん、モモンガが止まって隠れる程度の慎ましい胸の大きさって事だよねぇ....つまりは(苦笑 一般的な日本人の血ですなぁ(ヤメレ

次の日――。


ターニャ、“契約者”に成る。
はい、前日とは打って変わって、突然、ダークな展開に入り始めましたよっと。蘇芳の通う学校の授業風景。遅れて来たターニャだが…。
その目は虚ろで人間的な活力がスッポリと抜けてしまった印象。この変化に逸早く気付いていたのは、身内に“契約者”が居る蘇芳。
蘇芳「ランセルノプト放射光…!?」
ランセルノプト放射光』とは、“契約者”が自身の能力を用いる際、目を中心として身体の周囲から発せられる特有の光の呼称名である。

 下校時間になり、一人で帰宅をするターニャに、駆け寄ろうとする蘇芳・サーシャ・エレーナ、そして合流をしたニカ。ニカは、ターニャに駆け寄り、肩を掴んで語り掛けるのだったが、彼女は鬱陶しいと自身の能力“虫使い”を行使。その大量の虫に絡まれるニカを見た蘇芳は、先の台詞を口にして、ターニャへ止める様に叫ぶ。そして、ターニャは徐に“対価”と思しき行為とばかりに髪の毛を数束毟る。ブチッって…痛みないのかい!(汗笑 怯え続けるニカ。そしてターニャが“契約者”に変わった事を知るエレーナとサーシャはその場を走り去る。蘇芳はターニャを追い掛ける。
 え~、ターニャの“契約者”としての能力は『虫を操る』こと。“対価”は『自分の髪の毛を数束毟る』こと…で良いのかな?また、この異変に何故か学校の建物から、ターニャが“契約者”に成った件を、どこぞに通報(?)する男性の姿があった。あ~、道理で公式HPにターニャだけが、フルネームで記載されて特別扱いだった訳だ(笑 これは“契約者”になるわな~(ぇー


自宅に帰った蘇芳は、紫苑にその事を話し、一般人の突然の“契約者”への転化の経緯を淡々と紫苑は説明をする。
そして、“契約者”と成った者は、国が厳重に管理をして、父親である博士が開発した装置“ME”で記憶を消去されてしまうという。
え~、“ME”とは『Memory Eraser』(記憶消去)の略で、第1期にも登場をした技術。対象者の記憶を消去・操作する事が可能な技術。
紫苑の話を聞いた蘇芳は、ターニャを探そうとするが、時既に遅く、丁度、政府機関の車両が彼女を乗せる所であった。
紫苑「時間だよ、パパ。“対価”は払い終えたんだ」
例のロシア当局によるガサ入れを察してか、紫苑が自宅の地下に在る研究所で仕事をするパブリチェンコ博士の下を訪れる。
驚く博士に、車椅子生活の筈だった紫苑は先の台詞を口にし、両足を地面に付けて立ち上がる。どうやら車椅子生活が“対価”な模様。
それはそうと、“対価”を払い終えたのは良いけど、紫苑の“契約者”としての固有能力が不明。謎は深まるばかり(マテ


ロシア当局…『FSB』のガサ入れが始まり、その中に新キャラであるゴランの姿が(笑
また、ベラ…やはりエイプリルであった様で、ガサ入れ時間近を察し、研究所にペン型の爆発物を落としてその場を去る。
その後、ゴラン率いるガサ入れ隊が研究室に乱入。そして、先のペン型の爆発物が爆発。ゴランのみは、『超速移動』の能力で脱出。
紫苑「それはお守りだよ。必ず身に着けていて。無くさなければ、僕達はきっとまた会える」
自宅に戻る蘇芳だったが、家の前に政府車両と見張りが居た為、事前に知らされていた地下通路への緊急避難入り口へと向う。
先の爆発により、通路で縮こまる蘇芳に、何処からとも無く紫苑の声。その声に従って紫苑の部屋で、紫苑の衣服に着替える蘇芳。
着替える最中、ポロリと地面に落ちる宝石(?)がトップに付いたペンダントがあり、それを紫苑は先の台詞と共に身に付けるように促す。


オーガスト7「優先順位は、紫苑・博士・データ(※)の順だ」
※:コメントにて修正を頂きました。ありがとうございました~。
つーか、蘇芳の優先順位は!?含まれてNothing?(ガクガク ベラの変装を脱ぎ捨てるエイプリルは、オーガト7から先の指示で行動開始。
黒(?)「“流星核”は何処にある?」 パブリチェンコ博士「紫苑か…」
黒(?)「紫苑は何処だ!?」 パブリチェンコ博士「もうここには居ない」

黒(?)「では、お前に用は無いッ!!」

蘇芳は、父親の研究室間近までやってくるのだったが、何とそこで(ヘイ)と思しき男と父親の会話を耳にする。
またその後、無残な事に父親の断末魔を耳にする蘇芳。慌てて部屋に入る蘇芳は父親の亡骸を目にし、少し遅れてエイプリルも到着。
エイプリルは、蘇芳を紫苑と思っていたらしく、既に紫苑が居ない事を聞くと、部屋にペン型の爆発物を投げ、蘇芳を連れてその場を去る。
あ~っと、色々と書いていますが、エイプリルとオーガスト7の通信を、日本の政府組織『三号機関』が傍受して盗聴。
パブリチェンコ博士を殺した相手は、蘇芳の見た部屋から漏れる発光から、間違いなく黒の“電撃”。エイプリルはこれを察していた様子。

■エイプリル vs ゴラン…『MI6』vs『FSB』。

森を逃げる蘇芳とエイプリルの前に“ハンバーガー男”のゴランが現れる。蘇芳を紫苑だと勘違いのゴランは蘇芳の身柄を要求。
当然、エイプリルはすぐさま拳銃で牽制。ゴランは“超速移動”でそれを楽に回避。自分の移動速度が速過ぎて思わず木にぶつかる程(爆


そして、その場から逃げようとした蘇芳を、ゴランが“超速移動”で捕まえて木に押し付ける。エイプリルは、自分の能力“降雨”を用い…。
ん~、突っ込むだけ野暮なのだろうが、ゴラン…拳銃の弾を目で追いつつ、能力を用いて回避しているけど凄い動体視力だ(笑


ゴラン…。
何という噛ませ犬。
というか、私がYG記事で予想していたエイプリル vs ゴランの試合運びまんまで噴いた(汗 っていうか、能力の相性って重要だよね(爆
エイプリルが能力を用いてその場に雨を降らせ、“超速移動”でエイプリルの攻撃を回避していたゴランだったのだが…。
原理的には、高所から落下をして衝突すれば水も鉄以上の硬度を持つ物質に変化する、これを利用したエイプリルの“策”。
この場合、“超速移動”をする物体であるゴラン自らが、自然落下をする雨の粒に突貫を仕掛けたという、かなり“自爆”臭さ爆発の決着(笑
ゴランには、さながらただの雨が、弾丸の様に身体を突き抜ける感じと激痛が襲っただろう…って、そもそも即死に近いか(苦笑
そういえば、(マオ)ぽい猫を、エイプリルが敵かと思って撃ち殺しちゃいましたけど…違うよね?(ガクガク 抜け殻の猫?


星は流れた。
一息ついたエイプリル。が、その隙を突かれ、黒の物と見られるワイヤーが彼女の首元に掛かり、長髪で仮面を付けた黒が姿を現す。
喉元を締め付けられるエイプリルは、能力を用いて黒の顔に大気中の水分を集めて窒息死させようとする。しかし、それを意に返さない黒。
また反撃するエイプリルの拳銃の弾を、防弾着を着用しているのか、庇うような仕草をしつつも、普通に上着が弾いちゃってましたね(汗笑
そして、夜空に“契約者”の命が散った事を知らせる流れ星が一筋。これを待機中のジュライが、何を思うのか見上げるのだった。

■Cパート。

エイプリル「BK…201…」
そんな言葉を最後の言葉にせんでも(汗 え~、エイプリルが死亡。黒は、顔に集まった水を物ともせず、“電撃”でエイプリルを殺害。
エイプリルの死亡と同時に落ちる水と仮面の下には、何やらヤバ気な表情の黒が(ガクガク かなり切羽詰ってるというか痩せ扱けてる!?
この一連の様子を見詰める蘇芳。いや、後半、完全に蘇芳が空気で噴いた(笑 さっさと逃げろと思わなくもなかったですが…さて。

■エンドカード。




むぅ…。
エイプリル、何で死んでしもたん?
それがDTBと言われてしまえばそれまでだが、早々に第1期からのキャラが第1話で死亡という残念な結果にorz
それにしても、ゴランの扱いが酷かったなぁ(笑 キャラデザ担当の岩原先生が言っていたのかこれか!(マテ

 ん~、すいません、疲労と眠気で文章がグダってますが、何時もの事だと思って下さい(笑 しかし、何気に“契約者”になったターニャ…ME技術で、後々に蘇芳の敵として登場する事は間違いなさそうだよなぁ。っていうか、思ったのだけど、虫が全く居ない状況下で、ターニャの能力ってどう働くんだろう?害虫(ムカデやスズメバチ)を操れば、それなりに強い能力だと思うけど…虫が居ない状況ってないのかな?(汗 深い所までいくと、人間の身体には、必ずミクロン単位のダニ等が寄生して…って、そこまでは流石に無理か(苦笑 ま、ターニャの再登場を心待ちにしておきましょう~。だけど、あの笑顔は見られない訳ねorz

●宜しければ、『DTB -流星の双子-』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。お気軽にどうぞ。

ちなみに、「どうでも良い」から下の選択肢は、補助的なもの…というかネタです(笑


関連記事&OP・ED曲の背景画のまとめ記事は下記リンクから宜しければどうぞ。
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第2話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第3話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- OP&ED背景画のまとめ。


その他、DARKER THAN BLACK -流星の双子-感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
DARKER THAN BLACK -流星の双子-


アニメ 『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
DARKER THAN BLACK -流星の双子-


 次回は、第2話 『堕ちた流星…』です。

黒がただのおっちゃん化をしている件(笑 さて、紫苑かと思って拘束したのが蘇芳と分かった黒の動向とは…?

アニメブログ 人気BlogRankingDTBG最高ッ!!宜しければポチッとお願いします~。
放送直後です。なんとなくですが契約者の描き方が一期とちょっと違うな~と思って見てましたが、どうでしょうか?
キャラクターが魅力的だったので、ターニャの激変にはショックを受けました…一期同様、謎の多そうな展開で、次回が楽しみです
[ 2009/10/10 03:03 ] [ 編集 ]
ども、初めまして、地鶏の兄弟さん…凄いHNですね(笑
>なんとなくですが契約者の描き方が一期とちょっと違うな~と思って見てましたが、どうでしょうか?
どういった点が違うと感じられたのでしょうか?
性格的な点で、とか?ターニャの場合は、“契約者”に転化したての為、合理的に見せる演出でああいう感じでしょうし…。
エイプリルは、何か妙に人間臭い性格(合理的に見え難い)だったといえばそうですね。
感情に関して言えば、“契約者”であっても、個々によって程度に差がある、というのが設定ですが…。
基本的に感情の起伏が無いのはドールですけどね。
>キャラクターが魅力的だったので、ターニャの激変にはショックを受けました
私もです(笑 突然の“契約者”転化だったので「うそん」と思いましたよ。
この辺り、1クール放送故の“巻き”を感じえずにはいられない(笑
やっぱり、“明”のインパクトが強いと、“暗”のインパクトもそれ以上に強かった訳で....orz
☆じずらさん
管理者コメにする必要性が無いと思いましたので、コメント自体は削除を致しました。
ご指摘の点ですが、サクッと修正させて頂きました~。態々、ありがとう御座いました。
冒頭で書いていた通りの状態で記事を書いていた為か、今聞くと何故にそう聞こえたのか謎過ぎます(苦笑
恐らくペーチャが蘇芳の胸を隠したからかな(マテ う~ん、ペーチャ…生きていれば良いですね。
お二方、態々のコメント投稿、ありがとう御座いました~。
[ 2009/10/10 10:46 ] [ 編集 ]
お返事ありがとうございますm(_ _)m
『契約者の描き方の違い』ですが、一期では、『契約者にも感情はあるが、合理的に判断。罪の意識がない』というような設定だったと思うんです。今回は紫苑にしてもターニャにしても、無感情なように見えてしまいました。その辺が違うと感じたわけです。
でも、その辺も個人差があるという設定だったみたいですね~
他の方の感想も見ましたが、今期から見始めた人にとっては、独特の設定だったみたいで、感想を見ていて、やきもきしました(笑)
ワンクールなので、設定を含め、キャラクターの表現が大変そうですね(^_^;)
[ 2009/10/11 05:51 ] [ 編集 ]
ヘイの着ているコートはヘイがきることで
防弾機能を持つんですよ!
一期2話でマオがいってました。
[ 2009/10/11 20:25 ] [ 編集 ]
>防弾機能を持つんですよ!
あ~、確かにそうでしたね。
もうその辺りの細かい設定は忘却の彼方です(汗
やっぱり、持ってるDVDで予習すべきだったのか(暇がありませんけどorz
[ 2009/10/11 22:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mumyosan.blog32.fc2.com/tb.php/120-f5d3dfa7

DARKER THAN BLACK―流星の双子― 第01話の所感です。
[2009/10/19 00:18] アニメ与太話
深夜なのでOnTime視聴は断念。その後すぐに見れなくて出遅れたので、観賞してるだけのつもりでした。しかし一旦見てしまうと、書くしかない!ツボりました。(色んな箇所に)見てない人は、これからでも見るべきだと思います!いっぱい和ませて、緩み切ったところへ大殺戮...
[2009/10/12 14:33] 斜め読み
新番組第11弾。今期、自分が見る最後の新番組です。DARKERTHANBLACK-黒の契約者-劇伴早速感想。偽者の空、契約者。懐かしい単語が出てきたね~。新キャラ続々。いきなり告白タイム。おっけ~。なんだこの展開。このアニメ的視点でいくと、色々な意味で恐ろしくてしょう...
[2009/10/11 21:07] 物書きチャリダー日記
DARKER THAN BLACKの続きです。1期は単発で面白い話があったものの、話によって面白さが大きく変わり、また暗く地味な感じが視聴者を遠ざけた感がありますが(私もその内の一人)、陰鬱だからこそ引き込まれる世界観、契約者達の悲しい生き様、後半の盛り上がりで隠れた名作...
[2009/10/11 13:54] 猫が唸る感想日記
 特殊能力を持つ「契約者」と東京に現れた「地獄門(ヘルズゲート)」を巡る争いの果てに生じた未知の災害「トーキョーエクスプロージョン」。その夜ロシアのシベリアで夜空の流れ星を眺めていたパブリチェンコ博士と双子の姉弟蘇芳(スオウ)と紫苑(シオン)。3人は星...
対価アニメキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!! ってええええええ(;゚Д゚)エイプリルが一話目で退場とか何事ですかっ!・一期最終回が今期...
[2009/10/10 20:48] 制限時間の残量観察
 エンドカードの蘇芳がかわいいですね。1期を見ていないので、どういう雰囲気の作品か分からなかったのですが、十分楽しめそうです。
[2009/10/10 15:22] つれづれ
  時間だよパパ、対価は払い終えたんだDARKER THAN BLACK-流星の双子- 第1話 「黒猫は星の夢を見ない・・・」の感想です。DIVINE GATES P...
第1話 黒猫は星の夢を見ない…夜の空を一面の星が輝いていた。いつも漆黒に沈みこむ空は、光を投げかけたように淡い青を浮かべている。地面を覆う厚い雪にも、星の光が落ちて明るく輝き始めていた。蘇芳(スオウ)と紫苑(シオン)は父親のパブリチェンコと...
[2009/10/10 14:36] モノクロのアニメ
蘇芳が一応このシリーズの主役なのかな?よくわからんけど。紫苑から託されたと思しきあの琥珀みたいのはやっぱり流星核だよねぇ?「タイ...
[2009/10/10 11:43] 蒼碧白闇
DARKER THAN BLACK -黒の契約者- (5) [DVD]クチコミを見る突如東京に出現した不可侵領域。時を同じくして世界中で確認されるようになった契約者と呼ばれる特殊能力を持つ者たち。ゲートの秘密と契約者の未来を巡る戦いの果てに起きた未知の災厄は、人類に何をもたらし...
「トーキョーエクスプロージョン」があった夜・・・ロシアのシベリア平原で、 パブリチェンコ博士とその双子の子供、スオウとシオンは隕石の落下に遭遇、 その際に、シオンは右目を負傷し、突如契約者となってしまう。 それから2年後、ウラジオストクのバーにはMI6のエー...
[2009/10/10 07:53] ゴマーズ GOMARZ
見えること。見ようとすること。偽りの空が、契約者の鏡であるならばそこに写るものは、虚構の現実である。虚構...
DARKER THAN BLACK-流星の双子-の第1話を見ました。【送料無料選択可!】DARKERTHANBLACK-黒の契約者-Blu-rayBox[Blu-ray]/アニメepisode1 黒猫は星の夢を見ない…「トーキョーエクスプロージョン」があった夜、ロシアのシベリア平原で、パブリチェンコ博士とその...
[2009/10/10 05:53] MAGI☆の日記
新番組で一番楽しみにしていたDARKER THAN BLACK主人公は僕っ子の蘇芳で双子の紫苑とのお話になるのかな?ターニャとかニカとか友達もいっぱい...
DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOXAniplex Inc.(SME)(D) 2009-09-30売り上げランキング
[2009/10/10 04:14] 24/10次元に在るブログ
「流れ星が流れた運命」
[2009/10/10 03:34] マリアの憂鬱
カウンター(二重防止有)
カウンター(二重防止無)
プロフィール

無明

Author:無明

特記事項

当ブログは、某所の補完所的な扱いのBLOG。その為、更新が滞ったり、管理人が存在自体を忘れて放置プレイという事が多々あったりしますので、過度な期待はしないで下さい(何


トラックバック・コメントに関して

当記事へのトラックバックに関しては、記事に関連性(レビュー・感想・情報)のあるものに限り、ご自由に送信していただいても構いませんが、無料視聴動画系のものはお断りをさせて頂いております(発見し次第、事前のお断りなく削除を致します)。

コメントに関しては、例の如く【承認制】を執らせて貰っております。その旨、何卒ご了承を下さいませ。
レスは、よっぽアレな内容以外ならばお返しをしております。

最新の記事一覧
記事カテゴリーツリー
各記事ツリー型
トラックバックリスト
ブログパーツ

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。